知っているようで知らない!「植物性油」と「動物性油」の違い

違いのギモン

みなさん、朝食はご飯派ですか?パン派ですか?

パン派の方はバターやマーガリンをトーストに塗る人が多いと思います。

バターとマーガリン、どちらが「植物性油」でどちらが「動物性油」かわからない人も多いのではないでしょうか。

この記事では、「植物性油」と「動物性油」の違いを説明していきます。

スポンサードリンク

結論:植物から取った油か、動物から取った油か

「植物性油」とは、植物から抽出した油脂のことです。

「動物性油」とは、動物から抽出した油脂のことです。

「植物性油」についてもっと詳しく!


「植物性油」はその名の通り、植物からとれた油のことを指します。

主に、植物の中でも脂肪含有率の高いヤシや大豆、菜種などの種子や果肉から精製されています。

また、「植物性油」は「不飽和脂肪酸」という種類の油であることがほとんどです。これは、常温で液体状の油のことです。マーガリンやサラダ油などが当てはまります。

味は、動物性のものよりもあっさりしています。
「不飽和脂肪酸」の中にも、ココナッツオイルのように常温で固体のものもあります。

スポンサードリンク

「動物性油」についてもっと詳しく!

「動物性油」も名前の通り、動物からとれた油のことを指します。

ラードやバターは「動物性油」に含まれます。

また、「動物性油」は「飽和脂肪酸」です。これは「不飽和脂肪酸」と違い、常温で固体であることが多いです。

味も「植物性油」に比べると濃いです。

どっちが健康にいいの?

これまではすっと「植物性油」が体にいいと言われてきました。

植物からとれて、常温で液体だからサラサラしていて、味もあっさりしています。
確かにこれまで挙げてきた特徴を見るとそんな気がしますね。

 

「動物性油」が体に良くないと言われてきた理由は主に2つです。

  • 常温で固体の「飽和脂肪酸」なので血液をドロドロにして動脈硬化を起こしてしまう。
  • コレステロールが含まれているので、コレステロール値が高くなってしまう。

ただし、「植物性油」も摂取しすぎるともちろん体に良くないので、気を付けましょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「植物性油」と「動物性油」について説明しました。

  • 植物性油:植物からとれた油。常温で液体のものが多い。
  • 動物性油:動物からとれた油。常温で固体のものが多い。

普段料理で使う身近なものが多かったですね。「植物性油」と「動物性油」の違いをしっかり把握して、うまく使い分けられるようにしましょう!

スポンサードリンク