故事成語「巧言令色鮮し仁」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、故事成語の「巧言令色鮮し仁(こうげんれいしょくすくなしじん)」です。

この言葉はとても勉強になります。

そこで、「巧言令色鮮し仁」の意味、由来、例文、類義語、対義語、英訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「巧言令色鮮し仁」の意味をスッキリ理解!

巧言令色鮮し仁(こうげんれいしょくすくなしじん):言葉巧みで人から好かれようと愛想を振りまく人には誠実な人間が少ないということ

「巧言令色鮮し仁」の意味を詳しく

「巧言令色鮮し仁」とは、言葉巧みで人から好かれようと愛想を振りまく人には誠実な人間が少なく、人として一番大切な仁の心が欠けているということです。

ちなみに、「巧言」とは、口先巧みに言葉を操ることです。

また、「令色」とは、人にこびへつらうような愛想のよい顔つきのことです。

 

そして、「鮮し」はそのまま「少なし」と同じ意味です。

また、「」とは、他人を思いやる心をもとにして自己を完成させる最高の徳のことです。

ちなみに、「仁」は孔子を代表とする中国の古代思想家がとても大切にしています。

スポンサードリンク

「巧言令色鮮し仁」の由来

「巧言令色鮮し仁」の出典は『論語』の「学而(がくじ)」という章です。

また、この言葉は「陽貨(ようか)」という章にも登場します。

それだけ重要な言葉だということでしょう。

『論語』

『論語』は孔子と彼の位が高い弟子たちの言行を記録した書物です。

儒教では『孟子(もうし)』『大学』『中庸(ちゅうよう)』とあわせて「四書(よんしょ)」に数えられ、とても有名です。

「巧言令色鮮し仁」の例文

  1. 巧言令色鮮し仁」という言葉があるが、彼はまさしくそういう男だ。
  2. 愛想がいいのはいいことだが、あまりにも節操がないと、巧言令色鮮し仁だと言われるぞ。
  3. 巧言令色鮮し仁と言われないようにしたいものだ。
スポンサードリンク

「巧言令色鮮し仁」の類義語

「巧言令色鮮し仁」には以下のような類義語があります。

  • 巧言は徳を乱る

「巧言令色鮮し仁」の対義語

「巧言令色鮮し仁」には以下のような対義語があります。

  • 剛毅朴訥(ごうきぼくとつ)仁に近し:意志が固く頑固で、素朴で口数が少ない人物が仁に近い
スポンサードリンク

「巧言令色鮮し仁」の英語訳

「巧言令色鮮し仁」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • He who gives fair words feeds you with an empty spoon.
    (巧言を操るのは空のさじで食べさせるようなものだ)
  • Full of courtesy, full of craft.
    (礼儀たっぷり、企みたっぷり)
  • Where there is over mickle courtesy, there is little kindness.
    (過度に礼儀が正しい人は仁愛の情が少ない)

まとめ

以上、この記事では「巧言令色鮮し仁」について解説しました。

読み方 巧言令色鮮し仁(こうげんれいしょくすくなしじん)
意味 言葉巧みで人から好かれようと愛想を振りまく人には誠実な人間が少ないということ
由来 『論語』の言葉から
類義語 巧言は徳を乱る
対義語 剛毅朴訥仁に近し
英語訳 He who gives fair words feeds you with an empty spoon など

「巧言令色鮮し仁」と呼ばれるような人物にはなりたくないものです。

スポンサードリンク