どう違うの?「ニヒル」と「シニカル」の違いを解説

違いのギモン

ビジネスの面で使われることが多い「ニヒル」と「シニカル」の違いを知っていますか。また、意味を捉え間違えていませんか。

そこで今回、説明するのは「ニヒル」と「シニカル」の違いです。

結論:「ニヒル」は無関心、「シニカル」は皮肉的または冷笑的な態度。

「ニヒル」は、どんなものに対しても何も感じないという虚無感を表します。

一方で、「シニカル」は皮肉的や冷やかな態度のことを言います。

「ニヒル」をもっと詳しく

「ニヒル」の意味は、何に対しても価値や意味を感じず、虚しいということです。つまり、虚無という言葉で表すことができます。

たとえば、「ニヒルな笑み」と言うときは、特に感情を表すわけでもない、冷ややかな笑いを表します。ニヒルな笑みは、「シニカル」の持つ冷笑的なニュアンスではありません。

冷笑には相手を見下すニュアンスがありますが、ニヒルな笑みは軽蔑ではなく、世の中に対する虚しさや、関心を持つことへの諦めが込められています。

「ニヒル」の使い方の例

  1. 彼らは、ニヒルな人たちだ。
  2. 彼女はドッキリに対して、ニヒルな笑みを浮かべた。
①の文は、起こった出来事に対して無感情、無関心でいることを表しています。

②の文は、ドッキリに対して、口元は微笑んでいても、冷め切っている感情を持っていることを表しています。クールな笑いと勘違いする人もいます。しかし、「ニヒルな笑み」には無感情という意味があるため、クールとは異なります。

「ニヒル」の対義語と類義語

次に、「ニヒル」の対義語と類義語を挙げます。

対義語

  • 熱心:1つの物事に深く打ち込む様子。
  • 情熱的:情熱がみなぎっているさま。
  • 躍起:一心不乱になって物事をすること。
  • 興味津々:興味が尽きないさま。

類義語

  • 虚無:何事もなく、虚しいこと。
  • 無関心:心にかけないこと。興味を持たないこと。
  • 冷淡:物事に熱心ではないこと。
  • 淡々:あっさりしたさま。

「シニカル」をもっと詳しく


「シニカル」とは、対象を認めた上で、冷ややかな態度を取るさまを表す言葉です。英語”cynical”が語源のカタカナ語です。「皮肉」は「意地悪な態度」、「冷笑」は「見下した態度」を指すので、「シニカル」は否定的な意味合いを含みます。

また、社会に対して冷めた態度で臨む、哲学的思想のことを指す時もあります。

「シニカル」の由来

「シニカル」は、古代ギリシャの哲学流派である「キュニコス派」から由来が来ています。

古代ギリシャの哲学者・ソクラテスは、キュニコス派の代表として知られています。キュニコス派は、他からの影響を一切受けないことを理想として、現実社会を風刺したり嘲笑したりする皮肉な側面があります。

このキュニコス派を形容する言葉が”cynic(シニック)”となり、シニカルの語源になったとされています。

 

現実社会への冷笑が由来の言葉であるため、「シニカル」は、否定的で嘲笑的な意味合いが強い言葉だと言えます。

ちなみに、「キュニコス派」は別名「犬儒学派」とも言われ、社会に対して冷めた態度で臨む哲学的思想のことを指します。

「シニカル」の使い方の例

  1. 彼女は、シニカルな人だ。
  2. 彼はシニカルな態度で、名悪役を演じた。
  3. そのシニカルなジョークに、観客の反応が分かれた。

①の文は、彼女が見下した態度を取りがちな性格であることを表しています。

②の文は、彼が演じた意地悪な態度の悪役が、高い評価を受けていることを表しています。

③の文は、皮肉の利いた冗談により、反応に困った観客がいたことを述べています。

「シニカル」の対義語と類義語

次に、「シニカル」の対義語と類義語を挙げます。

対義語

  • ユーモラス:ユーモアがある様。
  • 信頼:信じて頼ること。
  • 世辞:他人に対して、愛想の良い言葉。

類義語

  • 皮肉:遠回しに意地悪く、弱みなどをつくこと。
  • 冷笑:嘲笑うこと。
  • 嘲笑:嘲って笑い物にすること。

まとめ

以上、この記事では、「ニヒル」と「シニカル」の違いについて解説しました。

  • ニヒル:何に対しても価値や意味を見出せず、虚しいこと。
  • シニカル:皮肉的または冷笑的なさま。
単なる無感情なのか、内に冷ややかな気持ちを秘めているのかで両者は使い分けられます。ニュアンスの違いを押さえておきましょう。