介護ワーカーの評判は悪い?しつこい?口コミまで詳しく解説

就職・転職
Aさん
介護ワーカーの評判ってどうなの?

このように考えていませんか?

介護業界への転職を成功させるために、転職エージェント選びも慎重に行いたいですよね。

介護ワーカーは有名な転職エージェントですが、果たして本当に良いエージェントかどうか気になる方も多いと思います。

そこで、この記事では介護ワーカーの口コミ評判について詳しく解説します。

介護ワーカーとは?


出典:介護ワーカー

介護ワーカーは介護業界に特化した転職エージェントです。登録者数は3万人を超えています。

介護業界に特化した転職エージェントは多いですが、その中でも特に多い、約10万件もの求人を扱っています。

そのため、あなたに合った求人を見つけやすいですが、「介護ワーカーは連絡がしつこい」という評判があるのも事実です。

ここからは介護ワーカーの悪い評判と良い評判について詳しく見ていきましょう。

介護ワーカーの悪い評判5選

介護ワーカーは転職エージェントとして多くの方に利用されており、決して怪しいサービス、詐欺のようなサービスというわけではありません。

しかし、以下のように一定のデメリットがあるのも事実です。

それぞれの悪い評判について詳しく見ていきましょう。

悪い評判①:急かされる場合がある

介護ワーカーの悪い評判としてまず挙げられるのは、急かされる場合があることです。

介護ワーカーのエージェントは良い意味でも悪い意味でも積極的で、スピード感のある転職を実現してほしいと考えているようです。

そのためか、求人を早いスピードで紹介され、「急かされている」と感じる方もいるようです。

中には「こちらの話を聞いてくれない」と不満に思う人もいるようです。

 

そのため、ゆっくり転職をしたいと考えている人には向かないかもしれません。

急かされるのを不快に感じた場合は、「ゆっくり転職したい」ということを伝えたり、求人を断ったりすると良いでしょう。

また、担当者とどうしても合わないと思った場合は、担当者の変更を申し出るのもひとつの選択肢です。

悪い評判②:連絡がしつこい場合がある

介護ワーカーの悪い評判としては、連絡がしつこい場合があることも挙げられます。

上と同じく、介護ワーカーのエージェントは積極的で、「電話やLINEでの連絡がしつこい」と感じてしまう方もいるようです。

連絡のしつこさを改善したい場合には、連絡可能時間帯を指定したり、エージェントの変更を申し出たりすると良いでしょう。

悪い評判③:実際の職場が求人情報と異なる場合がある

介護ワーカーの悪い評判としては、実際の職場が求人情報と異なる場合があることも挙げられます。

介護ワーカーも他の転職エージェントも、紹介先の企業(施設)から紹介料をもらって運営しているため、どうしてもその会社の悪い面は伝えにくいです。

良い面ばかりが伝わってくるばかりに、実際に働き始めた後にギャップを感じることがあるようです。

 

