正しく使おう「謹賀新年」「賀正」「迎春」の違い

違いのギモン

正月の季節は、日本独自の風習がたくさん見られます。おせち料理やお年玉など、楽しみなものも多くありますよね。

年賀状はみなさんも、なじみが深いですよね。近年は SNS で新年の挨拶を済ませる方も増えましたが、年賀状を書く方もまだまだいると思います。

年賀状に書かれている新年の時候の挨拶は、定型文として気にせず書いている方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は「謹賀新年」「賀正(がせい)」「迎春(げいしゅん)」の意味や使い方の違いを見ていきます。

スポンサードリンク

結論:文字数が違う

「謹賀新年」「賀正」「迎春」は、年賀状に限らず新年を祝う「賀詞(がし)」と呼ばれるものです。賀詞は漢字で書かれており、一文字・二文字・四文字のものがあります。

一文字・二文字の賀詞は目上の人から目下の人に使うものです。「賀正」「迎春」はこれにあたります。

対して、「謹賀新年」などの四文字の賀詞は、目下の人が目上の人に使うものです。

それぞれの言葉の意味に細かな違いはありますが、どれも新年を祝うものであり、意味に大差はありません。使い分けの際に大切なのは文字数なのです

「謹賀新年」とは


「謹賀新年」とは四文字の賀詞で、目上の人に対する、かしこまった新年の挨拶です。丁寧な表現なので、使い分けに困ったときは、この言葉を選んでおけば間違いないでしょう。

意味は、「謹んで新年をお祝いいたします」となります。

賀詞は基本的に、「あけましておめでとうございます」の意味も含んでいます。表現が重複しないように気を付けましょう

スポンサードリンク

「賀正」とは


「賀正」とは二文字の賀詞で、目下の人に対して使うものです。

「新年おめでとうございます」という意味を表します。「謹賀新年」と異なり、相手への敬意は含まれていません。そのため、上司などの目上の人に年賀状を書く時は「賀正」を使ってしまうと失礼なので、注意してください。

「迎春」とは


「迎春」とは二文字の賀詞で、こちらも目下の人に対して使われます

「新年を迎えました」という意味です。

「春を迎える」と書きますが、新年の挨拶に使われる言葉です。昔は今と違う暦が使われていたため、季節が少しずつずれていることが原因で、このような表現の食い違いが起きてしまっています。

スポンサードリンク

おまけ:一文字の賀詞

一文字の賀詞も、二文字の賀詞と同じく、目下の人に対して使うものです。

具体的には、下のようなものが挙げられます。

  • 寿:めでたいこと
  • :幸せ
  • :祝い

一文字の賀詞の方が、伝えられる意味も少なくなっています。また、より簡略化された表現なので、敬意も省略されています。

したがって、親しい友人など、立場の関係ない相手以外にはあまり使わない方がいい表現です。

まとめ

以上、この記事では「謹賀新年」「賀正」「迎春」について使い方と違いを解説しました。

  • 謹賀新年:目上の人に対して使う
  • 賀正:目下の人に対して使う
  • 迎春:目下の人に対して使う

失礼のないようにしっかり使い分けて、楽しい正月にしましょう。

スポンサードリンク