「オミット」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「オミット」です。

「オミット」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「オミット」とは?

オミット(omit):排除する

「オミット」の意味を詳しく

「オミット」は「排除する」という意味のカタカナ語です。その他にも「除外」「省略」という意味があります。

スポンサードリンク

「オミット」の使い方

  1. スキャンダルを起こした人のホームページがオミットされた。
  2. 商品ラインナップからお気に入りの商品がオミットされた。
  3. 不必要なものをオミットすることで、集中しやすくなった。

「オミット」は、幅広い場面で使用します。ビジネス用語として使用する場合もあれば、普段の日常で使用することもあります。「排除」と言いたいときに「オミット」を使うのが一般的な用法です。

「オミット」の語源

「オミット」の語源は、英語の “omit” です。 “omit” には、大きく分けて2つの意味があります。1つ目がカタカナ語と同じく「省く」「排除する」という意味です。2つ目が「おこたる」「なおざりにする」という意味です。

実際の英会話では “omit” をとてもよく使います。例えば、何か文章を見ながら説明をしているとき省きたい部分があったときです。説明を飛ばすことを “omit” と表現できます。

スポンサードリンク

「オミット」の類義語

「オミット」には以下のような類義語があります。

  • イレイス:消す
  • デリート:削除
「イレイス」は、「消す」という意味のカタカナ語です。よく「消しゴム」「黒板消し」のことを「イレイサー」と言うのを聞いたことがあるでしょう。これは、「イレイス」から来ています。

「イレイス」は、文字を消すときに使用します。特に鉛筆やペンを使って紙に書いた文字です。それを消すときに「イレイス」が当てはまります。

 

「デリート」は、「削除」という意味のカタカナ語です。「デリート」は、「排除」という意味でも使います。「オミット」と意味が似ていますが、「デリート」の方が一般的な言い方です。

コンピュータのキーボードにも「デリートキー」がついています。このキーを押すと、文字を消去することができます。

また、コンピュータのデータを削除する際も、「デリート」と言います。「イレイス」とは、微妙な違いがあります。しかしながら、口語として使用するときには大きな違いはありません。

まとめ

以上、この記事では「オミット」について解説しました。

英語表記 オミット(omit)
意味 排除する
語源 英語の “omit”
類義語 イレイス、デリートなど

「オミット」は、少し難しい単語です。類義語の「イレイス」「デリート」などのほうがよく使用します。しかしながら、「オミット」も生活に重要な場面で使用することがあります。

ぜひこの記事で「オミット」の意味や使い方を理解して、実生活で使いこなせるようになりましょう。

スポンサードリンク