「なのに」と「だのに」の違いは何?意味や使用法もわかりやすく解説

違いのギモン

「なのに」と「だのに」は「単語の構成と使用する場所、表現の新しさ」が異なります。

普段は何気なく使い分けていますが、違いを聞かれると分からないということはありませんか。

そこで今回はその違いをわかりやすく丁寧にご説明します。

「なのに」と「だのに」の違い

「なのに」と「だのに」は以下のような違いがあります。

なのにだのに
構成連体形「な」(断定の意味)
接続助詞「のに」(逆説の意味)
終止形「だ」(断定の意味)
接続助詞「のに」(逆説の意味)
使う場所文中か文頭で使用文頭で使用
新しさ現代的な表現古い表現

どちらも前文で述べたことと反対のことを表すための単語ですが、3つの違いがあるので解説します。

①構成の違い

「なのに」は以下のような単語で成り立っています。

  • 連体形「な」(断定の意味)
  • 接続助詞「のに」(逆説の意味)

一方で、「だのに」は以下のような単語で成り立っています。

  • 終止形「だ」(断定の意味)
  • 接続助詞「のに」(逆説の意味)

②使う場所の違い

「なのに」と「だのに」は文の中で使用する場所が以下のように違います。

  • なのに:文中か文頭で使用
  • だのに:文頭で使用

③新しい表現か古い表現か

「なのに」は現代的な表現です。

一方で「だのに」は江戸方言をルーツとしている古い言い方です。

「なのに」の意味

「なのに」は前文で述べた文章とは違う事柄を述べることを表す単語です。

「それなのに」という表現を省略した単語が「なのに」です。

また、断定を表す「だ」の連体形である「な」と、逆説を表す接続助詞「のに」で構成されています。

「なのに」の使い方

「なのに」は文頭か文末で使用します。

しかし、文頭で使用することは厳密に言うと誤りです。

 

また、前文で述べたことと対立することや、予想外の事柄を述べる時に使います。

具体的には「冬なのに暑い」というような正反対の意味が混在する文章で「なのに」を使います。

実際の例文には、以下のようなものがあります。

  • 電話を何度もした。なのに出なかった。
  • 新品なのにぶっ壊れた。
  • 先生なのに数学の問題が解けなかった。

「なのに」は話し言葉として使用するので、ビジネス場面や公的な文章などで使わないように注意しましょう。

敬語表現としては、「ですが」「なのですが」などを使用した方が無難です。

また、似たような表現に「なので」がありますが、こちらは文頭で使用すると、誤用ですので注意しましょう。

「なのに」を英語表現

「なのに」を英語で言うと、以下のような表現があります。

  • even though
    (〜なのに)
  • but
    (〜なのに)

ビジネス英語としてもこれらの表現をよく使います。

実際には以下のように使用します。

  • Even though you had a fever, you kept working.
    (あなたは熱があったのに働き続けた。)
  • You didn’t feel well, but you kept running.
    (あなたは気分がよくなかったのに走り続けた。)

「だのに」の意味

「だのに」は前文で述べた文章とは違う事柄を述べることを表す単語です。

「それなのに」という表現を省略した単語が「だのに」です。

断定を表す助動詞「だ」と逆説を表す接続助詞「のに」で構成されています。

また、江戸方言が元になっている古い表現なので、今はあまり使わない表現です。

「だのに」の使い方

「だのに」は主に文頭で使用します。

また、前文で述べたことと対立することや、予想外の事柄を述べる時に使います。

具体的には、「今は冬である。だのに暑い」というように表現します。

実際の例文には、以下のようなものがあります。

  • 私たちはずっと仲良し。だのに、喧嘩した。
  • ダイエットを毎日が頑張っていた。だのに、リバウンドした。
  • お酒は飲めない。だのに、飲んでしまった。

「だのに」は「なのに」に比べてネガティブなイメージがあると考える人もいるので、注意が必要です。

ちなみに、「ポケットモンスターブラック・ホワイト」で「N」というトレーナーが「だのに」という発言をしますが、これは正しい表現です。

同じように、森山直太朗さんもカバーしている楽曲「若者たち」にも「だのに、なぜ…」という歌詞が登場しますが、こちらも古いですが正しい表現です。

また、adoの楽曲「ギラギラ」でも「だのに人を好きって思う気持ちだけは」という歌詞の一部として、「だのに」が使用されています。

「だのに」の英語表現

「だのに」を英語で言うと、以下のような表現があります。

  • however
    (しかしながら)
  • but
    (〜なのに)
  • though
    (にもかかわらず)

実際の例文には以下のようなものがあります。

  • I don’t want to wake up, however I must work.
    (起きたくないけど仕事に行かなくちゃ。)
  • I have a map, but I lost my way.
    (地図を持っているのに道に迷った。)
  • Though it is very cold today, he wear a short-sleeve shirt.
    (今日はとても寒いのに彼は半袖を着ている。)

「なのに」と「だのに」の違いのまとめ

以上、この記事では、「なのに」と「だのに」の違いについて解説しました。

なのにだのに
構成連体形「な」(断定の意味)
接続助詞「のに」(逆説の意味)
終止形「だ」(断定の意味)
接続助詞「のに」(逆説の意味)
使う場所文中か文頭で使用文頭で使用
新しさ現代的な表現古い表現

「なのに」と「だのに」は意味が同じですが、使用方法が異なります。

また、現代的な表現か古い表現かも異なります。

ぜひ、この記事を参考にして意味や使い方をマスターしましょう。