「鷹揚(おうよう)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「鷹揚(おうよう)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「鷹揚」の意味をスッキリ理解!

鷹揚(おうよう):細かいことにこだわらないこと。ゆったりしていて上品な様子。

「鷹揚」の意味を詳しく

「鷹揚」とは、「細かいことにこだわらないこと」、また「ゆったりしていて上品な様子」のことを指します。人の性格や態度について用いる表現です。

たとえば、「鷹揚に構える」や「鷹揚にうなずく」といった使い方があります。前者は、心に余裕があるさまを指しています。後者は、細かいことを差し置いて納得するさまを表しています。

スポンサードリンク

「鷹揚」の使い方

  1. 不安におびえている私とは違い、彼はいつも鷹揚な態度である。
  2. 彼は金遣いには鷹揚で、特に食に関する出費は惜しまない。
  3. 鷹揚に見過ごしたのか、彼が子供のいたずらを責めることはなかった。
  4. チームが失点しても、監督は鷹揚自若(おうようじじゃく)としていて、とても頼もしい。

①の「鷹揚な態度」とは、落ち着いていて、上品な態度のことです。不安におびえている私との対比が描かれていますね。②では、けちけちせず、お金を出し惜しみしない様子を「鷹揚」と言っています。

③では、彼が広い心で子供のいたずらを責めないさまを「鷹揚に見過ごす」と表現しています。④の「鷹揚自若」とは、何事にも動じず、落ち着いていることを表す四字熟語です。「自若」も、「鷹揚」と同様に、心に余裕があることを指す言葉です。

「鷹揚」の語源

「鷹揚」の語源は、中国最古の詩集『詩経(しきょう)』にあります。

『詩経』では、鷹(たか)がゆったりと空を飛ぶさまを「鷹揚」と表現し、落ち着いていることのたとえとして用いていました。「揚」は、空を飛ぶことを指す「飛揚(ひよう)」から来ています。

中世からは、読み方や意味が似ている「大様(おおよう)」と「鷹揚」が混同して用いられるようになりました。「大様」とは、小さなことにこだわらず、度量が大きいことを指す言葉です。

「大様」との混同により、「鷹揚」には「細かいことにこだわらない」というニュアンスも加わったとされています。

スポンサードリンク

「鷹揚」の類義語

鷹揚には以下のような類義語があります。

  • 大様:小さなことにこだわらず、落ち着きがあるさま
  • 寛大(かんだい):心が大きくて、思いやりがあるさま
  • 寛容(かんよう):度量が大きく、人の言動を広く受け入れるさま
  • 悠然(ゆうぜん):何事にも動じず、落ち着いているさま

「心が広く、細かいことにこだわらない」という意味では「大様」「寛大」「寛容」が類義語になります。「落ち着いていて、物事に動じない」という意味では「悠然」が類義語です。

「鷹揚」の英語訳

鷹揚を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • generous
    (寛大な、気前のよい)
  • relaxed
    (落ち着いている)

度量が大きいさまを表す場合には generous を、何事にも動じないさまを表す場合には relaxed を用いましょう。

それぞれを用いた例文は以下の通りです。

例文
  • That teacher is always generous to all students.
    (あの先生は、どの生徒に対しても鷹揚な態度で接する)
  • He looked relaxed even on the big stage.
    (大舞台であっても、彼は鷹揚に構えているように見えた)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「鷹揚」について解説しました。

読み方鷹揚(おうよう)
意味細かいことにこだわらないこと。ゆったりしていて上品な様子。
語源鷹が空をゆったりと飛揚する様子から
類義語大様、寛大、悠然など
英語訳generous, relaxed

何事にも「鷹揚」に構えることのできる人間になりたいものですね。ぜひ、意味や使い方を覚えてみてください。

スポンサードリンク