漫才とコントの6つの違いとは?知ればお笑いがもっと楽しくなる!

違いのギモン

漫才とコントの最大の違いは、「漫才は会話であり、コントは寸劇である」という点です。

この他にも、人数や服装、道具など様々な違いがあります。

 

お笑い番組などを見ていて、「これは漫才だろうか?コントだろうか?」と疑問に思うことはありませんか。

もちろん、定義を詳しく知らなくても、内容が面白ければ十分にお笑いを楽しむことができます。

しかし、両者の違いを知ると、ネタをより楽しむことができるかもしれません。

そこで、この記事では、漫才とコントの8つの違いについて詳しく解説します。

☆「漫才」「コント」の違いをざっくり言うと……

漫才コント
形式本人どうしの会話架空の設定にもとづいた寸劇
人数2人以上1人以上
服装自由演じるキャラクターに合わせた服装
道具センターマイク世界観を演出する小道具・セット
始め方自己紹介やあいさつセリフ
終わり方決め台詞+あいさつ舞台の暗転
時間比較的短い比較的長い
語源「萬歳」からの派生語フランス語の “conte”

【結論】「漫才」と「コント」の8つの違い

漫才とコントには以下のような8つの違いがあります。

漫才コント
形式本人どうしの会話架空の設定にもとづいた寸劇
人数2人以上1人以上
服装自由演じるキャラクターに合わせた服装
道具センターマイク世界観を演出する小道具・セット
始め方自己紹介やあいさつセリフ
終わり方決め台詞+あいさつ舞台の暗転
時間比較的短い比較的長い
語源「萬歳」からの派生語フランス語の “conte”

