ややこしい?「機械」と「器械」の違いをわかりやすく解説

違いのギモン

読み方が同じで意味も似ている言葉は、混同して使われることが多いです。

「機械」と「器械」はその中のひとつと言えます。使われる頻度は「機械」が多いですが、「器械」と表現すべき場合も少なくありません。間違えのないように意味の違いを理解しましょう。

この記事では、「機械」と「器械」の違いについてわかりやすく解説していきます。

結論:「機械」は動力によって一定の運動を行う装置、「器械」は動力を使わない装置、道具

機械は動力をもとに目的に応じた一定の運動・仕事を行う装置です。一方、器械は動力を使わない装置・道具です。

「機械」をもっと詳しく


「機械」は「動力によって目的に応じた一定の運動・仕事を行う装置」を指します。

動力とは、外部から与えられるエネルギーのことです。エネルギーにはいくつか種類があります。代表的なエネルギーを以下にまとめました。

  • 熱エネルギー
  • 電気エネルギー
  • 運動エネルギー(風力や水力など)
エネルギーとは呼ばれませんが、人間の単純な動作による仕事も動力と言います。

「機械」の働きを、車を例に挙げて説明します。車はガソリンを燃焼させて生み出した熱エネルギーによって、タイヤを回転させています。

動力は熱エネルギーにあたり、一定の運動はタイヤの回転にあたります。そして、「前に進む」という目的を果たしています。

「機械」の使い方の例

実際にどのように「機械」が使われるのか、例を挙げて説明します。

  1. 彼は右手の中指を、工場の機械に巻き込まれて失っている。
  2. 我が研究室でも、最近はやりの機械学習を取り入れてみようと思う。
  3. 内職のコツは、何も考えず機械的に手を動かすことだ。
①の「機械」は、「動力によって目的に応じた一定の運動・仕事を行う装置」を指します。

②は「機械学習」で、「人の手による作業でプログラミングしていたものを、大量のデータから自動的に構築すること」を指します。つまり、「AIが自律的に物事を学ぶ技術」と言い換えられます。

「機械」本来の意味とは離れますが、近年よく耳にする言葉であるため、知っておいて損はありません。

③は「機械的」で、「機械が動くように、意思をもたずに決まった動作を行うさま」を表します。

「器械」をもっと詳しく


「器械」は「実験・測定などに使われる装置・道具」を指します。

「機械」との大きな違いは、「動力装置を持っているか否か」です。

先ほど説明した「機械」は、動力を運動・仕事に変換している装置を持っていました。しかし、「器械」は動力装置を持ちません。

つまり、「器械」の使用には人間の操作がかかせません。

 

主に実験や測定に使われるものを「器械」と呼ぶため、同義語である「道具」より「精密なもの」というニュアンスが強い言葉です。

「器械」の使い方の例

実際にどのように「器械」が使われるのか、例を挙げて説明します。

  1. 小学校の理科の実験では、器械の正しい使い方を教えている。
  2. 測定器械であるメスフラスコは熱に弱いため、加熱して乾かしてはならない。
  3. 高校生になった今でも器械体操が苦手だ。
①は「実験・測定などに使われる装置・道具」という意味で「器械」が使われています。

②の「測定器械」は「長さ・重さなどを測る装置」を表します。メスフラスコは体積を測るフラスコです。メジャーや天秤(てんびん)なども「測定器械」の一種です。

③の「器械体操」は、「とび箱や平均台などの装置を使用する体操」のことです。

まとめ

以上、この記事では、「機械」と「器械」の違いについて解説しました。

  • 機械:動力によって目的に応じた一定の運動・仕事を行う装置
  • 器械:動力を使わない装置・道具

「動力装置の有無」という、わかりやすい違いがありました。もしどちらか迷った場合には、その装置を「器具」や「道具」と言い換えてみましょう。しっくり来たらそれは「器械」です。

「機械」と「器械」をまとめて「機器」と呼ぶこともあわせて覚えてください。