知って納得!「筋トレ」と「ストレッチ」の違い

違いのギモン

日々の運動不足を解消するために、新しくランニングやウォーキングを始める人は多いですよね。しかしながら、雨の日や時間が取れない日には、ランニングやウォ―キングはできません。

そこでおすすめなのが「筋トレ」と「ストレッチ」です。これらは、場所や時間を選びません。しかしながら、どういった違いがあるのでしょうか。しかしながらどういった違いがあるのでしょうか。この記事では、「筋トレ」と「ストレッチ」の違いを解説します。

スポンサードリンク

結論:鍛えるか整えるかの違い

「筋トレ」は筋肉のトレーニングの略称で、筋肉に負担をかけて筋肉を成長させることを目的としています。

一方の「ストレッチ」は筋肉を解きほぐし、身体を和らげることを目的にしてます。

「筋トレ」をもっと詳しく

「筋トレ」にはスクワットや背筋、腹筋などみなさんがイメージしやすいものが含まれています。同じように器具を使用した筋トレには、バランスボールやダンベルを使ったものがあります。

「筋トレ」を習慣的に行なった後は、身体の見た目が大きく変化することが特徴的です。筋肉が大きく成長するので、身体も大きくなるのです。また筋肉を大きくするだけではなく、脂肪を燃焼する効果もあるのでダイエットにも効果的です。

スポンサードリンク

「ストレッチ」をもっと詳しく

一方の「ストレッチ」は筋肉を成長させて大きくさせることを目的としていません。「ストレッチ」の最大の目的は、筋肉を伸ばすことです。筋肉を伸ばして緊張を解きほぐすことで、血行がよくなり心身共にリラックスできます。

「ストレッチ」には身体を整えるといった側面があるのですね。

「筋トレ」と同様に、「ストレッチ」にも様々な種類があります。「ストレッチ」は、背伸びするだけでも筋肉が伸びているので、前屈など多種多様な動きがあります。

また、「ストレッチ」の際には息を吐き出しながら行うのが良いと言われています。なぜならば、人間は息を吐き出している時が一番心身ともに安定するからです。

まとめ

以上、この記事では、「筋トレ」と「ストレッチ」の違いについて解説しました。

  • 筋トレ:筋肉を鍛え、大きくさせて身体を大きくすることが目的
  • ストレッチ:全身の緊張を和らげて、心身をリラックスさせることが目的
この違いを理解していると、自分に必要なのはどちらか選択できるので、身体のメンテナンスを行う際にも役に立ちますよ。

スポンサードリンク