これはどの転職エージェントでも大なり小なり発生する問題です。

エージェントからの情報を鵜呑みにせず、口コミサイトでその企業(施設)の評判を調べると良いでしょう。

具体的には、以下のようなサイトを利用するとその企業(施設)について深く知ることができます。

  • OpenWork
  • en Lighthouse
  • 転職会議

悪い評判④:派遣の求人数は少ない

介護ワーカーの悪い評判としては、派遣の求人数は少ないことも挙げられます。

介護ワーカーは介護業界の正社員、パート、派遣の求人を多数保有していますが、その中でも正社員の割合が一番高いです。

派遣の求人はそこまで多くないため、十分な求人の紹介を得られない可能性があります。

介護の派遣求人の紹介を受けるなら、きらケア介護求人のほうがおすすめです。

きらケア介護求人について見に行く

悪い評判⑤:エージェントの質にばらつきがある

介護ワーカーの悪い評判としては、エージェントの質にばらつきがあることも挙げられます。

エージェントとの相性もあるため、どうしても合わないと感じる場合もあるでしょう。

エージェントとの相性が悪い場合には、エージェントの交代を申し出るのが良いでしょう。

もしくは、他の転職エージェントへ登録するのもひとつの手です。

介護ワーカーの良い評判5選

介護ワーカーの良い評判は主に以下の5つです。

それぞれの良い評判について詳しく見ていきましょう。

良い評判①:介護業界の求人数が多い

介護ワーカーの良い評判としてまず挙げられるのは、介護業界の求人数が多いことです。

介護ワーカーは介護業界で約10万件の求人を保有しており、これは介護に特化した転職エージェントの中ではトップレベルの求人数です。

求人数が多いということはそれだけ選択肢が多いということであり、あなたにピッタリの求人が見つかる可能性も高まります。

介護ワーカーは無料で利用できますから、登録して損はないでしょう。

良い評判②:転職後の年収が上がりやすい

介護ワーカーの良い評判としては、転職後の年収が上がりやすいことも挙げられます。

介護ワーカーの求人は介護業界の中では給料が高めのものが多いです。

基本給が高い場合もあれば、資格手当や夜勤手当が高い場合もあります。

良い評判③:面接時にエージェントが同行してくれる

介護ワーカーの良い評判としては、面接時にエージェントが同行してくれることも挙げられます。

任意のサービスなので同行してもらわなくても問題ありません。

しかし、面接に自信がない方にとっては力強いサービスと言えます。

もちろんただ同行するだけでなく、エージェントは面接での受け答えに詰まった時に助け舟も出してくれます。

良い評判④:全国に求人がある

介護ワーカーの良い評判としては、全国に求人があることも挙げられます。

求人が少ない転職エージェントの中には、求人が都心に集中しており、地方に住んでいる方は使えない場合もあります。

一方、介護ワーカーでは地方でも豊富な求人が揃っています。

中には高待遇の求人もありますから、地方在住でも満足のいく転職ができる確率が高まります。

良い評判⑤:介護施設の内部情報がわかる

介護ワーカーの良い評判としては、介護施設の内部情報がわかることも挙げられます。

介護ワーカーは介護業界に特化しているだけあり、介護施設とのつながりも強いです。

そのため、その施設の内部情報を知ることができ、本当にあなたに適した職場か判断しやすくなります。

介護ワーカーの口コミまとめ!

介護ワーカーにはさまざまな口コミが集まっています。

この見出しでは、介護ワーカーを実際に利用した人の口コミについて、悪い口コミと良い口コミに分けて詳しく見ていきましょう。

悪い口コミ

介護ワーカーの悪い口コミとしては、以下のようなものが挙げられます。

良い口コミ

介護ワーカーの良い口コミとしては、以下のようなものが挙げられます。

介護ワーカーがおすすめな人

介護ワーカーがおすすめなのは、以下のような人です。

介護ワーカーがおすすめな人
  • 介護業界で就職・転職したい人
  • 今すぐ就職・転職したい人
  • 地方に住んでいる人
  • 強い意志を持てる人

介護ワーカーは介護業界で多くの求人を保有しているため、介護業界の求人を探したい多くの人におすすめのサービスです。

特に、地方に住んでいる人にとっては、多くの求人を持つ介護ワーカーは貴重です。

介護ワーカーのエージェントは積極的ですので、特に今すぐ就職・転職したい人を中心におすすめと言えるでしょう。

今すぐ転職したいというわけではない場合には、強い意志を持ってエージェントとの関係をコントロールしていく力が求められます。

介護ワーカーはおすすめできない人

介護ワーカーは以下のような人にはおすすめできません。

介護ワーカーをおすすめできない人
  • ゆっくり転職したい人
  • 断れない人

「良い求人があったら転職したい」と考えている人は、介護ワーカーに登録すると急かされたりすることがあり、合わないと感じる場合が多いです。

また、求人を紹介された時に断れないと、望まない施設に就職・転職することになってしまう可能性もあります。

介護ワーカー以外におすすめの転職エージェント5選

介護ワーカー以外におすすめの転職エージェントは主に以下の5つです。

それぞれの転職エージェントについて詳しく見ていきましょう。

【万人向け】リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントは万人におすすめの転職エージェントです。

