どう使いわける?「居候」と「同居」と「同棲」の違い

違いのギモン

みなさんの中には一人暮らしをしている人もいれば、誰かと一緒に暮らしているという人もいると思います。

そして、誰かと一緒に住んでいることを表す言葉としては「居候(いそうろう)」や「同居」や「同棲(どうせい)」などがあると思います。

では、みなさんがしているのは「居候」でしょうか、「同居」でしょうか。それとも「同棲」でしょうか。

今回はそれについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

結論:立場や一緒に住んでいる人の属性が違う

まず、「居候」とは、一方がもう一方の家に転がりこみ、住まわせてもらっている状態のことを表しています。

次に、「同居」とは同じ家で家族が一緒に生活することです。

そして、「同棲」とは戸籍の上では他人同士のカップルが同じ家で一緒に住むことを表します。

「居候」をもっと詳しく

居候とは、一方がもう一方の家に転がりこみ、住まわせてもらっている状態のことを表しています。

同じ家に住んでいながら生活費を支払っていなかったり、家事など家のことを一切しなかったりした場合に居候と言われることが多いでしょう。

そして、家事をやっていても生活費を支払っていない場合は居候とみなされがちなので、居候かどうかの判断はお金の面でなされることが多いと言えるでしょう。

スポンサードリンク

「同居」をもっと詳しく

同居とは同じ家で家族が一緒に生活することです。

これは、親に限らず男女でも戸籍上正式に血縁関係にある者同士が一緒に住んでいることを表しています。

そして、同じ家に一緒に住んではいるが、相手のことに関心を示さない、お互い好き勝手できる関係でいる状態のことを指す場合もあります。

ちなみに、これに血縁の近さは関係なく、遠い血縁の人でも一緒に住んでいれば同居していると言うことができます。

「同棲」をもっと詳しく

同棲とは戸籍の上では他人同士のカップルが同じ家で一緒に住むことを表します。

そして、これは結婚が前提のカップルがすることが多いでしょう。

これは居候と違って、お互いにそれぞれの立場を尊重している関係です。

 

ちなみに、最近ではカップル当人たちが進んで同棲を始めたいという場合もあれば、当人たちの親が同棲を進めることも多いです。

そして、同棲をすれば結婚生活の苦労や相手の嫌なところなどがはっきりしてきます。そのため、親たちは同棲生活を通じて結婚そのものを考え直し、慎重になってもらうきっかけにしてほしいという思いから同棲をすすめることが多いでしょう。

ちなみに、2人の間に恋愛感情がない状態で一緒に住んでいる場合は、ルームシェアと言います。これは、学生などが友達と行うことが多いでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「居候」と「同居」と「同棲」の違いについて解説しました。

  • 居候:一方がもう一方の家に転がりこみ、住まわせてもらっている状態のこと
  • 同居:同じ家で家族が一緒に生活すること
  • 同棲:戸籍の上では他人同士のカップルが同じ家で一緒に住むこと

「居候」と「同居」と「同棲」はこのように違ったんですね。私たちもパートナーと一緒に住む際には、適切な住みかたを選んでいきたいですね。

スポンサードリンク