ことわざ「物は試し」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「物は試し」です。

言葉の意味・例文・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「物は試し」の意味をスッキリ理解!

物は試し:何事もやってみないとわからないのだから、実際に試してみるのが良いということ

「物は試し」の意味を詳しく

「物は試し」は、何事もやってみないとわからないのだから、まずは実際に試みることが大切であるという意味です。

このことわざにおける「試し」は、「物事の良し悪しや真偽などを実際に調べること」「実際に試みること」を表します。

 

挑戦をするときにはリスクはつきものです。失敗を恐れ、挑戦に消極的になってしまう人も多いでしょう。

しかし、それが成功するか失敗するかは、実際に取り組んでみなければわかりません。

「物は試し」は、最初から諦めてしまうのではなく、何事もまずは試してみるべきだ、という教えを表します。

 

なお、「物の試し」という使い方は誤りですので、注意しましょう。

スポンサードリンク

「物は試し」の例文

  1. 初めて挑戦する分野だからといって、上手くいかないと決め付けては何も始まらない。とにかく物は試しだ、まずはやってみよう
  2. うちの会社にはもっと革新的なアイデアが必要だ。物は試しだ、社員および関係者全員に意見を募集してみよう。

「物は試し」の類義語

「物は試し」には以下のような類義語があります。

  • 手を下す
  • 旗を揚げる
スポンサードリンク

「物は試し」の英語訳

「物は試し」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • Let’s just give it a try.
    (とにかく試しにやってみよう。)
  • You never know what you can do till you try.
    (やってみて、初めて自分の能力がわかる。)

「物は試し」を表す英文の一つに Let’s just give it a try. があります。

この文においては “Let’s just” の部分が一つのポイントで、 “just” が「まあいいから(とにかくやってみよう)」というニュアンスを強くしています。

また、よく使われる英文に You never know(どうなるか分からないよ)というものがあります。

これに “until you try(試してみるまでは)” という文を組み合わせることで「やってみるまで(結果は)わからない」という意味になります。

まとめ

以上、この記事では「物は試し」について解説しました。

意味何事も実際にやってみなければ成否はわからないのだから、とにかく試みてみるのが良いということ
類義語手を下す、旗を揚げるなど
英語訳Let’s just give it a try.(とにかく試しにやってみよう。)

何事も挑戦するまでにはあれこれ考えてしまいがちです。

しかし、たとえはじめはうまくいかなかったとしても、その都度軌道修正していけばいいのですから、まずは飛び込んでみることも必要かもしれません。

スポンサードリンク