ネット用語「マジレス」の意味と使い方をわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、ネット用語の「マジレス」です。

言葉の意味・使い方・由来・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「マジレス」の意味をスッキリ理解!

マジレス:冗談で言った発言に対し、見当違いで真面目な返事を送ること

「マジレス」の意味を詳しく

「マジレス」とは、ふざけた発言や冗談に対する返答が、冗談であるということをふまえずに発せられた真面目な返事であるときに使われる言葉です。

インターネットの世界では、本気の発言か冗談か一見見分けのつかないような言葉が発信されることが多くあります。

そのようなタイプの発言は、たいていの場合は内輪であれば「ネタ」や「冗談」であると見分けがつきます。しかし、そうでない人にとっては、発言者が知識や良識を持っていないように見えてしまい、つい「それは間違っていますよ」「正しくは○○です」などといった真面目な返答をしてしまいます。

このとき、この返答を皮肉交じりに「マジレス」と表現するのです。

 

一方で、返信の際にあえて「マジレスすると」などと言った言葉を冒頭につけ、「冗談なのはわかっているけれど」というニュアンスを含める使用例も見られます。

11や完全に内輪での会話であればこの言葉は発生しません。しかし、SNSなどの普及で不特定多数の人間が相互にやりとりするようになり、このような「まるっきり見当違いで真面目な返事」という概念が生まれたのです。

スポンサードリンク

「マジレス」の使い方

  1. マジレスありがとうございます。ですが、これはあくまでも冗談ですよ。
  2. マジレスすると、「1+1」の答えは「2」だと思う。

①の例文では、相手の「マジレス」に対し、「そんなことはわかってて、冗談で間違ったことを言っているのだ」というニュアンスを伝えます。なんとなく皮肉を感じさせ、お互いが気まずい思いをしてしまう瞬間です。

②の例文では、「あえて真面目なことを書きますよ」という意味で「マジレスすると」という前置きが使われています。冗談だとわかったうえで、その人にとってどうしても指摘したい事実があるという印象を与えます。

どちらの例文においても、「マジレス」という言葉はあまりいいイメージを与えません。一方で、あえて的外れな返事を茶化すことで、ある意味でその場の空気を和ませているとも言えるでしょう。

「マジレス」の由来

「マジレス」は「マジ」という言葉と「レス」という言葉が組み合わさってできた言葉です。

若者言葉である「マジ」は、真剣であること、真面目であることを指します。「レス」は英語の”response”(応答)から誕生し、「返信」のことを表します。

真剣であることや真面目なことは普通はポジティブなイメージを持ちます。しかし、そこから転じた「マジ」は必ずしもいい意味で使われるわけではありません。

特に、「マジレス」の「マジ」には、生真面目すぎる、お堅い印象がイメージされます。つまり、「マジレス」とは「生真面目な面白みのない返信」を表すのです。

スポンサードリンク

「マジレス」の英語訳

マジレスを英語に訳すと、次のような表現になります。

  • serious response
    (真面目な返事)
  • honestly
    (実際のところ)

“serious response”の”response”は、”reply”と言い換えることもできます。”response”だとより「レス」のニュアンスに近い表現となりますが、SNSの返信は”reply”と呼ばれることが多く、どちらも一長一短です。どちらのニュアンスを優先させたいかは、その人の好み次第となります。

“honestly”は、「マジレスすると」という前置きの代わりに使用できる言葉です。”honest”だけでは「マジレス」の意味はありません。

まとめ

以上、この記事では「マジレス」について解説しました。

読み方マジレス
意味冗談で言った発言に対し、見当違いで真面目な返事を送ること
由来若者言葉「マジ」と英語”response”(応答)
英語訳serious response(真面目な返事)

インターネット世界には、ネット初心者にとって見分けるのが難しい「内輪ノリ」がたくさん存在します。

「マジレス」で空気が冷めてしまい不快になる気持ちもわかりますが、「マジレス」という言葉を乱用することで相手を煽りすぎないように、気を遣っていけるといいですね。

スポンサードリンク