見た目だけじゃない!「グリーンキウイ」「ゴールドキウイ」の違い

違いのギモン

キウイフルーツには、果肉が緑色と黄色のものがありますよね。ではその違いは一体何なのでしょうか。この記事では「グリーンキウイ」と「ゴールドキウイ」の 4 つの違いを解説します。

スポンサードリンク

【1】見た目の違い

「グリーンキウイ」の見た目

グリーンキウイは、緑色の果肉のキウイフルーツです。また、しっかりと表面の産毛が生えています。

ゴールドキウイの見た目

ゴールドキウイは、黄色の果肉をしたキウイフルーツです。産毛は多くありません。また、先端がとがっているのが特徴です。

【2】味の違い

「グリーンキウイ」の味

グリーンキウイは酸味が少し強くさわやかです。酸味と甘みのバランスがとれたキウイフルーツです。また、みずみずしい食感が特徴です。

「ゴールドキウイ」の味

ゴールドキウイは甘みが強いのが特徴です。ゴールドキウイは日本人向けに開発された品種で、日本人が食べやすい味になっています。また果肉はグリーンキウイに比べやわらかくなめらかです。

スポンサードリンク

【3】栄養の違い

「グリーンキウイ」の栄養

グリーンキウイには食物繊維が多く含まれています。ゴールドキウイの食物繊維が 1.7g (可食部 100g あたり) ですが、グリーンキウイには 3g (可食部 100g あたり) 含まれています。

これは他の果物と比べてもとても多いです。

「ゴールドキウイ」の栄養

ゴールドキウイにはビタミンCが多く含まれています。グリーンキウイのビタミンCは 69mg (可食部 100g あたり) ですが、ゴールドキウイには 161mg (可食部 100g あたり) 含まれています。

成人が一日に必要なビタミンCの量は 100mg とされているので、ゴールドキウイは一個で一日に必要なビタミンCをとることができます。

【4】効能の違い

「グリーンキウイ」の効能

グリーンキウイには食物繊維が多く含まれているため、おなかの調子を整える効果があります。

また、グリーンキウイには「アクチニジン」という酵素が多く含まれています。「アクチニジン」はタンパク質を分解する酵素で、消化を促進してくれます。そのため、胃もたれを防ぐ効果もあるとされています。

ゴールドキウイの効能

ゴールドキウイにはビタミンCが多く含まれているため、風邪予防に良いです。

また、ビタミンCには抗酸化作用 (病気や老化の原因となる酸化を抑える作用) があるため、老化防止にも役立ちます。

スポンサードリンク

その他のキウイフルーツ


「グリーンキウイ」と「ゴールドキウイ」について解説してきましたが、日本ではその他にもよく食べられているキウイがあります。それが「サンゴールドキウイ」と「スウィートグリーンキウイ」です。

「サンゴールドキウイ」


ゴールドキウイの木には虫が付きやすいため、新たに開発されたのがサンゴールドキウイです。果肉の色は黄色ですが、ゴールドキウイと違ってとがっていません。

サンゴールドキウイは甘みが強くとてもみずみずしいのが特徴です。ビタミンCも豊富に含まれていて、1 個で 1 日に必要なビタミンCをとることができます。

「スウィートグリーンキウイ」


スウィートグリーンキウイが市場に出回ったのは2012年で、新しい品種です。

スウィートグリーンキウイは、グリーンキウイとゴールドキウイの両方の良いところを持っています。グリーンキウイのような、さわやかな風味とゴールドキウイのような、なめらかな食感を持ち合わせていることが特徴です。

果肉はやわらかく、色は明るいグリーンです。外側の見た目はグリーンキウイと似ています。

まとめ

以上、この記事では、「グリーンキウイ」と「ゴールドキウイ」の 4 つの違いについて解説しました。

グリーンキウイゴールドキウイ
見た目緑色の果肉で産毛が多い黄色の果肉で先がとがっている
酸味と甘みのバランスが良い甘みが強い
栄養食物繊維が豊富ビタミンCが豊富
効能お腹の調子を整える老化や病気の防止

キウイフルーツには色だけではなく、味や効能など様々な違いがあります。ぜひこの記事を参考にしてキウイフルーツを選んでみてください。

スポンサードリンク