何が違う?”kind of”と”sort of”の違いを解説

違いのギモン

「そんな感じ」といった意味で使われる言葉に”kind of”と”sort of”があります。どちらも、名詞、形容詞、動詞などを修飾して、「少し」や「なんとなく」を意味する言葉です。

そこで今回は、”kind of”と”sort of”の意味を紹介し、違いを詳しく解説していきます。

結論:種類を尋ねる”kind of”と、性格や性質を尋ねる”sort of”

どちらの言葉も「少し」や「なんとなく」という意味を持ちます。

上記の意味に加えて、“kind of”は、種類を尋ねるニュアンスが強いです。一方で、“sort of”は性質や性格を尋ねているニュアンスが強いです。

“kind of”をもっと詳しく

“kind of”には、大きく分けて3つの意味があります。動詞の前につけることができます。

  1. 種類を聞くときの”kind of”
  2. ちょっと〜、少し〜
  3. 親切なことを表す”kind of”

“kind of”は、アメリカ英語でよく使われ、口語では、”kinda”となってしまうことが多いです。また、”Kind of.”とワンフレーズで使い、「まあね」と表現することもできます。

“kind of”の使い方の例

  1. What kind of job?
    (どんな仕事ですか?)
  2. It’s kind of good.
    (ちょっと良い)
  3. It is kind of you.
    (どうもご親切に)

①は、仕事の種類を聞くために、”kind of”が使われています。

②は、「ちょっと」の意味の”kind of”が、使われています。

③の文は、②と似ていますが、”kind of”は「親切」の意味で使われています。「it is 形容詞(性格) of 人」という形式で、人がどんな性格なのかを表現できます。そのため、ここでの “kind of” は「親切」という訳です。

“sort of”をもっと詳しく


“sort of”には、2つの意味があります。

  1. 性質や性格を聞く”sort of”
  2. 多少〜、いくらか〜

口語でワンフレーズで使うことができます。”Sort of.” という一言で「まあね」と訳すこともできます。何か事情があり、100%大丈夫ではないニュアンスとして使えます。断言ではなく、言葉を濁して和らげる表現です。

“Sort of.”はイギリス英語でよく使われ、口語ではよく”sorta “になります。

“sort of”の使い方の例

  1. I’m feeling sort of tired.
    (ちょっと疲れた。)
  2. What sort of person is he?
    (どんな人柄の人ですか?)

①の”sort of”は、「ちょっと」という意味で使われています。一方で、②では、どんな人柄なのかを尋ねるために、”sort of”を用いています。

“kind of”と”sort of”の違いを、実感しよう!

次に、例文を使って、この2つの言葉の違いを解説します。

  • What kind of cat do you like?
    (どんな種類のネコが好きですか?)
  • What sort of cat do you like?
    (どんな性格のネコが好きですか?)

日本語訳からもわかるかもしれませんが、“kind of”は「種類」を聞くニュアンスがあります。一方で、“sort of”を使っている文では、「性格や性質」を尋ねています

しかし、どちらの意味で捉えるかは、人や状況、文脈に寄ります。

まとめ

以上、この記事では、”kind of”と”sort of”の違いについて解説しました。

  • “kind of”:種類を尋ねるニュアンスが強く、「ちょっと」や「親切」という意味も持つ
  • “sort of”:性質や性格を尋ねているニュアンスが強く、「少し」という意味を持つ
一概に、”kind of”と”sort of”が「種類」を尋ねているのか、「性格」を尋ねているのかは、決められないです。したがって、前後の言葉からどちらを尋ねられているのか判断しましょう。