ことわざ「腐っても鯛」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「腐っても鯛(くさってもたい)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「腐っても鯛」の意味をスッキリ理解!

腐っても鯛(くさってもたい):優れたものは、多少衰えてもその価値を失わないこと

「腐っても鯛」の意味を詳しく

「腐っても鯛」は、「優れた価値や素質を持つものは、多少衰えても価値を失わない」という意味です。

鯛が高価な魚であり、縁起も良いとされることからこのことわざができました。

スポンサードリンク

「腐っても鯛」の使い方

  1. 元野球選手の彼は、引退後も少し衰えたぐらいだ。まさに腐っても鯛だ。
  2. この革製のカバンは、何十年も変わらず頑丈だ。高価だったが、腐っても鯛とはこのことだ。

「腐っても鯛ですね」のように、直接人に言うのは失礼ともとられます。「腐る」という言葉が使われているためです。そのため、使う場面には注意しましょう。

「腐っても鯛」の類義語

腐っても鯛には以下のような類義語があります。

  • 古川に水絶えず:基礎のしっかりしているものは、衰えても滅びないこと
  • 沈丁花(じんちょうげ)は枯れても芳(かんば)し:良いものは、盛りが過ぎても値打ちがあるということ
  • 痩せても枯れても武士は武士:いかに衰えても、優れている人は変わらず優れているということ
  • 破れても小袖:価値のあるものは、状態が悪くなっても価値を失わないこと
  • 腐っても鯛の骨:上等なものは、衰えても価値を失わないこと
スポンサードリンク

「腐っても鯛」の対義語

腐っても鯛には以下のような対義語があります。

  • 騏驎(きりん)も老いては駑馬(どば)に劣る:優れた才能を持つものでも、衰えると凡人にも及ばなくなること
  • 昔千里も今一里:優れた能力をもつものでも、老いたら並み以下になること
  • 昔の剣今の菜刀(ながたな):有能な人でも、衰えると役に立たないこと

「菜刀」とは、刃が薄く、先のとがっていない包丁のことです。

「腐っても鯛」の英語訳

腐っても鯛を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • An old eagle is better than a young crow.
    (若い烏より老いた鷲)
  • A diamond on a dunghill is still a diamond.
    (ダイアモンドは肥しの中でもダイアモンドだ)
  • A good horse becomes never a jade.
    (良い馬は決して駄馬にならない)

dunghillとは、「肥しの山」のことです。

jadeは、「やせた馬」や「疲れ切った馬」という意味を持ちます。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「腐っても鯛」について解説しました。

読み方 腐っても鯛(くさってもたい)
意味 優れたものは、多少衰えてもその価値を失わないこと
類義語 古川の水絶えず、破れても小袖など
対義語 麒麟も老いては駑馬に劣る、昔千里も今一里など
英語訳 An old eagle is better than a young crow.(若い烏より老いた鷲)

「腐っても鯛」は、良い生き方の例を示すようなことわざです。しかし、使い方を間違えてしまうと、誤解を生んでしまうため、気を付けましょう。

スポンサードリンク