あなたは使い分けられる?「何卒」と「どうぞ」違い

違いのギモン

就活やビジネスの場では丁寧な言葉遣いで相手に何かをお願いすることが多くあります。そして、その際によく使われる言葉として「何卒(なにとぞ)」と「どうぞ」があります。

「何卒」と「どうぞ」は似た意味を持つ言葉ですが、この2つの言葉には違いがあるということを知っていますか?

この記事では「何卒」と「どうぞ」の意味の違いや、どちらを使うべきなのかについてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

結論:意味はほぼ同じだが、「何卒」は文語的で「どうぞ」は口語的

「何卒」は相手に何かを強く願う気持ちを表す言葉です。文語的な言葉なので会話ではあまり使われません。

「どうぞ」は丁寧に頼んだり心から願ったりする気持ちを表す言葉です。口語的な表現なので文書よりも会話で使われることが多いです。

「何卒」をもっと詳しく


「何卒」は「なにとぞ」と読み、相手に何かを強く願う気持ちを表す言葉です。「どうぞ」の改まった言い方であるため、「どうぞ」よりも丁寧な表現です。

「何卒」は文語的な言葉であるため、会話で使われることはあまり一般的ではありません。しかし、ビジネスメールなどの文書では「どうぞ」よりも「何卒」を使う方が適しています。

「何卒」の使い方の例

  • 何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。
  • 至らない点も多々あるかとは思いますが、何卒ご容赦ください。
  • 今後とも何卒ご指導のほどお願い申し上げます。
スポンサードリンク

「どうぞ」をもっと詳しく


「どうぞ」は相手に何かを頼んだり願ったりする気持ちを表す言葉です。しかし、他にも誰かに何かを進める時や譲る時にも使われます。

相手に何かを頼む時に使われる「どうぞ」は、「何卒」よりも丁寧度は低いといえます。ビジネスシーンに限らず、様々な場面で使われます。

また、「どうぞ」は「何卒」よりも口語的であるため、会話で相手に何かを丁寧に頼みたい場合は「どうぞ」を使う方が適しています。

「どうぞ」の使い方の例

  • どうぞ宜しくお願いいたします。
  • どうぞご自愛くださいませ。
  • どうぞ召し上がってください。

まとめ

以上、この記事では、「何卒」と「どうぞ」の違いについて解説しました。

  • 何卒:相手に何かを強く願う気持ちを表す言葉で、文書でよく使われるとても丁寧な表現
  • どうぞ:相手に何かを丁寧に頼んだり願ったりする気持ちを表す言葉で、会話でよく使われる表現
「何卒」も「どうぞ」も似た意味を持っており、どちらを使えば良いか迷うこともあるでしょう。この記事の内容を踏まえて適切に使い分けられるようにしましょう。

スポンサードリンク