「及第点(きゅうだいてん)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「及第点(きゅうだいてん)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「及第点」の意味をスッキリ理解!

及第点(きゅうだいてん):試験の合格に必要な最低限の点数。悪くはない出来栄え。

「及第点」の意味を詳しく


「及第点」の意味は、以下の2つです。

「及第点」の意味
  1. 試験の合格に必要な最低限の点数
  2. 一定の基準に達していて、悪くない出来栄えであること

それぞれの意味について詳しく見ていきましょう。

意味①:試験の合格に必要な最低限の点数

「及第点」の元からある意味は「試験の合格に必要な最低限の点数」です。

100点満点の試験で、合格点が60点なら、60点が及第点です。

ただ、人によって満足のいく点数にはばらつきがあることから、「及第点」に絶対の基準はありません。

90点を目指している人なら、80点が及第点になることもありえます。

意味②:一定の基準に達していて、悪くない出来栄えであること

「及第点」の①の意味から派生したのが「一定の基準に達していて、悪くない出来栄えであること」という意味です。

この場合は、評価する人によってニュアンスが変わります。

 

たとえば、スポーツ選手を評価する際に、「及第点の出来だ」などと表現することがあります。

他人からの評価の場合は、「最低限の仕事はしたが、期待を超える成果は出ていなかった」というやや辛口なニュアンスが含まれます。

もし、自分で評価を下していた場合は、謙虚なニュアンスが出ます。

「及第点」には人を評価する意味合いがあるため、目上の人には使わないように注意しましょう。

「次第点」という表現は間違い

「及第点」と同じ意味で「次第点」という言葉が使われることがあります。

しかし、「次第点」は「及第点」の読み間違いから広まった表現です。

「次第点」という言葉は実際には存在しないので注意しましょう。

「及第点」の使い方

  1. この1週間遊びを我慢したこともあって、何とか及第点を取った。
  2. 出来としては及第点レベルだね。もう少し工夫できたところがあると思う。
  3. 唐突の依頼だったが、及第点に達する出来だったよ。

上記の例文のように、「及第点」は以下のような表現で用いられることが多いです。

「及第点」のよくある言い回し
  • 及第点を取る
  • 及第点に達する
  • 及第点をもらう
  • 及第点レベル
  • 及第点をつけられる

❶の例文は、1週間遊びを我慢したことが実を結び、何とか合格最低ラインを超えられたという意味です。

❷と❸の例文は、他人から、自分の仕事ぶりを評価されているさまが描かれています。

❷の例文の場合は、最低限の仕事はしてくれているものの、もう少しできると思っていた、というニュアンスです。期待に届かなかったというネガティブな響きがあります。

❸の例文の場合は、唐突な依頼にもかかわらず、許せる出来栄えだったと評価しています。あまり良い結果にはならないだろうと想定していたため、最低限の仕事をしてくれたことをポジティブにとらえています。

「及第点」の語源

「及第点」の語源は、中国の官僚登用試験である「科挙(かきょ)」にあります。

 

昔の中国では、科挙という難関試験に合格したら高級官僚になることができ、大きな屋敷(政府の施設のこと)で働くことができました。

「及第点」の「第」の字は科挙、もしくは大きな屋敷のことを指しています。

そして、科挙に合格することを、「第に及ぶ(達する)」として「及第」と表現しました。

つまり、「及第点」とは、科挙に合格して大きな屋敷で働ける点数という意味なのです。

 

ちなみに、「及第点」は当時は「文句なしの合格」という意味で使われていました。

「落第」の語源
中国では、科挙の合格点に達しないことは「落第」と言いました。

これが「落第点」などの表現に使われる「落第」の語源です。

「及第点」の類義語

「及第点」には以下のような類義語があります。

  • 合格点(ごうかくてん):合格とみなせる点数
  • 御の字(おんのじ):大いにありがたい
  • 妥協点(だきょうてん):互いに歩み寄って合意できる場所
  • 合格水準(ごうかくすいじゅん):それ以上の成果を出せば合格となる基準
  • 好結果(こうけっか):良い結果のこと

「及第点」と「合格点」の違い

「合格点」とは、合格とみなせる点数のことです。

「及第点」と「合格点」には以下のような違いがあります。

  • 及第点:「合格できる点数ギリギリ」というややネガティブなニュアンス
  • 合格点:「合格できる点数を超えている」というポジティブなニュアンス

「合格点」は、「及第点」よりもポジティブな意味合いで使われることが多いのです。

「及第点」と「御の字」の違い

「御の字」とは「大いにありがたい」という意味です。

「一夜漬けでこの点数なら御の字だ」などと使います。

「及第点」と「御の字」には以下のような違いがあります。

  • 及第点:「まあまあ悪くない」というニュアンス
  • 合格点:「とても良い」というニュアンス

「御の字」のほうが「及第点」よりもずっと「良い」というニュアンスなのです。

ちなみに、「御の字」を「及第点」と同じように「まあまあ悪くない」というニュアンスで用いている人もいますが、これは誤用です。

「及第点」と「妥協点」の違い

「妥協点」とは、互いに歩み寄って合意できる場所のことです。

「及第点」と「妥協点」には以下のような違いがあります。

  • 及第点:試験などの合格点になんとか届くこと
  • 妥協点:双方が歩み寄って一致できる場所

「及第点」と「妥協点」では意味が大きく異なることがわかります。

「及第点」の対義語

「及第点」には以下のような対義語があります。

  • 落第点(らくだいてん):合格水準に達しない点数
  • 不合格(ふごうかく):試験などに受からないこと
  • 赤点(あかてん):補習などの対象になってしまう点数

「及第点」の英語訳

「及第点」を英語に訳すと、次のような表現になります。

「及第点」の英語訳
  • a passing mark
  • a passing grade

“pass” が試験に合格すること、”mark” “grade” が点を意味します。

例文は以下の通りです。

例文
  • The passing mark on the test is 60.
    (そのテストの及第点は 60点だ。)
  • After the game, our new coach thought that I got a passing grade as a forward.
    (試合後、新監督は、FWとしては及第点だったと評価した。)

まとめ

以上、この記事では「及第点」について解説しました。

読み方及第点(きゅうだいてん)
意味試験の合格に必要な最低限の点数。悪くはない出来栄え。
語源中国の官僚登用試験(第)に合格する(及ぶ)という意味から)
類義語合格点、合格水準、御の字など
対義語落第点、不合格など
英語訳passing mark

「及第点」は、試験に合格するという意味から派生し、広く出来栄えについて表現する際にも用いられます。

評価する言葉であるため、他人に言う際には自分の立場をわきまえながら使いましょう。