ことわざ「猫も杓子も」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「猫も杓子も(ねこもしゃくしも)」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「猫も杓子も」の意味をスッキリ理解!

猫も杓子も(ねこもしゃくしも):誰も彼も、何でもかんでも

「猫も杓子も」の意味を詳しく

「猫も杓子も」とは、誰も彼も、何でもかんでもという意味です。

「杓子」とは、いわゆる「しゃもじ」のことです。読み方は「しゃくし」なので、しゃもじと読んでしまわないように気をつけましょう。

プラスの意味でもマイナスの意味でも使えることわざです。

なお、日本では特にこの単語自体にネガティブな意味はないのですが、英語圏で使う場合は「全員が同じでつまらない」というニュアンスが含まれてしまいます。

「猫も杓子も」の使い方

  1. 電車の中では、猫も杓子もスマホをいじっているなぁ。
  2. 緊急地震速報が鳴って、それこそ猫も杓子も机の下に隠れた。
  3. 超大物芸能人が街を歩いているところを一目見ようと、猫も杓子も殺到している。
上記のように「猫も杓子も」は、多くの場合「誰も彼も」「何でもかんでも」で言い換えることができます。

①は、現状の電車内の光景を嘆いている文です。電車の中では誰も彼もがスマートフォンを使っている、という意味です。

②はポジティブな意味で「猫も杓子も」を使っています。緊急地震速報が鳴ったことで、全員が机の下に隠れた、という文章です。

 

③は少しだけ①②とはニュアンスが違い、「我先に」というような意味合いが含まれています。超大物芸能人が街を歩いており、その珍しさから人々が皆我先にと殺到している、という意味の文です。

このように、「猫も杓子も」は、一緒に使う言葉によってニュアンスが異なってきます。

「猫も杓子も」の由来

「猫も杓子も」の由来は諸説あり、どれが真相なのかはいまだにはっきりしていません。代表的な6つをご紹介します。

一休咄説

『一休咄』の中に「生まれては死ぬるなりけりおしなべて釈迦も達磨も猫も杓子も」という一説があります。そこから「猫も杓子も」だけで使われるようになった、という説です。

この一説は「釈迦も達磨も、猫や杓子まで、誰しもが生を受けて死んでいく」という意味で、そこから「猫も杓子も」が「誰も彼も」という意味になったと言われています。

禰宜も釈氏も(ねぎもしゃくしも)説

禰宜(ねぎ)とは神主のこと、釈氏(しゃくし)とはお釈迦様のことです。当時は神道と仏教が二代宗教であったため、「神に仕える者も仏に仕えるものも」が「誰も彼も」という意味になったと言われています。

これは滝沢馬琴の『南総里見八犬伝』(1814)に出てきたフレーズです。なお、「禰子(ねこ)」とは神主の子孫のことなので、「禰子も釈氏も」(ねこもしゃくしも)が使われていたという説もあります。

女子も弱子も(めこもじゃくしも)説

女子(めこ)は女、弱子(じゃくし)は子供のことであるため、ここから「誰も彼も」を表すようになったという説です。これは落語の「横丁の隠居」で出てくるフレーズです。

猫と主婦説

日常的にありふれているもの、という意味で、「猫」と「主婦」がくっついた、という説もあります。主婦はかつて「シャクシトリ」と呼ばれており、その「トリ」が取れた、と言われています。

寝子も赤子も(ねこもせきしも)説

寝子(ねこ)は寝る子のこと、赤子(せきし)は赤ん坊のことです。

寝子も釈氏も(ねこもしゃくしも)説

この場合の寝子(ねこ)は売春婦のこと、釈氏(しゃくし)は講釈師のことです。売春婦から講釈師という幅広い職種の人が皆、というところから、「誰も彼も」を表すようになったと言われています。

「猫も杓子も」の類義語

猫も杓子もには以下のような類義語があります。

  • 右を見ても左を見ても:左右どちらを見ても同じ光景が見えるほど、全員が同じことをしている様子
  • 老若男女:お年寄りも若い人も男も女も、全員
  • 一様に:全てが同じように
  • 雲霞(うんか)の如くに:大勢の人が群がること

「猫も杓子も」の英語訳

猫も杓子もを英語に訳すと、次のような表現になります。

  • everybody
    (全員が)
  • every Tom, Dick and Harry
    (みんなが)

“Tom, Dick, Harry” は、それぞれ英語圏によくいる名前です。「たくさんいるTomやDick、Harryがみんな」という形で「みんなが」というニュアンスを表しています。ウィットに富んだ表現です。

まとめ

以上、この記事では「猫も杓子も」について解説しました。

読み方猫も杓子も(ねこもしゃくしも)
意味誰も彼も、何でもかんでも
由来諸説あり、はっきりしていない
類義語右を見ても左を見ても、老若男女など
英語訳everybody(全員が)など

さまざまな由来がある不思議な言葉であるため、非常に勉強になることわざです。