「アウトプット」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「アウトプット」です。

「アウトプット」の意味・使い方・語源・アウトプットを出す4つのメリットについてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「アウトプット」とは?

アウトプット(output) :出力、または成果物のこと。

「アウトプット」の意味を詳しく

アウトプットは英語の “output” に由来があり、本来は「出力」という意味の言葉です。

しかし、ビジネスの世界では「成果物」という意味合いでも使われます。

ビジネスの世界では「学びや経験を活かして作り上げた成果物」のことをアウトプットと呼ぶのです。

 

アウトプットと対になる言葉として「インプット」があります。

「インプット」とは、アウトプットを出すために必要な「事前知識・経験」などのことです。

私たちは何かを生み出す際に、必ず成果物を生み出すための素地(原料)が必要となります。

そして、この素地(原料)のことをビジネスの世界では「インプット」と呼びます。

つまり、インプットが元となって、アウトプットという「成果物」が出来上がるということです。

 

「アウトプット」と「インプット」の関係を事例を踏まえて解説しましょう。

例えば、英語のテストで100点満点を取るためには、単語力・文法力・リーディング力・リスニング力などが必要となります。

その際、「単語力・文法力・リーディング力・リスニング力」がインプットにあたります。

そして、「100点満点のテスト」がアウトプットとなります。

噛み砕いていうと、「英語力」というインプットが「100点満点のテスト」として出力されたということです。

スポンサードリンク

「アウトプット」の使い方

  • インプットで終わらず、アウトプットを出すことが何よりも重要だ
  • 今日勉強したことは、明日のテストで全てアウトプットするつもりだ
  • ビジネスの世界では、生産性の高さは「時間」と「アウトプットの質と量」で計られる

アウトプットの元々の意味は「出力」ですが、一般的には「成果物」または「〜を生み出す」というかたちで使われます。

ビジネスの世界では、「コンセンサス」のような難しいカタカナ語を頻繁に多用することがあります。

そして、多くの場合、このような英語由来のカタカナ語は他人には通じません。

しかし、アウトプットに関してはその限りではありません。

実際のビジネスの場でも、アウトプットという言葉は当たり前のように使われているのです。

「アウトプット」の語源

カタカナ語の「アウトプット」の由来は、英語の “output” にあります。

英語の “output” は、「出力」という意味を持つ言葉です。

「生産品」という意味も持っていますが、英語では「出力」という意味合いで使われるのが一般的です。

 

カタカナ語の「アウトプット」は、出力された後の「成果物」を意味します。

しかし、語源である “output” は、「出力」という生産過程をのことを指しています。

このことから、英語の “output” は日本に逆輸入される中で、意味が発展して伝わったということがわかります。

スポンサードリンク

「アウトプット」を出す4つのメリット

一般的に、アウトプットをより多く吐き出すことは非常に良いことであると認識されています。

では、一体なぜ「インプット」に止まらずに、「アウトプット」を出すことが推奨されているのでしょうか?

ここからは、アウトプットを出す4つのメリットについてまとめていきます。

①他人からの貴重なフィードバックをもらうことができる

アウトプットを出すことで、他の人はあなたの現時点の能力を測ることができます。

それにより、他人からのフィードバックをもらうことができます。

また、フィードバックをもらうことで、次に生み出すアウトプットの質を高めることが可能となります。

②アウトプットを出すと、長期間記憶に定着させることができる

人は暗記したことをすぐに忘れしまいます。

ドイツの心理学者「ヘルマン・エビングハウス」の「エビングハウスの忘却曲線」によると、記憶力と時間の関係は以下の通りです。

20分後には42%を忘れ、58%を覚えている。

1時間後には56%を忘れ、44%を覚えている。

1日後には74%を忘れ、26%を覚えている。

1週間後(7日後)には77%を忘れ、23%を覚えている。

1ヶ月後(30日後)には79%を忘れ、21%を覚えている。

しかし、アウトプットをすることで長期間記憶を定着させることができます。

それは、実践を行うことで、インプットの段階では気づけなかったことにも理解が及ぶからです。

③伝える力が爆発的に上がる

アウトプットを出すためには、一定レベル以上のインプットが必要となります。

すると、必然的に深く学んだ上で成果物を生み出すことになるので、「生産する過程」に精通します。

つまり、アウトプットを出すと、いつの間にか人に教えられるぐらい詳しくなることができるのです。

④客観的な評価の対象が増える

他人からはあなたがどれだけ深く理解しているのかは、なかなかわからないものです。

しかし、成果物を作れば視覚的に捉えることができるため、客観的に評価することが可能になります。

つまり、アウトプットを出すことで、誰の目から見ても明らかな評価基準を作ることができるのです。

一般的に、ビジネスの世界では「過程」よりも「結果」が求められます。

あなたがビジネスマンとして大成したいのなら、まずはアウトプットを多く生み出すことが重要です。

まとめ

以上、この記事では「アウトプット(output) 」について解説しました。

英語表記 アウトプット(output)
意味 出力、または成果物のこと。
語源 英語の “output”
4つのメリット
  1. 他人からの貴重なフィードバックをもらうことができる
  2. アウトプットを増やすことで、学びが深くなる
  3. 伝える力が爆発的に上がる
  4. 客観的な評価の対象が増える

「アウトプット」を出すことは確かに大事なことですが、だからといって「インプット」を軽視してはいけません。

なぜなら、「良質なアウトプット」は「良質なインプット」によって生まれるからです。

例えば、テストで100点を取る人は、100点を取るために必要なインプットを行なっています。

インプットを怠れば、どれだけ時間をかけてもアウトプットの質と量には限界がきてしまいます。

あなたが他人を驚かすぐらいのアウトプットを出したいのなら、まずはインプットを徹底することから始めましょう。

スポンサードリンク