地域によって区別の観点が異なる!「おしるこ」と「ぜんざい」の違い

違いのギモン

寒い日のおやつに「おしるこ」や「ぜんざい」を食べると、体が温まりますね。これら2つは、小豆 (あずき) を砂糖で煮て、白玉や焼いた餅を入れた料理です。

それでは、両者にはどのような相違点があるのでしょうか。この記事では、「おしるこ」と「ぜんざい」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:区別の仕方は地域によって異なる

関東では、汁気の量と白玉の温度で両者を区別します。関西では、あんこの種類で両者を区別します

「おしるこ」について詳しく解説

漢字で「お汁粉」と表されるように、「おしるこ」は汁気の多い料理です。また、温かい白玉か焼いた餅が入っています。

しかし、小豆の特徴は、関東と関西で異なります。

関東の「おしるこ」には、 “つぶあん” が使われるものと “こしあん” が使われるものがあります。前者は「田舎汁粉 (いなかしるこ) 」、後者は「御前汁粉 (ごぜんじるこ) 」と呼ばれます。

 

一方、関西の「おしるこ」は、 “こしあん” を用いたものを指します

このように、「おしるこ」の小豆に着目すると、関東では粒ありの場合と粒なしの場合があり、関西では粒なしのものしかないのです。

スポンサードリンク

「ぜんざい」について詳しく解説

「ぜんざい」には、関東でも関西でも “つぶあん” が入っています。

漢字で「善哉」と書きます。この名前の由来には2つの説があります。

1つ目は、一休和尚がおいしさに感動して「善き哉、善き哉 (よきかな、よきかな) 」と言ったという説です。2つ目は、出雲地方での祭りに備えられた「神在餅 (じんざいもち) 」の発音が「ぜんざいもち」という読み方に変化して、「ぜんざい」と呼ばれるようになったという説です。

 

関東では、汁気が少なく、小豆が白玉に添えられているものを「ぜんざい」といいます。また、焼いた餅か白玉が入っていますが、白玉の場合は冷たいものが入っているということも特徴です。

関東の「ぜんざい」と異なり、関西の「ぜんざい」は汁気が多いことが特徴です。また、焼いた餅か温かい白玉が入っています。

関西でも汁気のない「ぜんざい」はありますが、「亀山 (かめやま) 」や「金時 (きんとき) 」、「小倉 (おぐら) 」といった別の名前で呼ばれています

このように、関東の「ぜんざい」は汁気が少なく白玉が冷たいのに対して、関西の「ぜんざい」は汁気が多く、白玉が温かいのです。

まとめ

以上、この記事では、「おしるこ」と「ぜんざい」の違いについて解説しました。あらためて、関東・関西それぞれでの両者の違いをおさらいしましょう。

おしるこぜんざい
関東汁気が多い、つぶあん・こしあん、白玉が温かい汁気が少ない、つぶあん、白玉が冷たい
関西汁気が多い、こしあん、白玉が温かい汁気が多い、つぶあん、白玉が温かい

両者を区別する方法は、地域によって異なることがわかります。周りの人と「おしるこ」と「ぜんざい」について話してみることで、お互いの出身地についての話が盛り上がるかもしれませんね。

スポンサードリンク