「モブ」とは?意味や使い方をわかりやすく解説!

言葉

今回ご紹介する言葉は、ネット用語の「モブ」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・対義語についてわかりやすく解説します。

「モブ」の意味をスッキリ理解!

モブ:ゲームやアニメにおいて名前が与えられていないキャラクターのこと

「モブ」の意味を詳しく

モブとは、個々の名前が与えられていないキャラクターのことです。主に漫画やアニメに登場するキャラクターに対して使われ、主人公などの主要キャラクターとは対照的な存在として扱われることが多いです。

「モブ」キャラクターの特徴として、以下のようなものが挙げられます。

「モブ」キャラクターの特徴
  • 個性が弱い
  • 服装や髪形が主要キャラクターと比べて地味
モブの中には顔さえもまともに与えられていない場合もあります。

重要なセリフを与えられることも少なく、大抵は物語の臨場感を掻き立てるための端役や、日常を描くシーンで日常感を出すためなどに使われることが多いです。

また、「モブを描く」という言葉がありますが、これもモブが上記のような使われ方をすることから、「群衆や一般市民を大量に描くこと」という意味で使われます。

「モブ」の使い方

  1. 町にゾンビが出現し、多くのモブキャラがゾンビの餌食となった。
  2. このアニメ映画ではメインキャラクターだけでなく、モブまできれいに描かれている。

モブは上記の例文のように、「モブキャラ」という言葉で使われることが多いです。一般的に、物語においてあまり重要ではないキャラクターについて話をする際に使われます。

「モブ」の由来

モブの由来は、ラテン語の “mobile” です。「動く」という意味の言葉です。

ここから派生して英語の “mob” が誕生しました。

“mob” は「大衆」といったネット用語の「モブ」と同じような意味もありますが、「暴徒」や「暴力団」といった過激な意味でも使われます。

映像用語としての “mob”

英語の “mob” は映画界で広く使われるようになりました。

映画界の専門用語としての “mob” は以下のようなものがあります。

映画界での “mob”
  • モブシーン:人が大勢出てくるシーンのこと
  • モブキャラ:群衆のようになっている状態のキャラクターのこと
これが映画だけでなくゲームやネットにおいても広く使われるようになり、現在のような意味へと変化したのです。

「モブ」の類義語

モブには以下のような類義語があります。

  • 雑魚(ざこ)キャラ:戦闘を行うキャラクターの中でも弱いキャラクター
  • エキストラ:群衆が集うシーンで登場する、名前が特に与えられていないキャラクター

「雑魚キャラ」と「モブ」の違い

「雑魚キャラ」は主に「弱いキャラ」という意味です。

「モブ」と「雑魚キャラ」の違いは以下の通りです。

  • モブ:一般市民を指すことが多く、基本的に戦闘を行わない
  • 雑魚キャラ:戦闘を行うキャラの中でも弱いキャラを指すことが多い

「エキストラ」と「モブ」の違い

「エキストラ」は通行人など、人が多く必要なシーンで臨時に雇われる出演者という意味です。

「モブ」と「エキストラ」の違いは以下の通りです。

  • モブ:アニメなど非現実世界に登場する
  • エキストラ:現実世界に存在する

「モブ」の対義語

モブには以下のような対義語があります。

  • メインキャラ:ゲームなどで主役級の扱いを受けるキャラクター

メインキャラとは、アニメやゲームで話の中心となるキャラクターのことです。主人公はもちろんのこと、ライバルなどの敵キャラクターであっても、話の本題に大きくかかわるキャラクターであればメインキャラと呼ばれます。

モブはそれに対してあくまで「その他大勢」として描かれる存在であるため、メインキャラはモブの対義語です。

まとめ

以上、この記事では「モブ」について解説しました。

読み方モブ
意味ゲームやアニメにおいて名前が与えられていないキャラクターのこと
由来ラテン語 “mobile”
類義語雑魚キャラ、エキストラ
対義語メインキャラ

このように、モブとはゲームやアニメにおいて脇役として登場する名前のないキャラクターのことを指します。ゲームをプレイする際には、モブに注意して遊ぶのも面白いかもしれません。