実は知らない!「山」と「岳」と「峰」の違い

違いのギモン

日本には山地が多いですから、たくさんの「山」がありますよね。みなさんも一度くらい「山」に登ったことがあると思います。

ところで、「山」と似た意味の言葉として「岳」や「峰」などがありますよね。例えば、「開聞岳(かいもんだけ)」や「霧ヶ峰(きりがみね)」などです。

これらの言葉はどのように使いわけられているのでしょうか。知らない人も多いと思います。

そこで、今回は「山」と「岳」と「峰」の違いについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

結論:確かな違いはない

結論から言ってしまうと、「山」と「岳」と「峰」の違いについては例外が多いため、確かな違いはないと言えるでしょう。

ただ、おおまかな使いわけかたはあります。

 

まず、「山」は3つの中で最も一般的な言葉で、平地よりも地形として高く盛り上がっている場所のことです。

次に、「岳」は「山」より険しい地形や「山」が連なっている場所のうちの頂上の1つを指していることが多いでしょう。

そして、「峰」は「山」の尾根の突き出した部分のことです。つまり、「山」全体を指すのではなく、頂上など高いところを示すことが多いでしょう。

「山」の定義

山は3つの中で最も一般的な言葉で、平地よりも地形として高く盛り上がっている場所のことです。

そして、傾斜した地形からなっているという特徴があります。

また、台地や丘陵などとは違って、起伏がしっかりしていて頂上が高めであるという特徴もあります。

 

そして、独立峰に使われることが多いでしょう。独立峰とはただ1つのみで構成されている山のことです。

例えば、富士山は山脈にあるのではなく、近くには山がありませんよね。

また、人里の近くにあって、親しみやすいものに山という名前がつくことが多いでしょう。

スポンサードリンク

「岳」の定義

岳は山より険しい地形や山が連なっている場所のうちの頂上の1つを指していることが多いでしょう。ちなみに、定義としては平地から盛り上がっていて隆起している地形のことなので、山とあまり変わりません。

そして、「山」と「岳」はどちらも古くから平地から盛り上がった地形を示す言葉として使われてきたので、区別の統一的な定義はないというのが実際です。

 

ただ、「山」と「岳」の呼びわけかたにはいくつか説があるので、ここでは3つほど紹介したいと思います。

まず、1つめは山が連なってるところにあるのが「岳」なのではないかという説です。つまり、山脈など、山がたくさんある場所では「岳」が使われることが多いのではないかということです。

確かに、北岳、硫黄岳など、南アルプスにある山は「岳」という名前がついていることが多いです。

しかし、これには例外があります。鹿児島県にある開聞岳は独立峰ですが、「岳」という名前がついています。

 

次に、「岳」という漢字は「山」の上に「丘」があるので山より険しい地形を指しているのではないか、という説です。

これは1つめの説と似ていますよね。これも開聞岳が例外にあたります。

 

そして、3つめは人里から離れたところにあるのが「岳」なのではないかという説です。

山脈にある山は近くに里があることが少ないと思われるので、これも結局上の2つの説と同じような例外があります。

「峰」の定義

峰とは山の尾根の突き出した部分のことです。つまり、山全体を指すのではなく、頂上など高いところを示すことが多いです。

これは「山」と「岳」の区別よりずっとわかりやすいでしょう。

なぜなら、「峰」は平地から隆起した地形を指す言葉ではなく、山の中でも尾根が突き出した部分のことを指すからです。

そして、これは山頂と似た意味だと言うこともできるでしょう。

例えば、「最高峰」という言葉は同じ山の中でももっとも高い場所を指す言葉です。

 

ただ、山の名称として接尾辞に利用されていることもよくあり、この場合には「山」や「岳」と同じような意味になってしまいます。

例えば、「霧ヶ峰」という言葉はこの意味で使われています。

ちなみに、「峰」は地形以外でも、モノの頂上や天辺など高いところを示す言葉として使われることがあります。

例えば、雲のもっとも高いところや刀剣、包丁、くしなどの背の部分を峰ということがあります。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「山」と「岳」と「峰」の違いについて解説しました。

  • :平地よりも地形として高く盛り上がっている場所のこと
  • :「山」より険しい地形や「山」が連なっている場所のうちの頂上の1つを指していることが多い
  • :「山」全体を指すのではなく、頂上など高いところを示すことが多い

このように、「山」と「岳」と「峰」の違いはかなり微妙なものです。あまり使いわけの必要はないかもしれません。

スポンサードリンク