「この度(このたび)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、「この度(このたび)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「この度」の意味をスッキリ理解!

この度(このたび):「今回」を丁寧にした表現

「この度」の意味を詳しく

「この度」とは、「今回」を丁寧にした表現です。

「度」には以下のような意味があります。

「度」の意味
  • 物事の行われた時
  • 回数
  • そのときはいつも

「この度」の「度」は「物事の行われた時」という意味になります。

「度」に指示詞「この」がついた形が「この度」であり、「このとき」という意味になります。

「この度」の使い方

  1. この度は、遠いところをわざわざお越しくださり、ありがとうございました。
  2. この度、受賞された皆様に、お祝いの言葉を贈りたいと思います。

上記の例文のように、「この度」は、「この度は」や「この度」と区切りを置く形で使われます。

①の例文では、お礼を述べる前置きとして、「この度」が使われています。「今回は」「今日は」というニュアンスになります。

②の例文では、お祝いを述べる前に、「この度」が使われています。毎年定期的に開催されているコンクールや大会では、他の年の受賞者と区別する目的で「この度」が使われることがあります。

「この度」の類義語

この度には以下のような類義語があります。

  • 今度
  • 今回
  • この程(このほど)

「今度」「今回」「この程」との違い

「この度」「今度」「今回」「この程」の違いは以下の通りです。

  • この度
    「今度」「今回」を丁寧にした言い方。改まった場でよく使われる
  • 今度
    複数回行われる物事の中で、今行われている、行われたばかり、行われる予定のこと
  • 今回
    複数回行われる物事の中で、今行われていること、行われたばかりのこと
  • この程(このほど)
    今行われていること、行われたばかりのこと。改まった場でよく使われる

「今度」「今回」は、主に今その時点で行われていることについて指します。ただし、複数回行われているものの中で、他の日程のものとは区別するというニュアンスがあり、それ限りの出来事については「今度」「今回」が使えません。

「今度」は、「今度、一緒にご飯を食べにいきましょう」と、未来の予定を誘うような場合にも使われます。この用法は「今回」にはなく、「今度」以外で置き換えができない表現になります。

 

「この度」「この程」は、「今度」「今回」を改まった場で表現したいという場面で使われます。

「この度」「この程」は物事が行われた時点や、その直後を指す言葉です。そのため、こちらも、未来の約束について言うことができません。

「この度」「この程」は意味に大きな差がありませんが、「この程」より「この度」の方が使用頻度が高くなります。

「この度」の英語訳

この度を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • this time
    (今回)
  • this occasion
    (この折)

“this time” の意味

this time” は、「この時」という意味を表すもっともシンプルな表現です。

「今、この時」というニュアンスで、「この度」に近い意味になります。

“this occasion” の意味

this occasion” は、「今回」「この場合」という意味の英語表現です。

“this time” は時間に着目した表現ですが、 “this occasion” は「場合」「シチュエーション」というニュアンスが強くなります。

まとめ

以上、この記事では「この度」について解説しました。

読み方この度(このたび)
意味「今回」を丁寧にした表現
類義語今度、今回、この程
英語訳this time(今回)

「この度」は、改まった場でよく使われる表現です。意味をしっかりと覚えましょう。

ABOUT US

ひな
ひな
国文学専攻の現役東大生ライター。 言葉には人と人をつなぐ力があると信じています。 間違えやすい言葉・新しい言葉の執筆が得意です。