「ロハス」の意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ロハス」です。

「ロハス」の意味、使い方、語源、類義語、暮らしの特徴、批判についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「ロハス」とは?

ロハス(lohas):健康で持続可能な生活様式

「ロハス」の意味を詳しく

「ロハス」とは、健康と持続可能な社会を考える生活様式のことです。

「ロハス」とはライフスタイルの一種です。自分自身の健康のことを考えて生活を送り、自然環境を持続可能にする暮らし方として定義されます。

1990 年代の後半に、アメリカのコロラド州で唱えられ始めました。大量消費と大量生産による環境破壊への反省から、自然志向の生活を実践する動きとして始まりました。健康や環境問題に関心の高い人から支持されているライフスタイルです。

 

「ロハス」な暮らしを過ごす住宅では、省エネルギーを中心にデザインや素材が地球に優しいものになっています。エアコンや照明器具などの設備に頼ることなく快適な暮らしを実現します。

現在、「ロハス」を志向するアメリカ人は成人の 3 分の 1 程度いるそうです。そのうち、女性が 6 割を占めているとされています。

日本では、2004 年頃から、ライフスタイルを表現する言葉として注目されてきました。環境問題に配慮した地球に優しい製品や、健康を重視した有機栽培製品を好むライフスタイルとして流行しました。ちなみに、日本では「ロハス」を実行する人を「ロハスピープル」と呼びます。

スポンサードリンク

「ロハス」の使い方

「ロハス」を用いた例文を紹介します。

  1. ロハスは近年広がりを見せているライフスタイルの一つだ。
  2. ロハスな生活を心がけているため、無駄な消費はしたくない。
  3. 地球と共存することがロハスの本質だと思う。

「ロハス」の語源

「ロハス」は 5 つの英単語の頭文字をとった略語です。

Lifestyles Of Health And Sustainability
(健康と持続可能な社会に配慮したライフスタイル)
スポンサードリンク

「ロハス」の類義語

「ロハス」には以下のような類義語があります。

  • 健康的
  • 自然派生活
  • 長期的

「ロハス」な暮らしの特徴

上記では、「ロハス」の意味を説明しました。次に、「ロハス」を目指す人の生活を紹介します。「ロハス」な人がとる行動の特徴をいくつか挙げてみます。

  • 健康のためにスポーツをする
  • ヨガや瞑想を行う
  • 無農薬の有機栽培食品を選ぶ
  • エコロジーな商品を好み、エコカーに乗る

「ロハス」を意識する消費者は、多少値段の高い商品でも購入を決断する傾向があります。値段よりも、健康や環境に対する影響を重視しています。

ただし、「ロハス」は我慢や無理をしながら実践するものではありません。あくまでも、自分たちの幸せの向こうに、地球環境への貢献が存在していると考えられています。

スポンサードリンク

「ロハス」に対する批判

欧米で多くの人に支持されている「ロハス」ですが、批判的な意見もあります。

例えば、健康や環境にどれほど良い影響があるかという科学的な根拠がないという意見があります。企業は、商品が売れるために「ロハス」の概念を使っていることがほとんどであるため、本当に「ロハス」が実現できているか確証がないという批判があります。

消費者は、企業の戦略として「ロハス」が使用されることがあると忘れないでおきましょう。

まとめ

以上、この記事では「ロハス」について解説しました。

英語表記 ロハス(Lohas)
意味 健康と持続可能な社会を考える生活様式
語源 “Lifestyle Of Health And Sustainability” の略語
類義語 健康的、自然派生活など

「ロハス」の定義を知っている人は少なかったと思います。「ロハス」は、地球に優しいイメージを商品やビジネスに関連づけるために用いられています。アメリカやヨーロッパを中心として、「ロハス」を志向する消費者が増えています。今後も注目されそうです。

スポンサードリンク