「ノームコア」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ノームコア」です。

「ノームコア」の意味や使い方、語源、類義語、「ノームコア」で知られる有名人についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「ノームコア」とは?

ノームコア(normcore):平凡で目立たない服を身につけるファッション潮流

「ノームコア」の意味を詳しく

「ノームコア」とは、平凡で目立たない服を身につけるファッション潮流のことです。

最近、よく聞くようになった「ノームコア」という単語はファッション用語です。

モード系やストリート系、カジュアル系などの系統の一種です。

そのなかでも「ノームコア」とはいたってシンプルな服装のことを指します。

 

ただし、「ただの平凡な服装」という意味だけではありません。

「ノームコア」とは、「シンプルを突き詰めた服装」という意味があります。

「シンプルな服装の中に強いこだわりがある」というニュアンスで使われることが多いです。

 

現代では、衣服はただの防寒着や、肌を隠すための道具ではありません。

それぞれが服を通して、個性を出そうとします。

しかし、だれもが個性的であろうとしすぎることで、かえって没個性化を招いてしまっているという意見もあります。

その結果、徹底して普通であることのほうがむしろ個性的である、という逆説的な考えが「ノームコア」という系統を生み出しました。

スポンサードリンク

「ノームコア」の使い方

  1. ノームコアは究極のおしゃれだと言えるだろう。
  2. 彼のノームコアのファッションは洗練されている。
  3. 最近のファッションの流行はノームコアらしい。

「ノームコア」の語源

「ノームコア」の語源は英語の “normal” と “hardcore”です。

この二つの単語をつなぎ合わせた造語です。

“normal” とは「普通」という意味で、 “hardcore”は、「究極」という意味の英単語です。

つまり、「ノームコア」は直訳すると、「究極の普通」という意味になります。

「シンプルを突き詰めた服装」を表すのにぴったりな言葉です。

 

「ノームコア」は、ニューヨークのトレンド予測集団K-HOLEが2013年秋ごろに公開したレポートで初めて使用されました。

しかし、すぐにこの言葉が浸透したわけではありません。

その後、2014年に『ニューヨークマガジン』に「ノームコア」についての記事が掲載されました。

この記事が話題になって、「ノームコア」という言葉が浸透するとともに、ベーシックでシンプルなファッションアイテムが流行し始めました。

スポンサードリンク

「ノームコア」の類義語

「ノームコア」には以下のような類義語があります。

  • ノーマル:普通なさま。標準的なさま。

「ノームコア」で知られる有名人

  1. スティーブ・ジョブズ
  2. ハリー・スタイルズ
  3. アルベルト・アインシュタイン

➊のスティーブ・ジョブズは「ノームコア」の代名詞ともいえる人ですね。

彼は、「黒のタートルネック」に、デニムは「リーバイス501」で、スニーカーは「ニューバランス」というスタイルを貫いていました。

➋のハリー・スタイルズは、無地のTシャツを好んで着ています。

派手なファッションを好む海外セレブが多い中で、むしろ目立っているのではないでしょうか。

➌のアルベルト・アインシュタインは、同じ形のスーツを何着も持っていたそうです。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「ノームコア」について解説しました。

英語表記 ノームコア(normcore)
意味 平凡で目立たない服を身につけるファッション潮流
語源 “normal” と “hardocore” から
類義語 ノーマル
「ノームコア」で知られる有名人 スティーブ・ジョブズ、ハリー・スタイルズ、アルベルト・アインシュタイン

シンプルな服を着こなせることに憧れる人も多いのではないでしょうか。

そんな方は、シンプルなアイテムの中にもこだわりを持った「ノームコア」をぜひ目指してください。

スポンサードリンク