故事成語「唇亡びて歯寒し」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、故事成語の「唇亡びて歯寒し(くちびるほろびてはさむし)」です。

「唇亡びて歯寒し」の意味、例文、由来、類義語、英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「唇亡びて歯寒し」の意味をスッキリ理解!

唇亡びて歯寒し(くちびるほろびてはさむし):助け合っている者のの片方が滅びてしまうと、他方まで危うくなるというたとえ

「唇亡びて歯寒し」の意味を詳しく

「唇亡びて歯寒し」とは、助け合っている者の片方が滅びてしまうと、他方まで危うくなるというたとえです。

唇がなくなると歯が外気にさらされて寒くなることから、この意味が生まれました。

そして、「互いに離れられず、助け合うような関係にあること」という意味もあります。

スポンサードリンク

「唇亡びて歯寒し」の例文

  1. 唇亡びて歯寒しという言葉があるが、彼と私はまさにそんな関係だ。
  2. その国と私たちの国は唇亡びて歯寒しの関係にある。
  3. 唇亡びて歯寒しというように、そのふたりはお互いの欠点を補いあっている。

「唇亡びて歯寒し」の由来

「唇亡びて歯寒し」の出典は『春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)』の「僖公五年(きこうごねん)」という章です。

この章の中に「諺(ことわざ)に所謂(いわゆる)、 輔車(ほしゃ)相(あい)依(よ)り、唇亡びて歯寒しとは、其(そ)れ虞(ぐ)・虢(かく)のことを謂(い)ふなり」という言葉が出てきます。

この言葉は「ことわざにあるように、輔と車は互いに助け合い、唇がなくなれば歯は寒くなる」という意味を表しています。

詳しく見ていきましょう。

 

ある時、虞(ぐ)の国は晋(しん)に領土通過の許可を求められました。

晋の目的は虢の国を亡ぼすことでした。

そして、許可を与えようと考えている虞の王様に対して、宮之奇(きゅうしき)という人物は「諺に所謂、 輔車相依り、唇亡びて歯寒しとは、其れ虞・虢のことを謂ふなり」という言葉を使って、許可すべきではないと主張しました。

 

しかし、王様は彼の主張を聞き入れることはなく、結局通行許可を与えていしまいました。

その結果、晋は虢を滅ぼした帰り道に虞も滅ぼしてしまいました。

スポンサードリンク

「唇亡びて歯寒し」の類義語

「唇亡びて歯寒し」には以下のような類義語があります。

  • 唇歯輔車(しんしほしゃ)
  • 唇歯之国(しんしのくに)
  • 輔車相衣(ほしゃそうい)

「唇亡びて歯寒し」の英語訳

「唇亡びて歯寒し」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • Allies ruin themselves by deserting each other.
    (同盟国は縁を断つことでお互いに滅亡する)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「唇亡びて歯寒し」について解説しました。

読み方 唇亡びて歯寒し(くちびるほろびてはさむし)
意味 助け合っている者のの片方が滅びてしまうと、他方まで危うくなるというたとえ
由来 宮之奇の「諺に所謂、 輔車相依り、唇亡びて歯寒しとは、其れ虞・虢のことを謂ふなり」という言葉から
類義語 唇歯輔車、唇歯之国、輔車相衣
英語訳 Allies ruin themselves by deserting each other
(同盟国は縁を断つことでお互いに滅亡する)

「唇亡びて歯寒し」という状況は意外とよくあるものです。

ピッタリな状況があったら、ぜひ「唇亡びて歯寒し」という故事成語を使っていきたいものです。

スポンサードリンク