介護業界に限らず、さまざまな業界の求人を多数保有しています。

特に介護にしぼらず転職活動を行いたい人におすすめです。

熱心なキャリアアドバイザーがあなたの転職を全力でサポートしてくれます。

【介護業界特化】マイナビ介護職

出典:マイナビ介護職

マイナビ介護職は業界大手のマイナビが提供する介護業界に特化した転職サイトです。

転職サイトなので、自分に合った求人を自分で探すことができます。

特に夜勤の求人が多く、夜に働きたい人にもおすすめです。

地方に住んでいる方にやさしいサービスで、「出張転職相談会」が地方で開かれている場合もあります。

【介護業界特化】きらケア介護求人

出典:きらケア介護求人

きらケア介護求人は介護業界特化型としてはトップレベルの求人数を持つ転職エージェントです。

未経験・無資格でも応募できる求人が多く、条件の良い求人も揃っています。

きらケア介護求人では情報コンテンツも充実していて、介護業界で使える資格などの情報も満載です。

【介護業界特化】かいご畑

出典:かいご畑

かいご畑は地方でも求人が揃っている介護業界特化型転職サイトです。

高時給、日勤のみ、などさまざまな条件を指定して求人を検索することが可能です。

働きながら自己負担なしで介護資格を取得できるキャリアアップ応援制度も好評を得ています。

【正社員になりたい人へ】ハタラクティブ

[出典:ハタラクティブ]

ハタラクティブは未経験から正社員になりたい方におすすめの転職エージェントです。

介護業界に限らず、正社員になりたい人におすすめです。

選考対策が充実しており、内定率が80%を超えているため、安心して転職サポートを任せることができます。

介護ワーカーを利用する5つの手順

介護ワーカーを利用する手順は主に以下の5つです。

それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

手順①:登録

介護ワーカーを利用する時には、まずは介護ワーカーに登録します。

登録は約1分で完了し、希望する勤務形態などの条件や、連絡先などの基本プロフィールを入力するだけです。

介護ワーカーへの登録は、以下のボタンから簡単に行えます。

登録が完了すると、介護ワーカーから連絡が届きます。

手順②:エージェントとの面談

介護ワーカーからの電話では、あなた専任のエージェントとの面談の日程調整なども行います。

そして、エージェントとの面談では転職活動を行う上での条件や自分の現状についての情報共有を行います。

この時に、給与、環境、働き方など希望の求人の条件をできるだけ具体的に設定すると良いでしょう。

また、積極的に転職活動を行っていきたいとアピールしておけば、エージェントも熱意をもってあなたの転職を応援してくれる可能性が高まります。

手順③:求人紹介

エージェントとの面談が終わると、次は求人の紹介を受けることになります。

エージェントは面談の結果に基づいてあなたに合っていると考えた求人を提案してくれます。

しかし、それがあなたに合っているかはあなたにしかわからないので、魅力的だと感じた求人は応募し、そうでない求人については断ると良いでしょう。

手順④:企業の選考

求人に応募したら、次は企業の選考を受けることになります。

転職エージェントでは企業の選考対策として、書類の添削や面接対策などを行ってくれます。

介護ワーカーでは面接に同席してくれるサービスも展開していますので、面接に不安がある場合には積極的に利用すると良いでしょう。

手順⑤:内定・条件交渉

企業の選考に通過し、内定をもらえたら条件交渉です。

介護ワーカーでは企業との条件交渉を代行してくれるため、給料など自分では交渉しにくいことも一任できます。

条件交渉が終わったら、いよいよ転職は成功し、新たな職場での仕事が始まります。

介護ワーカーを最大限活用する5つのポイント

介護ワーカーを最大限活用するポイントは主に以下の5つです。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント①:意志を強く持つ

