ネット用語「ネットサーフィン」の使い方と意味をわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、ネット用語の「ネットサーフィン」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「ネットサーフィン」の意味をスッキリ理解!

ネットサーフィン:インターネットでサイトを見て回ること

Webサイトを各ページを興味の赴くままに次々に表示して閲覧していく行動のことです。この言葉は波から波に渡るサーフィンと似た行動であることから「ネットサーフィン」という言葉になりました。

ちなみに、「ネットサーフィン」はインターネットが普及し始めた1990年代からある言葉です。

「ネットサーフィン」の意味を詳しく

「ネットサーフィン」とはWebサイトを次から次へと見て回ることです。調べ物をするためにWebサイトを閲覧するよりも、目的をあまり持たずに興味の赴くままWebサイトを渡り歩くニュアンスで使われます。

テレビを見るときにチャンネルを定めず、興味のある番組を見て飽きたら次のチャンネルを回すといったようなことはよくしますよね。Webサイトを閲覧するときも同様に、自分の興味のあるサイトを次から次へと見て回ることがあります。この行為が「ネットサーフィン」です。

スポンサードリンク

「ネットサーフィン」の使い方

  1. 昨日は仕事が休みだったので、家で1日中ネットサーフィンしてたよ。
  2. 私の趣味はネットサーフィンです。

「ネットサーフィン」は以上のような使い方をします。「ネットサーフィン」は、趣味や娯楽として語られることが多いです。

「ネットサーフィン」の由来

「ネットサーフィン」はインターネットが普及し始めた1990年代から一般的な用語となりました。

Webサイトを興味のままに次から次へと閲覧していく様子が、波から波へと波乗りするサーフィンに見立ててつけられた造語です。

インターネットが普及し始めた当時から、インターネットの利用法、楽しみ方の1つとしてよく使われた言葉です。

スポンサードリンク

「ネットサーフィン」の類義語

ネットサーフィンの類義語は、「ブラウジング」です。

Webサイトを閲覧することです。webブラウジングとも言います。

「ネットサーフィン」の対義語

  • ググる
  • 調べものをする
「ググる」とはGoogleで検索するという意味です。「ネットサーフィン」は興味の赴くままにWebサイトを閲覧していくのに対し、「ググる」や「調べもの」は目的をもって閲覧していくことから、これらの言葉は対義語と言えます。

スポンサードリンク

「ネットサーフィン」の英語訳

ネットサーフィンを英語に訳すと、次のような表現になります。

  • My hobby is surfing the net
    (私の趣味はネットサーフィンです。)
  • I was net surfing all day
    (私は1日中、ネットサーフィンをしていました。)
  • Browsing the internet is my mobby
    (インターネットを閲覧することは私の趣味です。)

ネットサーフィンは英語でネットの波に乗る、つまりWebサイトを次から次へと移動するという意味から、”surfing the net”という使われ方をします。また「ネットサーフィン」をそのまま”net-surfing”という形で使うこともできます。

また”Browsing”は「拾い読み」や「見て回る」という意味で、「インターネットを見て回る」、つまりネットサーフィンをするという意味になります。

まとめ

以上、この記事では「ネットサーフィン」について解説しました。

読み方ネットサーフィン
意味インターネットでサイトを見て回ること
由来サーフィンに見立てた造語
類義語ブラウジング
対義語ググる、調べる
英語訳Surfing the net,Net surfing,browsing the net

ネットサーフィンは古くからあるネット用語で、サーフィンで波を渡っていくように、サイトを見て回ることの意味が違うあることがわかりました。是非友人にも教えてあげてみてください。

スポンサードリンク