「クリぼっち」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

未分類

「クリぼっち」とは「クリスマスを1人で過ごすこと」という意味です。

クリスマスが近づくと、「クリぼっち」という言葉をよく耳にしますよね。

「クリぼっち」は自虐的に使うことが多いものの、近年ではポジティブなものとして捉えられることもあるため、奥が深いです。

そこで、この記事では、「クリぼっち」の意味や使い方、語源などについて詳しく解説します。

「クリぼっち」の意味

クリぼっち

クリスマスを1人で過ごすこと

「クリぼっち」とは、クリスマスを1人で過ごすことです。

具体的には、クリスマス当日の12月25日だけでなく、クリスマスイブの12月24日に対しても使います。

日本では、「クリスマスの理想的な過ごし方は、恋人と過ごすことだ」という考え方が浸透しています。

そのため「クリぼっち」は、単に「1人で過ごす」という意味よりも、「一緒に過ごす恋人がいない」という意味で使われることが多いです。

キャラクターの「くりぼっち」は無関係

育成ゲームのたまごっちに、「くりぼっち」という名前のキャラクターがいます。

しかし、「くりぼっち」の「くり」は、「クリスマス」の「クリ」ではなく、「栗」に由来しています。

つまり、「クリぼっち」とキャラクターの「くりぼっち」は無関係です。

「クリぼっち」がもつ意味合い

「クリぼっち」は、「クリスマスに一緒に過ごす人がいない=孤独」という点で、ネガティブな意味で使われることが多いです。

ただし、近年では、「クリぼっち」をポジティブなことと捉える人もたくさんいます

以下のような理由があるからです。

  • 1人で過ごすのは快適だから
  • 交際費がかからないから
  • 「ソロ活」「おひとり様」などの言葉も普及し、1人行動は恥ずかしいことではないという動きがあるから

また、毎年「クリぼっち」として過ごす人は多いため、クリスマスの予定がひとりきりだからといって、悲観しすぎることもないと言えます。

たとえば、株式会社レオパレス21が2017年に、20歳~39歳の社会人の男女600人に調査したところ、「クリぼっち」の割合が高く、寂しさを感じない割合も7割近いということがわかっています。

  • 今年のクリスマスをひとりで過ごす予定
    65.0%
  • 「クリぼっち」を寂しいと思わない
    69.5%

[出典:PRTIMES]

「クリぼっち」の使い方

「クリぼっち」は、以下の例文のように使うことができます。

  1. A:私、今年のクリスマスはイルミネーションデートするんだ。
    B:羨ましいな、私なんてクリぼっちだよ。
  2. 去年、クリぼっちで好きなだけケーキを食べたのは、いい思い出だ。
  3. 今年のクリスマスも孤独になると思っていたら、突然好きな人にデートに誘われて、クリぼっち回避できた!
    ※クリぼっち回避:クリぼっちを防ぐこと
  4. 今年もクリぼっち確定したけど、今は韓国ドラマに夢中だから、むしろクリスマスが楽しみだ。
  5. 恋人のいない皆さん、良いクリぼっちを過ごしてください!

「クリぼっち」は、上記のように自分に対して使うことがほとんどです。

例文⑤のように、クリスマスを1人で過ごす人をからかうときに使う場合もありますが、相手を傷つける場合がありますから、注意が必要です。

「クリぼっち」の語源

「クリぼっち」は、「クリスマス」の「クリ」と、「ひとりぼっち」の「ぼっち」を組み合わせた言葉です。

「ぼっち」は単独でも、友達がいない人に対してよく使われます。

ひとりぼっちの語源

ちなみに「ひとりぼっち」は、「独り法師(ひとりほうし)」という言葉に由来しています。

独り法師とは、宗教や団体にも所属せず、1人で活動する僧侶のことです。

「クリぼっち」が使われ始めた時期

「クリぼっち」という言葉が使われるようになった時期は、2010年代初めごろです。

2010年12月には、女優の川島海荷さんがメディアのインタビューで、「クリぼっち」を用いて回答しています。

川島さんはクリスマスの過ごし方について聞かれ「クリスマスにひとりぼっちだと、『クリぼっち』って言うらしいです。私がいないと、友達が『クリぼっち』になっちゃうので、お休みください!」と事務所にアピールしていた。

[出典:MANTANWEB

その後、ニュース番組などでも「クリぼっち」が紹介され、広まっていきました。

なお、2015年には、アイドルグループ・レインボーが『クリぼっちONEDAY!!』という楽曲を発表しています。

『クリぼっちONEDAY!!』は、「クリぼっち」を前向きに捉えて歌う明るい曲です。

「クリぼっち」の対義語

「クリぼっち」には以下のような対義語があります。

  • クリ充(じゅう)
    充実したクリスマスを過ごすこと

クリ充は、リア充という言葉から派生したものです。

リア充とは「実生活が充実している」という意味で、恋人がいる人に対して使うことが多いです。

つまり、リア充のクリスマスバージョンがクリ充といえます。

「クリぼっち」を楽しく過ごす方法

「クリぼっち」は1人きりのクリスマスではあるものの、過ごし方次第で楽しいものになります。

  1. 友人や家族と会う
  2. 1人の時間に没頭する
  3. 新しい恋人との出会いを求める

上記の例を1つずつ解説します。

①友人や家族と会う

「クリぼっち」の過ごし方の1つ目に、友人や家族と会うというものが挙げられます。

誰かと集まって過ごすことで、「ひとりぼっち」という寂しさをなくすことができます。

②1人の時間に没頭する

「クリぼっち」の過ごし方の2つ目に、1人の時間に没頭するというものも挙げられます。

具体的には、下記のような過ごし方の例があります。

  • 読書をする
  • DVD鑑賞をする
  • ゲームをする
  • 漫画を読む
  • ライブやコンサートに行く
  • 仕事に打ち込む
  • 大掃除をする
  • 新しい趣味を始める
  • 習い事をする
  • 1人でひとりでカラオケに行く
  • エステに行く
  • 1人で遠出してみる
  • 高級ディナーを楽しむ
  • 1人でクリスマスケーキやチキンを食べる
  • 図書館や神社など、空いていそうなスポットに行く

このように、1人で趣味や仕事に夢中になったり、出かけたり、自分にご褒美をあげたりすると、1人のクリスマスが特別なものになります。

③新しい恋人との出会いを求める

「クリぼっち」の過ごし方の3つ目に、新しい恋人との出会いを求めるというものも挙げられます。

クリスマスにあえて、恋人探しをするということもできるのです。

  • クリスマス合コンを主催する
  • クリスマスの婚活パーティーに参加する

このように、「クリぼっちになるのはもう嫌だ」と思っている場合は、クリスマスに新しい恋を見つけることで、来年は恋人と過ごせる可能性があります。

「クリぼっち」のまとめ

以上、この記事では「クリぼっち」について解説しました。

読み方クリぼっち
意味クリスマスを1人で過ごすこと
語源「クリスマス」の「クリ」
+「ひとりぼっち」の「ぼっち」
対義語クリ充
楽しく過ごす方法友人や家族と会う
1人の時間に没頭する
新しい恋人との出会いを求める

「クリぼっち」になっても、過ごし方次第で楽しい1日になります。

毎年のクリスマスを楽しく過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Chinatsu
Chinatsu
新卒1年目でWebライター3年目。 学生時代からWebライターの仕事を始め、多くの記事を執筆・編集してきました。 丁寧な解説に定評があります。