介護ワーカーを最大限活用するポイントとしてまず挙げられるのは、意志を強く持つことです。

介護ワーカーのエージェントは積極的ですので、望まない求人であれば断る勇気も必要です。

また、連絡がしつこいと感じる時には、連絡の頻度を減らしてほしいと申し出ると良いでしょう。

ポイント②:気になる施設は自分でも調べる

介護ワーカーを最大限活用するポイントとしては、気になる施設は自分でも調べることも挙げられます。

介護ワーカーも施設について情報提供を行ってくれますが、その施設のデメリットまで教えてくれることは少ないです。

エージェントやその施設が提供したくない情報まで入手するためには、自分でも調べることが一番です。

具体的には、その施設の口コミ評判などを調べてみると、実情を把握しやすいでしょう。

ポイント③:入念に面接対策を行う

介護ワーカーを最大限活用するポイントとしては、入念に面接対策を行うことも挙げられます。

介護ワーカーでは無料で面接対策を行えますから、満足するまで面接対策を行うべきです。

入念に面接対策を行うことで、印象の良い受け答えを練習することもできますし、面接本番での緊張を緩和することも可能です。

ポイント④:複数の転職エージェントに登録する

介護ワーカーを最大限活用するポイントとしては、複数の転職エージェントに登録することも挙げられます。

転職エージェントはひとつに絞らなければならないわけではありませんし、複数登録したところでデメリットはほとんどありません。

複数の転職エージェントに登録すれば、より多くの求人の中から自分にピッタリな職場を選べますし、自分がどの担当者と相性が良いか把握することもできます。

転職エージェントの利用は基本的に無料なので、複数の転職エージェントに登録しない手はありません。

ポイント⑤:推薦書を見せてもらう

介護ワーカーを最大限活用するポイントとしては、推薦書を見せてもらうことも挙げられます。

実は、介護ワーカーから施設に応募する時には、あなたが作成した書類に、エージェントが作成した推薦書を添付して送ります。

推薦書に何が書かれているのか把握しておけば、自分の強みが伝わる内容か確かめることができます。

介護ワーカーへのよくあるQ&A

介護ワーカーへのよくある質問としては、以下のようなものが挙げられます。

それぞれの質問とその答えについて詳しく見ていきましょう。

未経験からでも介護業界に転職できる?

介護ワーカーには、未経験から介護業界に挑戦できる求人が多数揃っています。

もちろん経験者や有資格者のほうが有利ではあるものの、未経験だから利用できないことはありません。

介護業界は人材不足ですので、未経験でも条件の良い求人が見つかるチャンスがあります。

エージェントの変更は可能?

介護ワーカーではエージェントを変えてもらうことも可能です。

あまりにも自分と相性が悪かったり、自分に適した求人を紹介してくれない場合には、エージェントを変更してもらうのがおすすめです。

登録後の連絡方法は選べる?

介護ワーカーでは、登録後の連絡方法は、電話、メール、LINEの3種類が用意されています。

基本的には、いつでもメッセージを確認できて、確認もれもしにくいLINEがおすすめです。

介護ワーカーの評判のまとめ

介護ワーカーの悪い評判としては以下のようなものが挙げられます。

介護ワーカーの良い評判としては以下のようなものが挙げられます。
介護ワーカー以外におすすめの転職エージェントは以下のとおりです。
介護ワーカーを利用する手順は以下のとおりです。
介護ワーカーを最大限活用するポイントは以下のとおりです。
介護ワーカーへのよくあるQ&Aは以下のとおりです。

ABOUT US

和佐 崇史
和佐 崇史
文章を書くこと、読むことが大好きな大学生です。中学2年生で漢検2級を取得するなど、言葉については詳しい自信があります。Webライターとしてはこれまで累計1,000記事以上を執筆してきました。