「リーサル」とは?意味や使い方をわかりやすく解説!

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「リーサル」です。

「リーサル」の意味・使い方・由来・類義語についてわかりやすく解説します。

「リーサル」の意味をスッキリ理解!

リーサル(lethal):①致命的な、致死的な ②決定的な

「リーサル」の意味を詳しく


「リーサル」とは、以下の2つの意味をもつ言葉です。

「リーサル」の意味
  1. 致命的な、致死的な
  2. 決定的な
この言葉は意味によってプラスのニュアンスでも、マイナスのニュアンスでも使われることがあります。ここでは、リーサルの意味を大きく二つに分け、順に解説していきます。

意味①:「致命的な、致死的な」

リーサルの一つ目の意味は「致死的な、致命的な」です。これは一般的に悪いニュアンスをもつ言葉として使われます。

使われる場面としては戦争や戦闘など、人と人が争う場面が挙げられます。またナイフや機関銃など、戦闘や戦争において使用される殺傷能力の高い武器を指して「リーサルウェポン」と呼びます。

 

また上記のリーサルウェポン以外にも、英語においては様々な慣用句的表現があることも特徴です。以下ではその例の一部を紹介します。

“lethal” が用いられる慣用句的表現
  • “a lethal dose” :薬を服用する際の致死量
  • “lethal ash” :死の灰
上記の2つ目の例である “lethal ash” の訳語である「死の灰」とは、核爆発によって生じた放射性下降物のことを指します。これを浴びることで造血器官や生殖器官に重大な影響を起こすため、この呼び名で呼ばれています。

意味②:「決定的な」

リーサルの二つ目の意味は「決定的な」です。これは良いニュアンスで使われることが多いです。

この意味で使われる場面としては、スポーツが挙げられます。サッカーや野球において得点が欲しい場面で得点を決め、勝利をより決定的にすることに対して使われます。

また、近年ではスマホのカードゲームでも、プレイングを間違えなければ勝利が決定的である場面、いわゆる「詰み」の状態になっていることを指してリーサルと呼びます。

 

上記のように、「勝利が決定的になった様子」を指してこの意味での「リーサル」は用いられます。

「リーサル」の使い方

  1. マシンガンはリーサルウェポンの一種だ。
  2. そのシュートはまさにリーサルシュートと呼んでいいほどに勝利を決定づけた。

上の例文のように、「リーサル」は致死的な状態を表す際、または勝利が決定づけられた際などに用いられます。

「リーサル」の由来

リーサルは “leth” と “al” を組み合わせた言葉です。それぞれの言葉の意味は以下の通りです。

リーサルの由来
  • leth:死
  • al:「~という性質がある」ことを示す形容詞語尾

「リーサル」の類義語

リーサルには以下のような類義語があります。

  • デッドリー:致命的な、致死の
  • モータル:死ぬべき運命の
  • フェイタル:致命的な、運命の

「リーサル」と「デッドリー」の違い

デッドリーは英語で “deadly” と表記され、英語がカタカナ語となった言葉です。

「リーサル」と「デッドリー」の違いは以下の通りです。

  • リーサル:死を目的として作られたものに対して使われる
  • デッドリー:目的が死ではないものの、死に至る可能性があったものに対して使われる

「リーサル」と「モータル」の違い

モータルは英語で “mortal” と表記され、英語がカタカナ語となった言葉です。

「リーサル」と「モータル」の違いは以下の通りです。

  • リーサル:相手を殺すためのものに対して使われる
  • モータル:「もう長くは生きられない」という状態を指す

「リーサル」と「フェイタル」の違い

フェイタルは英語で “fatal” と表記され、英語がカタカナ語となった言葉です。

「リーサル」と「フェイタル」の違いは以下の通りです。

  • リーサル:相手を殺すものに対して使われる
  • フェイタル:死に至る確率が高い、発生したことに対して主に使われる

まとめ

以上、この記事では「リーサル」について解説しました。

英語表記リーサル(lethal)
意味①致命的な、致死的な②決定的な
由来“leth” と “al” を組み合わせたもの
類義語デッドリー、モータルなど

このように、リーサルには様々な使い方があります。スマホゲームなどで耳にする機会が増えてきた言葉でもあるため、これを機に意味や使い方をしっかりと覚えておきましょう。

ABOUT US

つつつ
つつつ
この道10年以上の読書家。 短い言葉で人を惹き付けるコピーが大好きです。 本の帯に書かれたコピーを見て買ってしまうこともしばしば。 読書で得た文章力を活かして、日常生活でよく使う言葉を中心に執筆しています。