「帰路につく」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

「帰路につく」とは「帰り道についている・帰っている途中」という意味です。

出かけた先から帰ることを表現する「帰路につく」という言葉をご存じですか?

「帰路につく」はビジネスシーンにおいて頻繁に使われ、メールや手紙においての丁寧表現として使用することができます。

 

意味を理解して使用することで、表現の幅が広がり、相手に好印象を与えることができます。

今回は「帰路につく」について詳しく解説していきます。

「帰路につく」の意味

帰路きろにつく

帰る・帰り道につく

「帰路につく」とは、「帰り道についている」「帰っている途中」を表す言葉です。戻るべき場所へ帰っている途中であることを意味します。

「帰路につく」という言い回しは、話し言葉ではなく、書き言葉として使用することが多くなっています。

「帰路につく」を漢字で書く場合には「帰路に着く」ではなく「帰路に就く」が正しい表記です。

次は「就く」と「着く」の意味の違いについて見ていきましょう。

「就く」と「着く」の違い

「就く」と「着く」には以下のような違いがあります。

「就く」と「着く」の違い
  • 就く
    ~し始めること
  • 着く
    到着すること、密着すること
「就く」という漢字には、「ある地位や役職になる」という意味の他に「ある行動をする」や「出かける」という意味があります。

一方、「着く」は「到着する」「密着する」などのニュアンスを含みます。

「帰路につく」は、「戻るべき場所へ帰っている途中」という行動を指すため「帰路に就く」という表現の方が望ましいと言えます。

「帰路につく」の使い方

「帰路につく」の使い方には、下記のようなものがあります。

  1. 学校を終えて帰路につく学生の足取りは軽いように見える。
  2. 本日はありがとうございました。無事帰路についております
  3. 本日は大変お世話になりました。無事、帰路につきましたことをご連絡いたします。

上記の例文のように、「帰路につく」は「帰り道についている様子」や「帰っている途中」を表します。

手紙やメールでの「帰路につく」表現

「帰路につく」という言葉は日常会話で使用する言い回しではなく、主に手紙やメールなどの文章において使う表現です。

テレビのナレーションや小説において使用されることもあります。

ビジネスシーンで「帰路につく」を使用する場合は②の例文のように、お礼のメールと一緒に相手に送ると丁寧です。

「帰路につく」の丁寧語表現

「帰路につく」は、「家に帰る」「会社に戻る」よりも丁寧な表現ですが、敬語ではありません。

もし、ビジネスシーンで目上の方に対して表現するならば「帰路につきます」「帰路につきました」と表現する方が望ましいと言えます。

「帰路につく」の語源

「帰路につく」は、「帰路」と「就く」が組み合わさったことによって誕生しました。

それぞれの単語の意味は以下のとおりです。

「帰路」と「就く」の意味
  • 帰路
    帰り道・戻る道
  • 就く
    移動して、ある場所に到着する・その場所にいる

「帰路につく」の、「つく」は漢字で「就く」と書き「移動して、ある場所に到着する・その場所にいる」という意味を持ちます。

「~し始める」という意味もあるため、慣用句に使われることも多いです。

「就く」を用いた慣用句
  • 眠りに就く
  • 職に就く

「帰路につく」の類義語

「帰路につく」には以下のような類義語があります。

  • 帰宅
    自分の家に帰ること
  • 帰途につく
    家への帰り道の途中
  • 家路につく
    自分の家に帰ること
  • 帰郷する
    故郷へ帰ること
  • 帰投する
    本拠地に帰ること
  • 帰還する
    遠い場所から帰ってくること

上記の類義語はすべて「家に帰る途中」「家に帰ること」を表しているため、「帰路につく」の言い換え表現として使用できます。

「帰途につく(きとにつく)」の意味

「帰途につく(きとにつく)」には「帰り道をいく途中」という意味があります。

「帰途」には「帰路」と同じく「帰り道」や「帰る途中の道」という意味があるため、類義語として適しています。

例文
  • 仕事が終わったので急いで帰途についた

「家路につく(いえじにつく)」の意味

「家路につく(いえじにつく)」にも、「家に帰っている途中」という意味があります。

「家路」は、字の通り「自分の家」や「自宅」という意味の言葉です。

例文
  • 部活が終わり友人と駅で別れ、私はひとりで家路につくことにした。

若干ニュアンスは異なりますが、「帰郷する」「帰投する」「帰還する」も「元居た場所へ戻る」という意味では「帰路につく」の類義語として挙げることができます。

「帰路につく」の対義語

「帰路につく」には以下のような対義語があります。

  • 往路(おうろ)
    ある場所へ行くときの道

「ある場所へ行くときの道」である「往路」は、正式には「帰路」の対義語です。

「帰路につく」の英語訳


「帰路につく」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • on one’s way home
    (家に帰る途中)
  • leave for home
    (家に帰る途中)
  • fly home
    (家に帰る)

「帰路につく」の英語訳として「家に帰る」という意味の “go home” を連想しがちです。

しかし、 “go home” は「帰り着いた状態」「これから移動を始める」というニュアンスが強い言葉です。覚えておきましょう。

「岐路」と「帰路」の違い

「帰路につく」の「帰路」には、同じ読み方をする「岐路」も存在します。

「岐路」と「帰路」の違い
  • 岐路
    わかれ道
  • 帰路
    帰る時に通る道
「岐路」には、「分かれ道」という意味があり「岐路に立つ」などの表現で使用します。

一方、「帰路」は、「帰り道」を意味します。

「帰路につく」のまとめ

以上、この記事では「帰路につく」について解説しました。

読み方帰路につく(きろにつく)
意味帰る・帰り道に就く
語源「帰路」と「つく」の組み合わせから
類義語帰宅
帰途につく
家路につく など
対義語往路
英語訳on one’s way home
leave for home

「帰路につく」は「帰る道の途中である」という意味の言葉です。

「帰る」というニュアンスを含んだ言葉で、自宅への帰り道をイメージする人が多いですが、職場や学校などに戻る場合にも「帰路につく」と表現できます。

「帰宅」「帰途につく」「家路につく」などの類義語を言い換え表現としても使用し、ビジネス場面において相手に良い印象を与えましょう。