慣用句「目をつぶる」の意味とは?「目をつむる」との違いまで解説

言葉

「目をつぶる」には、「目を閉じること」「ミスを特別に許してあげること」「死ぬこと」という意味があります

シンプルな言葉ではあるものの、比喩的な慣用句としての意味もあるため、正しい使い方に自信がないという方が多いのではないでしょうか?

この記事では、「目をつぶる」の複数の意味や、それぞれの使い方、類義語などについて詳しく解説します。

「目をつぶる」の意味

をつぶる

  1. 目を閉じること
    例:パソコンの画面を何時間も見続けて疲れたので、目をつぶって休憩した。
  2. ミスを特別に許してあげること
    例:今回の遅刻には目をつぶるが、次回から気をつけなさい。
  3. 死ぬこと
    例:彼は、最期の言葉を伝えて目をつぶった

「目をつぶる」は、単純に目を閉じるという意味だけでなく、比喩として「相手のミスを見逃してあげる」「永眠する」といった意味もあるのです。

「片目をつぶる」は異なる意味

「目をつぶる」と「片目をつぶる」は全く異なる言葉ですから、気をつけましょう。

「片目をつぶる」は単に、「片方の目を閉じること」という意味のみを表します。つまり、ウインクすることを指しています。

「目をつぶる」の他の表記

「目をつぶる」は、「つぶる」を漢字で表記して「目を瞑る」と表記することもあります。

ただし、「瞑」という字が常用漢字(※)ではないため、ひらがなで「つぶる」と書くことのほうが多いです。

(※)常用漢字とは

常用漢字とは、国が制定した、社会生活での漢字使用の目安のことです。

公的な文書では、常用漢字の範囲内で漢字を使います。

「目をつぶる」と「目をつむる」の違いは?

「瞑る」には、「つぶる」「つむる」の二通りの読み方があります。

そのため、「目をつぶる」を「目をつむる」と表すこともできます。

しかし、一般的には、以下のように使い分けられています。

主な意味比喩的な意味
目をつぶる目を閉じる
  • 死ぬ
  • 相手のミスを見過ごしてあげる
目をつむる

つまり、比喩的な意味を表したいときには、「目を“つぶる”」のほうを使う人が多いのです。

ただし、この使い分けには明確な決まりがないため、比喩的な用法で「目を“つむる”」を使っても問題はありません。

「目をつぶる」の使い方


「目をつぶる」のそれぞれの意味に分けて、例文を紹介します。

「目をつぶる」の意味
  • 目を閉じること
  • ミスを特別に許してあげること
  • 死ぬこと

1つずつ見ていきましょう。

使い方①目を閉じること

「目を閉じること」という意味での「目をつぶる」は、以下のように使うことができます。

  1. パソコンの画面を何時間も見続けて疲れたので、目をつぶって休憩した。
  2. 私は目をつぶり、彼女と初めて会った日のことを思い返した。
  3. なかなか眠れなくても、横になって目をつぶるだけでも疲れが取れます。
  4. 彼はいつも、写真を撮るときに目をつぶってしまう。

使い方②ミスを特別に許してあげること

「ミスを特別に許してあげること」という意味での「目をつぶる」は、以下のように使うことができます。

  1. 今回の遅刻には目をつぶるが、次回から気をつけなさい。
  2. この資料は改善の余地が多いものの、初めての仕事にしてはよく頑張っているので、目をつぶってあげよう。
  3. 今回の汚職事件は、長年の会社の体質に目をつぶってきた役員たちにも責任がある。
  4. 私の学校はお菓子の持ち込みが禁止されているが、今日はバレンタインデーなので、チョコレートの交換をしても、先生たちは目をつぶってくれた

使い方③死ぬこと

「死ぬこと」という意味での「目をつぶる」は、以下のように使うことができます。

  1. 彼は、最期の言葉を伝えて目をつぶった
  2. 私は、主人公が仲間に見守られながら目をつぶるシーンを観て号泣してしまった。
  3. 人生に後悔を残しながら目をつぶるのは嫌だ。
  4. 目をつぶる瞬間まで、精一杯生きていきたい。

「目をつぶる」の類義語

「目をつぶる」のそれぞれの意味に分けて、類義語を紹介します。

「目をつぶる」の意味
  • 目を閉じること
  • ミスを特別に許してあげること
  • 死ぬこと

1つずつ見ていきましょう。

類義語①目を閉じること

「目を閉じること」という意味の類義語には、以下のようなものがあります。

  • 瞼(まぶた)を閉じる
  • 目(まなこ)を閉じる
  • 瞑する(めいする)
  • 目を覆う(おおう)
  • 目をふさぐ
  • 目隠しする
  • 瞑目(めいもく)する

