ネット用語「オワコン」の意味と使い方をわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、ネット用語の「オワコン」です。「〇〇はもうオワコン」などの形で耳にしたことのある方は多いのではないでしょうか。

以下では、言葉の意味・使い方・由来・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「オワコン」の意味をスッキリ理解!

オワコン:時代に遅れてしまっている物、終わりかけていること

「オワコン」の意味を詳しく

「オワコン」とは「時代に遅れてしまっている物、終わりかけていること」という意味です。特にネット用語としては、一時期流行していたものの、現在では多くの人たちに見捨てられてブームが過ぎ去った物を指します。

たとえば、一発屋芸人です。彼らは1つの芸しか持ち合わせていませんが、それだけで世間で大流行しました。流行っている時は誰も何も思いませんが、みんなが飽きかけ、もしくは飽きてしまった時に一発屋芸人のことを「オワコン」と言います。

既にその芸人のブームが過ぎ去って時代遅れということです。

スポンサードリンク

「オワコン」の使い方

  1. ガラケーは既にオワコンだという人もいる。
  2. まだ5年前のゲームをしてるなんて、オワコンだろう。
  3. 俺がやっているプロジェクトはオワコンかもしれない。

「オワコン」は何かに対して批判か自虐をする時によく使います。①の例文は、今はスマホを使っているのが当たり前だから、ガラケーを使っているのは時代遅れだと言う人もいるという意味です。②も同じで5年前の物が遅れているということです。

③の例文は、①と②と違って自虐的な使い方です。自分のブームが過ぎたり、時代の風潮に合わなかったりすると、自虐のニュアンスを込めて「オワコン」を使うことがあります。

「オワコン」の由来

「オワコン」とは「終わっているコンテンツ」を略した単語です。「コンテンツ」とは「内容」という意味ですが、ここではサービスなど全般的な物を指します。たとえば、テレビゲームや芸人など、サービスを提供する物や人が多く含まれます。

コンテンツが終わっているということは、既に時代遅れということです。そうした「終わっているコンテンツ」を短くして掲示板などで「オワコン」という形で使うようになりました。

スポンサードリンク

「オワコン」の類義語

「オワコン」には以下のような類義語があります。

  • 死語:時代遅れの言葉

「死語」とは、「時代遅れの言葉」という意味です。時代が過ぎ去っている物全般に使える訳ではありませんが、言葉に対してはネット上でもよく使います。「それ、死語だよ」という使い方をします。

「いきいきする」という表現がありますが、その逆は「死んでいる」です。つまり、活気がなくなった状態の言葉のことを「死語」と言います。

「オワコン」の英語訳

「オワコン」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • out of fashion
    (時代遅れの)

「out of fashion」とは「時代遅れの」という意味の英語です。「ファッション」というのは、流行やトレンドを取り入れている物ですが、その「ファッションの外」ということで、直訳すると「流行やトレンドから外れた」という意味になります。

それを意訳すると「時代遅れの」というようになるのです。文脈によっては「ダサい」という意味にもなります。これは「オワコン」でも一緒です。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「オワコン」について解説しました。

読み方オワコン
意味時代に遅れてしまっている物、終わりかけていること
由来終わっているコンテンツの略
類義語死語など
英語訳out of fashion(時代遅れの)

今回は「オワコン」の意味や使い方についてご紹介しました。「オワコン」はよく使う単語の1つです。意味がわからないまま、使っていた人も多いのではないでしょうか。

ぜひ、この機会にこの記事を参考にして「オワコン」の意味をしっかりと覚えましょう。

スポンサードリンク