四字熟語「欣喜雀躍(きんきじゃくやく)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語「欣喜雀躍(きんきじゃくやく)」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「欣喜雀躍」の意味をスッキリ理解!

欣喜雀躍(きんきじゃくやく):踊り上がるほど非常に喜ぶこと

「欣喜雀躍」の意味を詳しく

欣喜雀躍とは、踊り上がるほど非常に喜ぶことを意味しています。

「欣」と「喜」は両方とも「喜ぶ」という意味です。「欣喜」は、これを反復させることでより大きな喜びを表しています。

「雀」とは、すずめのことです。「躍」には、「跳びはねる」という意味があります。したがって、すずめがぴょんぴょんと跳びはねる様子を表しています。

 

つまり、欣喜雀躍は、すずめがぴょんぴょんと跳びはねるように、小躍りするほど喜んでいる様子を示しています。

スポンサードリンク

「欣喜雀躍」の使い方

  1. 超難関だった試験の合格通知を受け取った途端に、欣喜雀躍した。
  2. 彼女は喜びを抑えきれずに、欣喜雀躍のごとく跳びはねている。
  3. このプレゼントを母に渡したら、きっと欣喜雀躍することだろう。
①の例文では、合格が困難な試験に受かったことで、大きな喜びが込み上がっている様子がわかります。

②の例文では、非常に大きな喜びが、彼女の身振り手振りに表れていることがわかります。

③の例文では、母親の跳びはねて喜ぶ様子を想像していることがわかります。

「欣喜雀躍」の由来

「欣喜」という言葉は、『春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)』に由来しています。これは、中国古代の年代記『春秋』の注釈書であり、中国春秋時代の歴史を語る重要な文献です。

「雀躍」という言葉は、『荘子』の「在宥(ざいゆう)篇」の第五章に由来しています。これは、中国戦国時代の思想家である荘周(そうしゅう)が書いたとされる、寓話などが編集された書物です。

これらが後に組み合わされ、「欣喜雀躍」という四字熟語になりました。

スポンサードリンク

「欣喜雀躍」の類義語

欣喜雀躍には以下のような類義語があります。

  • 歓喜雀躍(かんきじゃくやく):躍り上がらんばかりに、非常に喜ぶこと
  • 歓欣鼓舞(かんきんこぶ):大喜びする様子
  • 歓天喜地(かんてんきち):大喜びすること
  • 狂喜乱舞(きょうきらんぶ):喜びのあまり踊り狂うこと
  • 手舞足踏(しゅぶそくとう):大きな喜びなどで気持ちが高ぶり、思わず身振り手振りとなって現れること

これら以外にも、喜びを表す多くの四字熟語があります。

「欣喜雀躍」の英語訳

欣喜雀躍を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • To jump(dance) for joy
    (飛び上がって、または踊り上がって喜ぶこと)

“When she heard the news, she jumped for joy.” は、「そのニュースを知ったとき、彼女は飛び上がって喜んだ」という意味になります。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「欣喜雀躍」について解説しました。

読み方 欣喜雀躍(きんきじゃくやく)
意味 すずめのように踊り上がるほど、大喜びすること
由来 『春秋左氏伝』、『荘子』「在宥篇」第五章
類義語 歓喜雀躍、歓欣鼓舞、歓天喜地など
英語訳 To jump(dance) for joy(飛び上がって、または踊り上がって喜ぶこと)

非常に大きな喜びがもたらされたとき、それは自然と外面に表れるものですよね。

自分の喜びと同様に、他人の幸せも一緒に喜べるような純粋な心を持ち続けましょう。

スポンサードリンク