ネット用語「パクる」の意味と使い方をわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、ネット用語の「パクる」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「パクる」の意味をスッキリ理解!

パクる:他人のアイデアや物を盗むこと

「パクる」の意味を詳しく

「パクる」とは、「他人のアイデアや物を盗むこと」という意味です。ネット用語としては、ほぼこの意味で使われています。

たとえば、音楽や小説など、気に入ったフレーズをあたかも自分で考えついたかのようにマネをすることが「パクる」という行為です。

しかし、大辞林によると、「パクる」には他の2つの意味があります。1つ目が「口を大きく開けて食べる」という意味です。鯉などがエサを食べる様子について表すときに使います。

そして、もう1つが「捕まえる」「逮捕する」という意味です。盗人の間で主に使われる意味です。

スポンサードリンク

「パクる」の使い方

  1. 彼の作品はパクリばかりだ。
  2. あの作品をパクったとも言われている。
  3. パクって反省している

「パクる」は「パクリ」「パクった」という形でよく使います。①の例文は、「彼の作品は独創性がなくて、他人のマネばかり」という意味です。

②の例文の「パクった」は「盗用した」という意味です。そして、③の例文の「パクる」だけ意味が違って、「逮捕される」という意味です。

見分け方としては、「パクる」の例文の中に「作品」「小説」などというような芸術に関する単語が出てきた場合には、「盗用する」という意味であることが多いです。

「パクる」の由来

「パクる」の語源は不良用語です。もともと、不良たちが「物を盗む」という意味で使っていました。

それが変化して、音楽やキャラクターなどのアイデアを盗むというように変化したのです。ちなみに、この意味が浸透したのは1970年ごろです。

その前は不良用語でしたが、さらにルーツを辿るとドイツ語になる説もあります。ドイツ語の「掴む」「包む」という意味のpackenと合わさって、「パクる」という単語が生まれたとも言われています。

スポンサードリンク

「パクる」の類義語

「パクる」には以下のような類義語があります。

  •  模倣:既にある物をマネること

「模倣」は「自分で工夫することによって何かを生み出すのではなく、既にある物をマネること」という意味です。

しかし、日本語の中にもすでに「パクる」と同じような意味を持つ単語が実は存在していました。しかし、「模倣」は決してマイナスな意味だけではありません。

単純に参考にすることに対しても「模倣」を使います。たとえば、「西洋文化を模倣する」などがあげられます。例えば、「西洋文化を模倣する」などが挙げられます。「パクる」のようにカタカナが混じったネット用語のような物はあまりありません。

「パクる」の英語訳

「パクる」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • steal
    (盗む)

「パクる」を英語で言うと、stealになります。「盗む」という意味です。他にも細かい言い方が多くありますが、日本人にとっても1番扱いやすいのはstealです。中学英語ですので、覚えやすいです。

「パクる」と同様に、アイデアや作品を「盗る」という時にも使用することができます。ちなみに、「パクられる」と言いたい時には受動態のstolenにすれば大丈夫です。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「パクる」について解説しました。

読み方パクる
意味他人のアイデアや物を盗むこと
由来ドイツ語の「掴む」
類義語模倣など
英語訳steal(盗む)

今回は「パクる」という単語についてご紹介しました。ネットだけではなく、日常生活でもよく使う単語ですね。しかし、使い方をよく知らないまま使っていた人もいるかもしれません。

ぜひ、この記事を参考にして、「パクる」という単語の使い方を覚えましょう。

スポンサードリンク