知らないと困る?!「犯す」「侵す」「冒す」の違い

違いのギモン

「犯す」「侵す」「冒す」みなさんは普段からこの3つをしっかり使い分けられていますか?

この三つはすべて人間にとって感心できないこと、すすめられない行為のことを指しますが、場面によってどの漢字をあてるかが変わります。

今回は間違えやすいこの同音異義語の違いを解説していきます。

スポンサードリンク

結論:「オカす」対象が何かによって変わる!

「犯す」は、法律、規定を破るときに使います。

「侵す」は、他人の権利、持ち物などを奪うときに使います。

「冒す」は、危険を乗り越えて行動する、病気などが心身をそこなうときに使います。

「犯す」についてもっと詳しく!

「犯す」の定義は以下の通りです。

  1. 法律・規則・道徳などにそむくことをする。
  2. 女性に暴行を加える。姦淫する。

感心できないこと、すすめられない「オカす」行為のうち、法律的にも、倫理的にも行ってはならない行為のことを指します。

「犯す」の使い方の例

  • 罪を犯す
  • 過ちを犯す
  • 女性を犯す
スポンサードリンク

「侵す」についてもっと詳しく!

「侵す」の意味は以下の通りです。

  1. 他国・他人の領域に不法に立ち入る。また、攻め入る。
  2. 他者の権利・権益などをそこなう。
  3. 尊厳をけがす。

他人の持ちもの(場所・秘密)に対して、強引に干渉・侵入する行為を表します。

そして、「侵す」は相手がいる場合に限定されるという特徴もあります。

侵入、侵害などの熟語と一緒に覚えましょう!

「侵す」の使い方の例

  • 国境を侵す
  • プライバシーを侵す
  • 聖域を侵す

「冒す」についてもっと詳しく!

「冒す」の意味は以下の通りです。

  1. 困難や危険を乗り越えて行動する。
  2. 病気などが人の心身をそこなう。また、薬品が物質をそこなう。
  3. 他人の姓を名乗る

「冒す」の文字は冒険という熟語でよく目にするので➊の使い方はわかりやすいですね。困難なことをあえてする、無理に押し切って進むという意です。

➋は冒涜という熟語で表される用法です。

➌は「養家の姓を冒す」などです。あまり見ない用法ですが覚えておくといいでしょう。

「冒す」の使い方の例

  • 病魔に侵される
  • 金属が酸に冒される
  • 風雨を冒して救助にかけつける
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「犯す」「侵す」「冒す」の3つの同音異義語の違いについて解説しました。

  • 犯す:法律、規定を破るとき
  • 侵す:他人の権利、持ち物などをそこなうとき
  • 冒す:危険を乗り越えて行動する、病気などが心身をそこなうとき

どれもあまりいい意味で使われることはありませんが、しっかり使い分けられるといいですね。

スポンサードリンク