「オーバードーズ」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「オーバードーズ(overdose)」です。
「オーバードーズ」の意味、使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「オーバードーズ」の意味をスッキリ理解!

オーバードーズ(overdose):薬や麻薬を過剰摂取すること

「オーバードーズ」の意味を詳しく

「オーバードーズ」とは、薬や麻薬を過剰摂取することです。

ここでの過剰摂取は、病気になったり障害が残るまでの使用のことです。また、致死量まで使用して死亡してしまう場合も指します。

「オーバードーズ」は基本的には麻薬、違法薬物の過剰摂取を指しますが、睡眠薬などの一般薬品の過剰摂取にも使用します。

 

麻薬や薬の依存性によって起こる「オーバードーズ」と、自殺を目的とした意図的な「オーバードーズ」があります。

しかし、アメリカの調査では「死亡の74.3%もが意図的でない死亡である」という結果もでています。

依存性や、薬によって引き起こされる快楽のためについ使いすぎてしまい、死亡してしまうのです。

特に危険な薬

「オーバードーズ」を行うと特に危険な薬は代表として以下のものがあります。

  • ヘロイン
  • モルヒネ
  • アンフェタミン

ヘロインやモルヒネは鎮痛薬です。アンフェタミンは覚せい剤の一種です。

これらを同時に服薬した際も、非常に危険です。

一方で、大麻やLSDなどの違法薬物は重症になる確率が少ないです。しかし、もちろん完全に安全というわけではありません。

スポンサードリンク

「オーバードーズ」の使い方

「オーバードーズ」には以下のような使い方があります。

  1. 彼は睡眠薬のオーバードーズによって死亡した。
  2. 薬のオーバードーズが社会問題となっている。
  3. 精神的な負担からオーバードーズを行った。

「オーバードーズ」は動作を表す単語なので、「オーバードーズを行う」という使い方ができます。

「オーバードーズ」の語源

「オーバードーズ」の語源は英語の “overdose” です。

“over” は「~を超える」という意味で “dese” は「服用量」という意味です。

「決められた服用量を超えた薬の利用によって障害や死亡に至る」という意味からこの名前になりました。

ODと略称されることもあります。

また、日本語では「過剰摂取」や「過量服薬」と呼ばれます。

スポンサードリンク

「オーバードーズ」の類義語

「オーバードーズ」には以下のような類義語があります。

  • 過剰摂取:適正な量を超えて摂取すること
  • 過量服薬:適正量を超えた薬を服用すること
  • excess intake:「過剰摂取」の英語訳

「オーバードーズ」は日本語訳すると「過剰摂取」や「過量服薬」となります。

「過剰摂取」は「適正な量を超えて摂取すること」という意味なので、薬の使用以外に使うこともできます。

たとえば、「カフェインの過剰摂取で眠れなくなってしまった」などの文章で使うことができるのです。

一方で「過量服薬」は、「薬の過剰摂取」のみについての言葉です。

 

“excess intake” は “over dose” の英語での類義語です。 “excess” が「超過する」という意味で “intake” は「摂取」という意味です。

単語自体には「薬」に限定する意味は含まれていないので、日本語の「過剰摂取」と同じニュアンスです。

まとめ

以上、この記事では「オーバードーズ」について解説しました。

英語表記オーバードーズ(overdose)
意味薬や麻薬を過剰摂取すること
語源英語の “overdose”
類義語過剰摂取、過量服薬、 “excess intake” など

「オーバードーズ」は命にもかかわる危険な行為です。日本ではODと略された形で使われることが多いです。類義語や略称まできちんと頭に入れておきましょう。

スポンサードリンク