「アウトロー」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「アウトロー」です。

「アウトロー」の意味・使い方・語源・類義語について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「アウトロー」とは?

アウトロー(outlaw):無法者

「アウトロー」の意味を詳しく

「アウトロー 」は「無法者 」というのが主な意味のカタカナ語です。法に従わない人々や社会から外れてしまった、ならず者のことを指します。特に社会から外れてしまった不良たちのことを「アウトロー」と言います。

スポンサードリンク

「アウトロー」の使い方

  1. アウトローの世界では暴力が全てだ。
  2. アウトロー国家に譲歩するのは無駄だ。
  3. 昨日は最新のアウトロー映画を見ることができた。

「アウトロー」を使用するのは、社会について言及するときです。特に犯罪など普通の社会ではない様子を言いたいときに使用する言葉です。また違う名詞の前につけて使うこともあります。

この例文のように「アウトロー映画」とすれば、法に従わない不良が主体の映画ということが言い表せます。その他にもアウトロー小説などがあります。

また、「アウトロー」は人々や社会だけではなく国家に対しても用いることができます。「アウトロー国家」とは、国際法や国連の規定を守らない国家のことです。

「アウトロー」の語源

「アウトロー」の語源は英語のoutlawです。実は、outlawは動詞で使うことも多く、「人を無法者と宣言する」「不法とする」「禁止とする」などの意味があります。

もちろん、カタカナ語の「アウトロー」と同じように「無法者」という意味もあります。そのため、英語で「アウトロー」と言いたい場合は、品詞に注意するようにしましょう。

スポンサードリンク

「アウトロー」の類義語

「アウトロー」には以下のような類義語があります。

  • ブラックソサイエティ:黒社会
  • クリミナル:犯罪の
「ブラックソサイエティ 」は「黒社会」という意味のカタカナ語です。「アウトロー」に「ソサイエティ」をつけて「アウトローソサイエティ」と表現することがあります。意味は「法が機能していない社会」のことですが、ほぼ同じ意味です。

「法を守らない人達が集まっている集団や社会」を「ブラックソサイエティ」と表現します。具体的には犯罪者やマフィアが活動する世界です。「ブラックソサイエティ」も「アウトロー」と同じように、犯罪社会などについて言及するときに使用します。

また、注意しておきたいのが「ブラックソサイエティ」はカタカナ語のみであるということです。英語でblack societyと言わないので、注意するようにしましょう。

 

「クリミナル 」は「犯罪の 」という意味のカタカナ語です。この単語は映画やドラマのタイトルとしてよく使用されています。しかしながら単語の難易度がとても高いため、あまり理解せずに使っている人が多いことも事実です。

「犯罪の」という意味以外にも「犯罪的な」「罪になる」という意味があります。

実際の用法としては、「クリミナル」のあとに別の名詞をつけて使用することが多いです。たとえば「クリミナルアクト」があります。「アクト」とは「行動」という意味です。そのため、「クリミナルアクト」は「犯罪的な行動」という意味になります。

まとめ

以上、この記事では「アウトロー」について解説しました。

英語表記 アウトロー(outlaw)
意味 無法者
語源 英語の “outlaw”
類義語 ブラックソサイエティ、クリミナルなど

「アウトロー」は、普通に生活をしている人々にとって馴染みのない単語です。特に実際の「アウトロー」な現場を見たことがない人は多いですよね。しかし理解しておくことも必要です。

ぜひこの記事で「アウトロー」の意味や使い方を理解して、実際の生活でも役立てるようにしましょう。

スポンサードリンク