これから、それぞれの違いについて詳しく見ていきます。

【1】形式の違い

漫才とコントの1つ目の違いは、形式です。

  • 漫才
    本人どうしの会話
  • コント
    架空の設定にもとづいた寸劇

それぞれ詳しく見ていきましょう。

漫才の形式

漫才では、舞台上にいる人どうしが、あくまでも本人として会話をします。

ボケの役割がAさん、ツッコミの役割がBさんだとすると、2人は他の人格を演じるのではなく、あくまでも「AさんとBさんの会話のみ」で笑いをとるのです。

しかし、「“会話” という形式が成り立っているかどうか」という点は、お笑い芸人のスタイルによって少しずつ異なります。

たとえば「ナイツ」は、ボケの塙さんとツッコミの土屋さんから成る漫才コンビですが、塙さんは土屋さんではなく、お客さんに向けて話しかけていることが多いです。

コントの形式

コントでは、舞台に上がった人たちが、自分ではないキャラクターを演じ、架空のストーリーを演じます。

「本人ではなく、別の人格になりきって笑いをとる」という点が大きな特徴です。

たとえば、お笑いコンビ「中川家」のこちらのネタでは、2人が「おばちゃん」を演じています。

つまり、コントは、キャラクターどうしの会話内容だけでなく、物語そのものの奇抜さや、衣装の面白さなどでも笑いをとります。

【2】人数の違い


漫才とコントの2つ目の違いは、人数です。

  • 漫才
    2人以上
  • コント
    1人以上

それぞれ詳しく見ていきましょう。

漫才の人数

漫才は、2人以上で行います。

2人組(=コンビ)で行うことがほとんどです。

しかし、3人組(=トリオ)で漫才を行う人たちもいます。

3人組で漫才をする芸人の例として、「四千頭身」が挙げられます。

1人では漫才といえない

1人で話す芸は、会話や掛け合いができないため、漫才とはいいません。

ちなみに、1人でしゃべり、笑いをとる方法は「漫談」といいます。

コントの人数

コントは、1人以上で行います。

実際には、2人組(=コンビ)や3人組(=トリオ)で行うことが多いです。

しかし、1人であっても、架空のキャラクターと設定を演じさえすれば「コント」ということができます。

たとえば、ゆりやんレトリィバァさんは1人で活動する「ピン芸人」ですが、披露するネタは1つの設定で役を演じるものであるため、コントに分類されます。

大人数のコントは「喜劇」と呼ぶ

大人数でコントをする場合は、「コント」よりも「喜劇」と呼ぶほうが自然です。

【3】服装の違い


漫才とコントの3つ目の違いは、服装です。

  • 漫才
    自由
  • コント
    演じるキャラクターに合わせた服装

それぞれ詳しく見ていきましょう。

漫才の服装

漫才の服装は自由です。

傾向として、スーツで漫才をする芸人が多いです。

しかし、お笑いコンビ「EXIT」など、カジュアルな服装で漫才をする芸人もいます。

コントの服装

コントは架空の物語を演じる形式であるため、演じるキャラクターに合わせた服装で行います。

したがって、コントを専門とする芸人は、ネタの内容や設定によって服装が変わります。

【4】道具の違い

漫才とコントの4つ目の違いは、道具です。

  • 漫才
    センターマイクを使う
  • コント
    世界観を演出する小道具・セットを使う

それぞれ詳しく見ていきましょう。

漫才の道具

漫才で使う道具は、基本的にセンターマイクのみです。

センターマイクとは、ボケの人と、ツッコミの人の間に立っている長いマイクのことです。

3人組で漫才を行う場合は、3人のちょうど中央に置かれます。

↑センターマイク

漫才は、芸人どうしの会話を披露するシンプルなものであるため、小道具などは使わないのが一般的です。

コントの道具

コントでは、世界観を演出する小道具やセットを使います。

また、役柄によっては、化粧をしたり、かつらをかぶったりすることもあります。

コントは照明や音楽にこだわることもある

コントは物語の雰囲気を伝えるため、道具だけではなく、照明や音楽を工夫する場合もあります。

  • 照明
    場面の移り変わりに合わせて、色や明るさを変える
  • 音楽
    場面を面白くしたり、状況が伝わりやすくするためにBGMをかける

【5】始め方の違い


漫才とコントの5つ目の違いは、始め方です。

  • 漫才
    自己紹介やあいさつ
  • コント
    セリフ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

漫才の始め方

漫才は、自己紹介やあいさつから始まります。

「どうも、〇〇(名前)です。よろしくお願いします。」などと始めるのが一般的です。

なお、このときに、あえて違う名前を名乗るなど、最初のあいさつから早速笑えるポイントを入れる漫才もあります。

コントの始め方

コントは架空の劇を展開するため、あいさつはなく、セリフからスタートします。

ただし、最初のセリフの前に「コント、〇〇!」とタイトル名を叫ぶスタイルもあります。

なお、最初のセリフは、「どのような設定なのか」がわかるように工夫されていることが多いです。

たとえば、お笑いトリオ「ロバート」のコントの多くでは、ツッコミを担当する山本さんが、冒頭に「この場所にくれば、〇〇ができると聞いたけれど…」などと、状況がわかるセリフを言っています。

【6】終わり方の違い


漫才とコントの6つ目の違いは、終わり方です。

  • 漫才
    決め台詞+あいさつ
  • コント
    舞台の暗転

それぞれ詳しく見ていきましょう。

漫才の終わり方

漫才では、ツッコミの人がボケの人に最後のツッコミをしたあと、観客にあいさつをして終了することが多いです。

具体的には、以下のような終わり方が一般的です。

  • もうええわ!ありがとうございました。
  • やめさせてもらうわ!(お辞儀)
  • もういいよ!ありがとうございました。

最後のツッコミとなる決め台詞は、お笑い芸人のスタイルによって少しずつ異なります。

関西のお笑い芸人は「もうええわ!」を使うことが多いです。

ちなみに、宮城県出身のコンビ「サンドイッチマン」は、ツッコミの伊達さんが「もういいぜ!」と言い、2人であいさつをして漫才を終了しています。

コントの終わり方

コントは、舞台が暗転して終了することが多いです。

暗転とは、舞台の照明が落ちて暗くなることです。

コントは漫才とは異なり、最後に観客にあいさつをすることはありません。

【7】時間の違い


漫才とコントの7つ目の違いは、時間です。

  • 漫才
    比較的短い
  • コント
    比較的長い

それぞれ詳しく見ていきましょう。

漫才の違い

漫才の時間は比較的短いです。

4〜5分前後が一般的な長さです。

たとえば、「M-1グランプリ」という漫才の大会では、4分が制限時間となっています。

しかし、番組やイベントの趣旨によっては、15〜20分ほどの長い漫才もあるため、漫才の時間が必ず短いとは限りません。

コントの時間

コントの時間は比較的長いです。

目安として、10分前後が一般的な長さといえます。

しかし、「キングオブコント」というコントの大会では、ネタの制限時間が5分(予選では2分)となっているため、コントの時間は必ずしも長いわけではありません。

また、数十秒で終わるような「ショートコント」もあります。

【8】語源の違い

漫才とコントの8つ目の違いは、語源です。

  • 漫才
    「萬歳」からの派生語
  • コント
    フランス語の “conte”

