知らなかった!「メジャーリーグ」と「マイナーリーグ」の違いを解説

違いのギモン

北アメリカのプロ野球は、メジャーリーグとマイナーリーグの2つのリーグが存在します。

そこで、メジャーリーグとマイナーリーグの説明と違いについて紹介します。

スポンサードリンク

メジャーリーグとマイナーリーグの説明


メジャーリーグとは、世界最高峰のプロ野球リーグでアメリカンリーグとナショナルリーグの2つで構成されています。

マイナーリーグとは、メジャーリーグの傘下のリーグで7つの階層(AAA~ルーキーリーグ)で構成されています。

メジャーリーグとマイナーリーグの7つの違い

①平均年俸

  • メジャーリーグ:4億5000万
  • マイナーリーグ:350万

※2017年シーズン終了時

選手の平均年俸は、メジャーリーグとマイナーリーグで150倍の差があります。

また、メジャーリーグの年俸は年々増加傾向にあります。2017年シーズンのメジャーリーグ最高年俸は、ドジャースのクレイトン・カーショウ選手の40億7000万円でした。

一方、マイナーリーガーはメジャー契約を目指してプレーします。しかし、最近では高年俸を求めて日本やメキシコなどのリーグに移籍する選手が増えてきています。

②給与システム

  • メジャーリーグ:年俸制
  • マイナーリーグ:シーズン制

メジャーリーグは、年俸制で1年間で月ごとに給料が支給されます。

一方、マイナーリーグはシーズン制でシーズン中(6ヶ月間)のみ給料が支給されます。そのため、多くのマイナーリーガーはシーズンが終了すると同時にアルバイトをして生計を立てます。もちろん、次のシーズンに向けてのトレーニングも並行して行います。

③チーム数

  • メジャーリーグ:30チーム
  • マイナーリーグ:240チーム

メジャーリーグはアメリカンリーグ14チーム、ナショナルリーグ16チームの計30チームで構成されており、この30チームでワールドチャンピオンを争います。

一方、マイナーリーグは7階層で構成されています。そのため、240チームとチーム数がメジャーリーグの8倍存在します。

また、マイナーリーグのチームはメジャーリーグの傘下の組織として存在しているので、Jリーグのようにチーム自体が昇格、降格することはありません。

④契約人数

  • メジャーリーグ:40名
  • マイナーリーグ:約35名

※1チームあたりの人数

1チームの契約人数はマイナーリーグの方がメジャーリーグに比べてわずかに少ないです。

ただし、マイナーリーグはチーム数が多いためメジャー契約を結ぶことができるのは一握りです。

⑤移動手段、宿舎

  • メジャーリーグ:専用チャーター機、特急ホテル
  • マイナーリーグ:バス、モーテル

                    ※マイナーリーグのAAAは飛行機の場合あり

メジャーリーグでは、移動の際に球団が所有するチャーター機を利用します。宿舎に関しては特急ホテルを利用します。

マイナーリーグでは、移動の際にバスを利用します。移動時間は7~8時間に及ぶこともあります。宿舎に関しては、モーテルを利用します。

⑥観戦チケット

  • メジャーリーグ:80ドル~175ドル
  • マイナーリーグ:10ドル~20ドル

                                ※ゲームにより変動

メジャーリーグの観戦チケットの価格はマイナーリーグの約10倍です。シーズン終盤やポストシーズンになると高騰することがあります。

⑦年間観客動員数

  • メジャーリーグ:約200万人
  • マイナーリーグ:約20万人

※2017年シーズン

メジャーリーグの年間観客動員数はマイナーリーグの約10倍です。

また、チームによって人気度や試合数が違うため差が大きいです。2017年シーズンで一番観客を動員した球団はニューヨークヤンキースの4271,867人でした。

そして、マイナーリーグの最下層であるルーキーリーグでは年間20,000人程度の球団もあり、格差が大きいのも現状です。

スポンサードリンク

まとめ

メジャーリーグはマイナーリーグに比べて好待遇です。

しかし、チームが少なく契約人数が限られています。そのため、マイナーリーグからメジャーリーグに這い上がるまでは険しい道のりです。

また、観戦チケットに関してはメジャーリーグの方がマイナーリーグに比べて高値です。

以上、この記事ではメジャーリーグとマイナーリーグの違いについて解説しました。これからも、メジャーリーグとマイナーリーグ共に注目です。

スポンサードリンク