「恒心教」の意味とは?新興宗教?由来から問題行動まで解説

言葉

「恒心教」とは「ネット上で弁護士・唐澤貴洋氏を攻撃する人たち」という意味です。

「恒心教」という言葉を見ると、「実在する宗教なのだろうか」と思いますよね。

実在する宗教ではなく、ネット掲示板での非難の書き込みから生まれ、ネットの使い方を見つめ直すきっかけとなる言葉です。

この記事では、「恒心教」の意味や由来を詳しく解説します。

言葉の性質上、本記事では不快と感じられる表現が用いられる可能性があります。

また、本記事は特定の個人を誹謗中傷するものではございません。

あらかじめご了承ください。

「恒心教」の意味

恒心教こうしんきょう

ネット上で弁護士・唐澤貴洋氏を攻撃する人たち

「恒心教」とは、ネット上で唐澤貴洋(からさわ たかひろ)氏を攻撃する人たちのことです。

「恒心教」は、ネット掲示板「なんでも実況J板(なんJ)」で生まれたとされるネットスラングです。

実際に「恒心教」という名前の宗教が存在するわけではなく、ネット上で唐澤氏を攻撃する人のことを冗談で「恒心教」と表します。

しかし、実際に「恒心教」の人物が逮捕されるなど社会的な問題にもなっています。

「恒心教」の由来

「恒心教」の由来は、ネット掲示板で起こった特定の個人への非難の書き込みです

2012年、ネット掲示板「なんでも実況J板」において、数年にわたり荒らし行為を行っていた高校生の個人情報が特定されました。

特定された高校生は、事態の収束を図るために弁護士・唐澤貴洋氏に依頼しました。

しかし、唐澤氏も以下のような流れで非難されることとなりました。

  1. 唐澤氏がネット上で個人を特定するためのIPアドレスの開示請求を行う
  2. 唐澤氏を非難する内容が書き込まれる
  3. その書き込みに対しても開示請求を行う
  4. 「どの程度なら開示請求されないのか?」と書き込みがヒートアップする
  5. その結果、100万回を超える殺害予告など犯罪行為に発展する

そして、唐澤氏を非難したり、嫌がらせをしたりする人たちを総称して「恒心教」と呼ぶようになりました。

唐澤貴洋氏とは


[出典:PR TIMES]

唐澤貴洋氏は、以下のような経歴をもつ弁護士です。

  • 1978年生まれ
  • 2011年、恒心綜合法律事務所を設立
  • 2018年、法律事務所Steadinessを設立
  • 2018年、『炎上弁護士』を出版

現在は、ネット上での嫌がらせやプライバシー侵害への対応を幅広く行っています。

「恒心教」の成り立ち

「恒心教」は下記の2語に分けられます。

  • 恒心
    唐澤氏が過去に開業していた「恒心綜合(こうしんそうごう)法律事務所」から

  • 当時の「なんでも実況J板」で話題だった「オウム真理教」から

「恒心」と「教」を組み合わせて、「恒心教」と呼ぶようにりました。

「恒心教」の問題行為

「恒心教」はネット上で様々な問題行為を行っています。

「恒心教」による問題行為は、内容などによって「○○路線」と呼び分けられています。

「○○路線」には以下のようなものがあります。

  1. 教路線
  2. 事実追求路線
  3. コミケ路線
  4. 芸術路線
  5. 玩具(がんぐ)路線
  6. ニッセ路線
  7. 贈り物路線
  8. 悪芋(わるいも)路線