それぞれ詳しく見ていきましょう。

漫才の語源

漫才は、1933年ごろ、「萬歳」という言葉から派生して生まれました

平安時代から、2人の掛け合いで楽しませる「萬歳」という芸がありました。

その後、昭和になり、「エンタツ・アチャコ」というコンビが、「萬歳」を新しくアレンジした形式を確立します。

↑エンタツ・アチャコ
[出典:JIJI.COM]

そして、エンタツ・アチャコの所属事務所の吉本興業が、「漫才」と名付けたのです。

より詳細な流れをまとめると、以下のようになります。

  1. 平安時代
    「2人組が、面白い掛け合いで観客を楽しませる」という文化がすでに存在
  2. 江戸時代
    尾張萬歳(おわり まんざい)という人物が、扇子を持ち、2人組の掛け合いで笑いをとる芸を確立
    ※「才蔵」という役割の人の鼓に合わせて、「太夫」という役割の人が新春の祝いや滑稽な言葉を言うというスタイル
    →芸そのものが「萬歳」と呼ばれるように
  3. 昭和
    明治時代、「萬歳」の内容をアレンジ・簡略化した芸が「万才」「音曲万才」などと呼ばれるようになる
    →1905年〜、吉本興業の「エンタツ・アチャコ」というコンビが現在の漫才と同じスタイル(※)を確立し、大人気に
    ※スーツ姿、現代的な言葉づかいなど
    →1933年ごろ、吉本興業の社長・橋本鐵彦氏が、エンタツアチャコの新しい芸を「漫才」と名付けた

コントの語源

コントは、戦後、フランス語の “conte” から生まれた言葉です。

“conte” には、以下のような意味があります。

conte

  1. 短い物語
  2. 短編小説
  3. 寸劇
  4. 童話

戦後、ショーなどの幕間に、役者が短い芝居を演じる文化がうまれました。

次第に「寸劇」という意味で「コント」というカタカナ語が定着していきました。

補足:コント漫才とは

コント漫才とは、「漫才の途中に、コントの場面をはさむ」というスタイルの芸です。

コント漫才では、会話の途中で「自分が〇〇の役をするから、君は〇〇の役をやって」などと言うものが多いです。

コント漫才の例
A
プロポーズって憧れるよね。
B
そうだね。
A
プロポーズの練習をしておこうよ。俺が彼女役をやるから、お前は彼氏役ね。
B
いいよ!
A
(彼女になりきって)今日は付き合って10年目の記念日だね!
B
(彼氏になりきって)そうだな〜、もうそんなに経つのか。


コント漫才では、「リアルな会話の内容で笑わせる」という漫才のメリットと、「架空の設定やキャラクターで笑わせる」というコントのメリットの両方があるため、楽しさがより大きくなります。

そのため、コント漫才を披露する芸人は多いです。

しかし、芸人や観客によっては、「漫才とコントのどちらかに潔く取り組んだほうがいい」と考え、コント漫才を嫌う人もいます。

コント漫才の歴史

コント漫才は、2009年の「M-1グランプリ」を機に多くなっていったといわれています。

この年の「M-1グランプリ」では、お笑いコンビのサンドイッチマンが、会話のなかで、ピザ屋でのやり取りを挟んだコント漫才を披露し、優勝したからです。

しかし、昭和のころから、「横山やすし・西川きよし」などがコント漫才のネタをもっていました。

そのため、コント漫才は最近生まれたものではなく、昔から存在するスタイルなのです。

コント漫才は漫才?コント?

コント漫才は、漫才の一種として分類されるのが一般的です。

芸の始まりと終わりの挨拶は漫才のスタイルであり、あくまでも漫才という枠組みの一部にコントがあるからです。

「漫才」と「コント」の違いのまとめ

以上、この記事では、漫才とコントの8つの違いについて解説しました。

漫才コント
形式本人どうしの会話架空の設定にもとづいた寸劇
人数2人以上1人以上
服装自由演じるキャラクターに合わせた服装
道具センターマイク世界観を演出する小道具・セット
始め方自己紹介やあいさつセリフ
終わり方決め台詞+あいさつ舞台の暗転
時間比較的短い比較的長い
語源「萬歳」からの派生語フランス語の “conte”

漫才とコントの違いをふまえて、お笑い番組などを楽しみましょう。

ABOUT US

Chinatsu
Chinatsu
新卒2年目でWebライター3年目。 学生時代からWebライターの仕事を始め、多くの記事を執筆・編集してきました。 丁寧な解説に定評があります。