類義語②ミスを特別に許してあげること

「ミスを特別に許してあげること」という意味の類義語には、以下のようなものがあります。

  • 大目(おおめ)に見る
    相手のミスなどを厳しく責めずに、寛大に扱う
  • 目こぼしする
    相手のミスなどをあえて見逃してあげること
  • 咎めない(とがめない)
    責めない
  • 許す
    認める
  • 見て見ぬ振りをする
    気がついていながらも、気づいていない振りをする
  • 見逃す
    気がついていながらも、気づいていない振りをする
  • 看過(かんか)する
    見過ごすこと
  • 黙認(もくにん)する
    暗黙のうちに許すこと
  • 不問(ふもん)にする
    問題として取り上げないこと
  • 容認する
    認めること
  • 容赦する
    認めて許すこと
  • 目を背ける
    直面すべき物事と向き合わないこと
  • 無視する
    あるものを存在しないかのように扱うこと
  • 堪忍(かんにん)する
    感情を我慢すること
  • 隠忍(いんにん)する
    怒りなどをこらえること

類義語③死ぬこと

「死ぬこと」という意味の類義語には、以下のようなものがあります。

  • 瞑する(めいする)
  • 息絶える
  • 亡くなる
  • 息を引き取る

「目をつぶる」の対義語


「目をつぶる」のそれぞれの意味に分けて、対義語を紹介します。

「目をつぶる」の意味
  • 目を閉じること
  • ミスを特別に許してあげること
  • 死ぬこと

1つずつ見ていきましょう。

対義語①目を閉じること

「目を閉じること」という意味の対義語には、以下のようなものがあります。

  • 目を開く
  • 目を開ける
  • 目を見開く

対義語②ミスを特別に許してあげること

「ミスを特別に許してあげること」という意味の対義語には、以下のようなものがあります。

  • 注意する
  • 叱る
  • 指導する

対義語③死ぬこと

「死ぬこと」という意味の対義語には、以下のようなものがあります。

  • 生きる
  • 生き返る
  • 生き延びる
  • 復活する

「目をつぶる」の英語訳


「目をつぶる」のそれぞれの意味に分けて、英語訳を紹介します。

「目をつぶる」の意味
  • 目を閉じること
  • ミスを特別に許してあげること
  • 死ぬこと

1つずつ見ていきましょう。

英語訳①目を閉じること

「目を閉じること」という意味の英語訳には、以下のようなものがあります。

  • close eyes
    (目を閉じる)
    例:Close your eyes, please.
    (目を閉じてください。)

英語訳②ミスを特別に許してあげること

「ミスを特別に許してあげること」という意味の英語訳には、以下のようなものがあります。

  • overlook
    (相手のミスなどを見過ごしてあげて、良しとすること)
    例:Mr.Burgess overlooked my mistake.
    (バージェス先生は私のミスを見逃してくれた。)
  • let it go
    (過ぎたことを責めたり、気にしたりしない)
    例:Could you let it go this time?
    (今回だけは大目に見てくれませんか?)

英語訳③死ぬこと

「死ぬこと」という意味の英語訳には、以下のようなものがあります。

  • die
    (死ぬこと)
    例:He died in an accident.
    (彼は事故で死んでしまいました。)
  • pass away
    (亡くなる)
    例:When did your grandfather pass away?
    (あなたのおじいさんはいつお亡くなりになったのですか。)

「目をつぶる」のまとめ

以上、この記事では「目をつぶる」について解説しました。

読み方目(め)をつぶる
意味①目を閉じること
②ミスを特別に許してあげること
③死ぬこと
類義語瞼を閉じる
大目に見る
瞑する など
対義語目を開く
注意する
生きる など
英語訳close eyes
(目を閉じる)
overlook
(相手のミスなどを見過ごしてあげて、良しとすること)
close eyes
(目を閉じる) など

「目をつぶる」は意味が複数あるうえに、使う場面も幅広いです。

生活のなかで「目をつぶる」を正しく使いこなしましょう。

ABOUT US

スッキリ編集部
スッキリ編集部
「言葉のギモンをスッキリ解決」をテーマに、難しい言葉の意味や使い方をわかりやすく解説します。