四字熟語「効果覿面(こうかてきめん)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「効果覿面(こうかてきめん)」です。

以下では、「効果覿面」の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「効果覿面」の意味をスッキリ理解!

効果覿面(こうかてきめん):物事の効果が即時に現れること

「効果覿面」の意味を詳しく

効果覿面は、効き目や結果が瞬時に現れることを表す四字熟語です。

「覿面」の「覿」という字には「示す」という意味があります。その「覿」に顔を表す「面」という字がつくことで、「目の当たり」という意味になります。

効果が目の当たりにあるということは、効果が目前に現れるということを表します。そこから、即座に効き目が現れるという意味につながるのです。

スポンサードリンク

「効果覿面」の使い方

  1. この薬は慢性的な腰痛に効果覿面です。
  2. 「テストで100点取ったらゲームを買ってあげる」という言葉は彼にとって効果覿面であった。

①の例文は、薬が腰痛に対し即効性を持つことを表す文章です。

②の例文については、①の例文のような確実性のある効果を狙っているわけではありませんが、試してみたらすぐに効いたという様子が伝わります。

この1文だけで、「彼」が話を聞くなり勉強をしだした光景が想像されます。

「効果覿面」の類義語

効果覿面には以下のような類義語があります。

  • 天罰覿面:悪事に対しすぐに天罰が下ること
  • 効果抜群:効き目が非常に強いこと

「天罰覿面」は、悪事に対する報いがすぐに表れることを指します。「悪因悪果」とほぼ同じ意味です。

「効果覿面」と違い、よい結果や効能に対しては使われません。また、その人の意思とは関係なく効果が与えられるという意味でも異なります。

「効果抜群」は、効果がすぐに現れるかどうかにかかわらず、その効き目が特に強いというときに使用できる言葉です。

「効果覿面」を「効果抜群」の意味でとらえてしまう人もいますが、あくまでも「効果覿面」は効果が現れる早さのことを指す言葉であり、効果の大きさは関係ないため注意が必要です。

スポンサードリンク

「効果覿面」の対義語

効果覿面には以下のような対義語があります。

  • 無効:効果がまったく現れないこと

「無効」は、効果がいっさい現れないときに使われる言葉です。効果が早く現れるかどうかではなく、そもそもあるのかどうかという点において、「効果覿面」と対になります。

そのため、「無効」は「効果覿面」だけではなく、「効果抜群」の対義語でもあります。

「効果覿面」の英語訳

効果覿面を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • be immediately effective
    (効果がすぐに現れる)
  • bring instant relief
    (即座の苦痛緩和)

「効果覿面である」と表現したいときには“be immediately effective“を使います。この場合は“have an immediate effect“などと言い換えることができます。

ただし、薬などの効果については“being instant relief“などという言い回しも使えます。“relief“には「取り除く」や「緩和する」という意味があるため、薬によって痛みや症状の悪化を防ぐというニュアンスが伝わります。

より「治す」という側面を強く表現したい場合には“relief“よりも“cure“などの方がよりよいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「効果覿面」について解説しました。

読み方効果覿面(こうかてきめん)
意味物事の効果が即時に現れること
類義語天罰覿面、効果抜群など
対義語無効など
英語訳be immediately effective(効果がすぐに現れる)

「効果抜群」と誤用せず、正しく「効果覿面」が使えるといいですね。

スポンサードリンク