「マインドマップ」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「マインドマップ」です。
「マインドマップ」の意味、具体例、提唱者、使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

「マインドマップ」の意味をスッキリ理解!

マインドマップ(mind map):中心となるキーワードから放射線状にイメージを繋げていく思考の表現方法

「マインドマップ」の意味を詳しく

「マインドマップ」とは、中心となるキーワードから放射線状にイメージを繋げていく思考の表現方法のことです。

思考を整理し、発想を豊かにし、記憶力を高めるために使われる方法です。また、複雑な考えを整理するのにも役立ちます。

「マインドマップ」は、しばしば「ノート術」や「図解の表現技法」などとして紹介されることがありますが、これらは適切ではありません。

「マインドマップ」は、あくまで思考を表現し、頭を整理する方法として作られました。

「マインドマップ」の具体例

「日本」と言われると、次のようにたくさんのイメージが思い浮かぶでしょう。

  • 金閣寺
  • もち
  • 寿司
  • 紅葉
  • 東京スカイツリー

他にもさまざまなイメージが浮かぶでしょう。このままでは思考が整理できません。

まず、中心に「日本」と書き、そこから「食べ物」「建物」「四季」など大きなジャンルに分けたキーワードを書いて中心とつなげます。

そして、そこからさらに細かいキーワードを繋げていくのです。

  • 食べ物
  •    もち
       寿司

  • 建物
  •    金閣寺
       東京スカイツリー

  • 四季
  •    桜
       紅葉

そして、「もち」などのキーワードからさらに連想できることを書き込んでいくのです。

「マインドマップ」の提唱者

「マインドマップ」を提唱したのは、イギリスの著述家で、教育コンサルタントのトニー・ブザンです。

彼は心理学を学んでおり、その後は学術ジャーナリストとして活動し、1960年代にはメンサ・インターナショナルの国際的機関誌の編集に携わっていました。

メンサとは、IQの非常に高い人たちを中心とした団体で、テストに合格した者しか入会することができません。

「マインドマップ」は、現在、ブザン・オーガナイゼーション・リミテッド社に商標登録されています。

 

ちなみに、提唱された当時は紙にペンで書くものとされていましたが、現在はコンピューターによって「マインドマップ」を作製できるソフトウェアもあります。

「マインドマップ」の使い方

「マインドマップ」には以下のような使い方があります。

  1. マインドマップを利用して、考えを整理する。
  2. おすすめの手段はマインドマップだ。
  3. 学校の授業にもマインドマップは取り入れられている。

「マインドマップ」の語源

「マインドマップ」の語源は英語の “mind map” です。

“mind” の意味は以下の5つです。

  • (身体と区別して、思考・意志などの働きをする)心
  • 精神
  • (感情・意志と区別して、理性を働かせる)知性
  • 回想
  • 記憶

“map” には以下の3つの意味があります。

  • 地図
  • 図解
  • 図表

mapと聞くと、「地図」のイメージを強く思い浮かべるかもしれませんが、「図表」「図解」などの意味もあるのです。

キーワードから「回想」したもの、「記憶」にあるものを、わかりやすく「図解化」「図表化」するという意味で、この名前になったと考えられます。

「マインドマップ」の類義語

「マインドマップ」には以下のような類義語があります。

  • マインドマッピング

「マインドマップ」は、「マインドマッピング」と呼ばれることもあります。

また、「マインドマップ」を行うためのソフトなどを「マインドマッピングツール」と言うことがあります。

まとめ

以上、この記事では「マインドマップ」について解説しました。

英語表記マインドマップ(mind map)
意味中心となるキーワードから放射線状にイメージを繋げていく思考の表現方法
提唱者イギリスの著述家トニー・ブザン
語源英単語 “mind map”
類義語マインドマッピング

「マインドマップ」は、考えを整理するのに非常に役に立ちます。意味だけでなく、方法も覚えておけるといいでしょう。