ことわざ「目は口ほどにものを言う」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「目は口ほどにものを言う」です。

言葉の意味・例文・由来・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「目は口ほどにものを言う」の意味をスッキリ理解!

目は口ほどにものを言う:目は、言葉で話すのと同じように、相手に気持ちが伝わるということ

「目は口ほどにものを言う」の意味を詳しく

「目は口ほどにものを言う」は、情のこもった目つきは、言葉で説明するのと同等に相手に気持ちを伝えるという意味です。

 

辞書によると、「目」には「目のあたりの様子や雰囲気」という意味があります。

また、「物を言う」には「言葉をしゃべる」という意味に加え、「役に立つ」という意味があります。

つまり「目は口ほどにものを言う」は、目元から醸し出る雰囲気は言葉を話すのと同等の役割を果たす、ということを表します。

 

なお、「目は口程にものを言う」と書くのではなく、「目は口ほどにものを言う」と書くのが正解ですので注意しましょう。

スポンサードリンク

「目は口ほどにものを言う」の例文

  1. 「彼女は黙っていたけれど、心の変化が見て取れた。目は口ほどにものを言うからね。」

「目は口ほどにものを言う」の由来

人間の喜怒哀楽が最も表れるのが目だと言われています。

このことから、たとえ言葉を話さなくても目を見れば相手の感情がわかる、という意味で「目は口ほどにものを言う」ということわざが生まれました。

スポンサードリンク

「目は口ほどにものを言う」の類義語

「目は口ほどにものを言う」には以下のような類義語があります。

  • 目は心の鏡
  • 成るか成らぬか目元で知れ
  • 目が物を言う

「目は心の鏡」は、「孟子(もうし)(※1)」の言葉です。こころが清く正しい人は、瞳も澄んでいるという意味があります。

  • 孟子(※1):現代の中国の儒学者の一人で、孔子(こうし)に次いで有名な人物

「目は口ほどにものを言う」の英語訳

「目は口ほどにものを言う」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • The eyes have one (or a) language everywhere.
    (目は万国共通の言葉)
  • The eyes are as eloquent as the tongue.
    (目は舌ほどによくしゃべる)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「目は口ほどにものを言う」について解説しました。

読み方 目は口ほどにものを言う
意味 目は、言葉で話すのと同じように、相手に気持ちを伝えるということ
由来 人の喜怒哀楽が最も表れるのが目だということから
類義語 目は心の鏡、成るか成らぬか目元で知れ、目が物を言うなど
英語訳 The eyes have one (or a) language everywhere.(目は万国共通の言葉)

相手がどういう人なのか知りたい時などに、「目を見ればわかる」などと言うことがあります。

「目は口ほどに物を言」いますから、たとえ言葉で取り繕っても、ごまかせないということですね。

スポンサードリンク