「mgr」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

mgrとは「マネージャー」という意味です。

ビジネスメールなどで、「mgr」という文字を見かけたことがある人も多いのではないでしょうか?

アルファベット3文字に省略した言葉はたくさんあるので、意味を覚えるのが大変ですよね。

この記事では、「mgr」の意味や使い方をわかりやすく解説します。

「mgr」の意味

mgr

マネージャー

mgrは英単語 “manager” の略語※で、ビジネス場面でよく使われます。

managerは日本語で「マネージャー」と訳します。

日本語の「マネージャー」には以下のような意味があります。

「マネージャー」の意味
  • 学校の部活動で準備などをする人
  • 芸能人のマネジメントをする人
  • プロボクシングにおいて選手のマネジメントをする人
  • 企業においての役職
略語とは?

略語とは、ある語を省略した語のことです。

たとえば、「バイト」は「アルバイト」の略語です。

英語「manager」の意味

managerは、チームメンバーの管理をする人の役職名です。

日本の企業でたとえると、「部長」「係長」「課長」などの役職名に当てはまります。

日本ではこちらのほうが主流なので、「マネージャー」という役職名の認知度はまだあまり高くありません。

しかし、現在は日本でも、海外への企業進出や、英語を社内の公用語とする企業の増加などによって、「mgr」が広まりつつあります。

「manager」の種類

managerにはさまざまな種類があります。

「manager」の種類
  • sub manager
    サブ・マネージャー
    (課長と部長の間の役職)
  • general manager
    ジェネラル(ゼネラル)・マネージャー
    (部長)
  • shop manager
    ショップ・マネージャー
    (店長)
  • team manager
    チーム・マネージャー
    (チームの管理職)
  • safety manager
    セーフティ・マネージャー
    (安全管理者)

上記の中で、よく使われるのはsub managerで、「smgr」と略します。

「mgr」の使い方

mgrは、主にビジネス場面で使います。

「mgr」は小文字ですが、「MGR」「Mgr」と表記することもあり、特に使い方に違いはありません。

mgrは、以下のような場面で使われます。

「mgr」が使われる場面
  • 社内でのメール
  • 親しい取引先へのメール
  • スケジュール表
  • 会議の資料
  • 会社の組織図
フォーマルな場面ではやや不適切

「mgr」は略語なので、正式な文書などで使うことは避けましょう。

人の名前とmgrを一緒に使う場合、「佐藤 mgr」など、名前の後ろに「mgr」をつけるのが一般的です

「mgr佐藤」などと、名前の前に「mgr」をつけることはあまりしません。

「mgr」の例文

「mgr」を使った例文には、下記のようなものがあります。

「mgr」の例文
  1. (社内のメールで)新mgrは田中さんです。
  2. (親しい取引先へのメールで)明日、佐藤mgrが伺います。
  3. (スケジュール表に)15:00〜mgr会議

「mgr」の由来

mgrは、英単語のmanagerを省略したものです。

mgrが生まれた理由

mgrが生まれた理由は、英単語 “manager” が主にビジネス場面でよく使われるためです

限られた時間の中で最大限の結果が求められるビジネス場面では、より簡潔な表現が求められます。

mgrはmanagerよりも、パソコンなどで入力する時間が少ないので、時間を短縮することができます。

そのため、mgrはmanagerの略語として、英語を使う企業で使われるようになりました。

「mng」ではなく「mgr」と略す理由

略語を作るときの基本規則では、中間の母音、m、nを落とします。

そのため、managerはmgrと略します。

役職名の略語

役職名の略語には下記のようなものがあります。

役職名の略語
  • CEO
    Chief Executive Officer
    (最高経営責任者)
  • CFO
    Chief Financial Officer
    (最高財務責任者)
  • COO
    Chief Operating Office
    (最高執行責任者)
  • CIO
    Chief Information Officer
    (情報システム関連の責任者)
  • CTO
    Chief Technology Officer
    (技術関連の責任者)
  • CKO
    Chief Knowledge Officer
    (ナレッジ活用の責任者)
  • CSO
    Chief Safety Officer
    (最高安全責任者)
  • CRO
    Chief Risk Officer
    (最高リスク管理責任者)
  • CPO
    Chief Project Officer
    (最高計画責任者)
  • CQO
    Chief Quality Officer
    (最高品質責任者)
  • CPO
    Chief Privacy Officer
    (最高個人情報保護責任者)
  • CSO
    Chief Strategy Officer
    (最高戦略責任者)

ビジネス場面で使う略語

ビジネス場面で使う略語には下記のようなものがあります。

ビジネス場面で使う略語
  • PJT:project
    プロジェクト。事業
  • MTG:Meeting
    会議。打ち合わせ
  • NR:No Return
    直帰
  • GS:Go Straight
    直行
  • TW:Tell Work
    在宅勤務
  • dpt:department
    部署
  • KPI:Key Performance Indicators
    重要業績評価指標
  • KGI:Key Goal Indicator
    重要目標達成指標
  • OKR:Objective and Key Result
    目標とその結果
略語「NR」の意味は英語訳と異なる

No Returnの略語「NR」は「直帰」という意味ですが、英語訳では「返品不可」という意味なので、混同しないように注意しましょう。

補足:よくある略語

一般的によく使う略語には下記のようなものがあります。

よくある略語
  • FAQ:Frequently Asked Questions
    よくある質問
  • FYI:For your information
    ご参考までに
  • PLS:please
    お願いします
  • YW:You are welcome
    どういたしまして

「mgr」のまとめ

以上、この記事では「mgr」について解説しました。

読み方mgr
意味マネージャー
由来英単語 “manager” を省略したもの

mgrという言葉を使えば、海外の企業で働いているように感じられて、いつもと違った雰囲気を味わえるかもしれませんね。

ABOUT US

間山智賀
間山智賀
自称、誤字キラー。 Web記事でも誤字脱字を見逃しません。言葉が大好きです。 大学では言葉遊びについて研究していました。マイブームは日本語ラップを聴くこと。