故事成語「蛍雪の功(けいせつのこう)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、故事成語の「蛍雪の功」です。

意味や使い方、由来、類義語、英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「蛍雪の功」の意味をスッキリ理解!

蛍雪の功(けいせつのこう):たいへん苦労して学問にはげむこと、それが成功して報われること

「蛍雪の功」の意味を詳しく

「蛍雪の功」とは、たいへん苦労して学問にはげむことや、それが成功して報われることを指します。

「蛍雪」は、「苦労して勉学に励むこと」という意味です。どうして「蛍」と「雪」がこの意味になるのかは、後に詳しく説明します。

また、「功」は、「経験や努力の積み重ねで出てくる効果」という意味です。

そこから「蛍雪の功」とは、「苦労して勉学に励んだ成果」という意味になりました。

 

ちなみに、「蛍雪之功」と書く四字熟語として使われることもあります。

スポンサードリンク

「蛍雪の功」の使い方

  1. 彼は病弱だったが、蛍雪の功を積むことで、志望校に合格した。
  2. 蛍雪の功となって、見事に医者になることができた。

➊では、「蛍雪の功」は、「苦労して続けた勉強」という意味で使われています。

それに対して➋では、「苦労して勉学に励んだ成果」という意味で使われています。

「蛍雪の功」の由来

出典は『晋書』という中国の古書です。

 

車胤(しゃいん)と孫康(そんこう)という若者は、官僚になるために学問に励んでいました。

しかし、彼らは貧しかったので灯油を買うお金がありません。

そのため、夜に勉強をするための明かりがありませんでした。

 

そこで、車胤は蛍を何匹も集めて袋に詰め、その明かりを使って夜な夜な勉強しました。

孫康は、雪を窓の外に積んで、雪の反射で部屋を明るくして勉強していました。

その結果、努力が報われて、二人は高い役職に就くことができました。

 

これらのエピソードがもとになって「蛍雪の功」という故事成語ができました。

そのため「蛍」と「雪」の漢字が使われています。

ちなみに、卒業式でよく歌われる『蛍の光』に出てくる「蛍の光 窓の雪」という歌詞はこのエピソードからとられています。

 

また、このエピソードがもとになってできた四字熟語や慣用句がほかにもあります。

「蛍窓雪案」や「孫康映雪」などです。

スポンサードリンク

「蛍雪の功」の類義語

  • 苦学力行:働いて学資を得て、苦労しながら懸命に勉強すること。
  • 蛍窓雪案:苦労して勉学に励むこと。
  • 孫康映雪:苦労しながらも学問に励むこと。

「蛍雪の功」の英語訳

「蛍雪の功」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • the fruit of diligent study
    (勤勉な学習の成果)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「蛍雪の功」について解説しました。

読み方蛍雪の功(けいせつのこう)
意味苦労して学問にはげむこと、それが成功して報われること
由来蛍の光や雪の反射で勉強した成果が出たという物語から
類義語苦学力行、蛍窓雪案、孫康映雪
英語訳the fruit of diligent study(勤勉な学習の成果)

「蛍雪の功」は、日常生活では頻繁には使わないため、馴染みのない人も多いでしょう。

しかし、もとになったエピソードを知ると簡単に覚えることができると思います。

使いこなせるようにしましょう。

スポンサードリンク