それぞれ見ていきましょう。

問題行為①教路線

「教路線」は、利用者の多いサービスなどを利用して「恒心教」を広めます。

問題行為②事実追求路線

「事実追求路線」は、嘘や噂をむやみに拡散するのではなく、当事者達の行動を包み隠さずにそのままネット掲示板に書き込みます。

最も公正で、効果的に嫌がらせができるとされています。

問題行為③コミケ路線

「コミケ路線」は、同人誌即売会「コミックマーケット」において「恒心教」に関するグッズを販売します。

現在では、「コミケ路線」の問題行為は完全に終了しています。

問題行為④芸術路線

「芸術路線」は、「恒心教」をテーマにしたイラストや動画を制作します。

以下のように様々なものが制作されました。

  • シール
  • MMDモデル
    ※3Dモデルを踊らせるためのツール

「芸術路線」は人気のある路線でしたが、以下の理由から勢いをなくしました。

  • 「恒心教」をよく理解していない人も「芸術路線」の問題行為ができてしまう
  • 「コミケ路線」に参加した人が犯罪行為を起こした

問題行為⑤玩具路線

「玩具(がんぐ)路線」は、画像作成サイトや人気投票企画サイトにおいて、関係者の画像などを用いた遊びをします。

問題行為⑥ニッセ路線

「ニッセ路線」は、唐澤氏や関係者になりすまします。

「恒心教」の関係者がネット掲示板「なんでも実況J板」において、「ハッセ」という名前で書き込んでいたため、偽物になりすますことを「ニッセ」と呼ぶようになりました。

具体的には、以下のような行為が挙げられます。

  • ネット上で唐澤氏になりすます
  • 新聞の投書コーナーに唐澤氏や関係者の名前を使う
  • テレビの視聴者コーナーに唐澤氏や関係者の名前を使う

「ニッセ路線」は「投書路線」とも呼ばれます。

問題行為⑦贈り物路線

「贈り物路線」は、唐澤氏や関係者に物品を送り付けます。

嫌がらせのために、郵便や宅配便などを利用して送り付けます。

問題行為⑧悪芋路線

「悪芋(わるいも)路線」は、度を越した迷惑行為や犯罪行為をします。

主に以下のような犯罪行為が実際に起こりました。

  • 唐澤氏の名前で国地方自治体に爆破予告
  • Googleマップを始めとしたWebサイトへの悪質ないたずら
  • 唐澤氏に対する殺害予告や嫌がらせ
  • 唐澤氏や他の「恒心教」の人物など、個人情報を特定した相手への強迫行為

「恒心教」の使い方

「恒心教」は名詞として使います。

「恒心教」の例文には以下のようなものがあります。

例文
  1. 恒心教ができたのはネット上の書き込みがきっかけだ。
  2. 恒心教は個人情報を特定することに長けている。
  3. あの大学に爆破予告をした人物は、恒心教だったようだ。

「恒心教」の関連語

恒心教には以下のような関連語があります。

  • 恒心教徒
    恒心教を信仰する人
  • 尊師(そんし)
    唐澤貴洋氏を指す呼び方
  • 聖地
    唐澤貴洋氏が所属する事務所に対する呼び方
  • ハセカラ
    唐澤貴洋氏に関連する一連の事柄
  • ハセカラ民
    唐澤貴洋氏に関連する一連の事柄をよく話題にする人
  • けんま
    「恒心教」に関わる場所に訪れること
  • 悪芋
    度を越した迷惑行為や犯罪行為をする人
  • 新芋(しんいも/あたらしいも)
    最近「恒心教」の問題行為を始めた人
  • 臭芋(くさいも)
    「恒心教」について知識不足の人
  • 甘芋(あまいも)
    統合失調症の人
  • 弱芋(よわいも)
    お金がなくて「恒心教」の問題行為ができない人

「恒心教」のまとめ

以上、この記事では「恒心教」について解説しました。

読み方恒心教(こうしんきょう)
意味ネット上で弁護士・唐澤貴洋氏を攻撃する人たち
由来ネット掲示板で起こった特定の個人への非難の書き込み
関連語恒心教徒
尊師
聖地 など

「恒心教」は、ネット上で特定の個人を非難したり、嫌がらせをしたりする人たちを指します。

匿名で書き込むことができるのはネットの良さでもありますが、個人を非難することは絶対にやめましょう。

ABOUT US

間山智賀
間山智賀
自称、誤字キラー。 Web記事でも誤字脱字を見逃しません。言葉が大好きです。 大学では言葉遊びについて研究していました。マイブームは日本語ラップを聴くこと。