区別できる?「怖い」「恐い」「強い」の違い

違いのギモン

日本語は同じ音でも意味が異なり、それにともなって漢字も異なるものが多いですよね。「こわい」という言葉は、そんな紛らわしい言葉の1つです。

この記事では、「こわい」という言葉の3種類の漢字、「怖い」「恐い」「強い」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:「怖い」と「恐い」は同じ意味で、「強い」だけ別の意味

「怖い」は、不安という意味や、近づくと自分にとって良くないことが起きそうで近寄りたくないという意味があります。

「恐い」も、「怖い」と同様の意味です。

一方で、「強い」は力強く強情であるという意味を指します。

「怖い」をもっと詳しく

「怖い」の意味は、以下の通りです。

「怖い」の意味
  • 不安である
  • 恐ろしい
  • 不思議な力がありそうで不気味である
  • 悪い結果が起こる気がして、近寄りたくない
  • それに近づくと危害が加わりそうで、避けたくなる

つまり、自分にとって不利益な状況や、得体のしれない何かを感じて怖気づくような時に「怖い」を用いるのです。

「怖い」の使い方の例

「怖い」の例としては、以下のような使い方が挙げられます。

例文
  1. 私は雷が怖い
  2. 学校に怖い先生がいる。
  3. 夏には怖い話を聞きたくなる。
スポンサードリンク

「恐い」をもっと詳しく

「恐い」の意味は、「怖い」と全く同じです。

ただ、「怖い」が常用漢字なのに対して、「恐い」は常用漢字ではありません。そのため、私的な文章では「怖い」と「恐い」のどちらを使っても問題ありませんが、公用文の時には「怖い」を使う必要がありますので注意してくださいね。

「恐い」の使い方の例

「恐い」は「怖い」と全く同じ使い方のため、先ほど「怖い」の例文として挙げた3つの例を参考にすると、以下のような使い方ができます。

例文
  1. 私は雷が恐い
  2. 学校に恐い先生がいる。
  3. 夏には恐い話を聞きたくなる。
例文で見てみると、「恐い」という字面に少し違和感を感じる方もいるかもしれません。ですが、「怖い」のほうが常用漢字のためよく見かけるというだけで、意味は変わらないので、私的な文面で使う分には気にする必要はありません。

「強い」をもっと詳しく

「強い」は、「怖い」や「恐い」とは全く意味が違います。

「強い」は「つよい」とも読み、力強く強情である、かたい、ごわごわしているという意味があります。

「強い」の使い方の例

「強い」には、以下のような使い方があります。

  1. 情けの強い人。
  2. 強いご飯。

①の「強い」は、「容易に言いなりになりにくい」「頑固」という意味で使われています。一方で、②の「強い」は「堅くて扱いにくい」「ごわごわしている」という意味で使われています。

ちなみに、皆さんご存知の「おこわ」も、②の例文と同じ意味で使われていたのが由来となっており、硬いご飯という意味の「強飯(こわめし)」から来ています。

スポンサードリンク

「怖い」も「恐い」も「強い」も語源は同じ

「怖い」と「恐い」が同じ意味なのに対し、「強い」だけ意味が異なるのですが、これら3つの「こわい」はすべて語源が同じです。

「こわい」の語源は、古語の「こはし(こわし)」です。これは「強い」の意味の1つである「かたい」が原義です。そこから、「つよい」の意味が生まれ、「近寄りたくない」「おそろしい」といった意味を含むようになりました。

まとめ

以上、この記事では、3種類の「こわい」、「怖い」「恐い」「強い」の違いについて解説しました。

  • 怖い:不安である、恐ろしい
  • 恐い:「怖い」と全く同じ
  • 強い:力強く頑固である、かたい、ごわごわしている

これでもう、「怖い」「恐い」「強い」の3つの意味の違いに悩むことはありませんね。

「怖い」と「恐い」が同じ意味なのに対して、「強い」のみ意味や用法が異なるので、注意しましょう。

また、「怖い」と「恐い」の意味が一緒でも、「恐い」は常用漢字ではないので、公用文を書く際には「怖い」という漢字を使うように注意してくださいね。

スポンサードリンク