「貴学(きがく)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「貴学(きがく)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「貴学」の意味をスッキリ理解!

貴学(きがく):相手の所属する大学

「貴学」の意味を詳しく

「貴学」は「相手の属する大学」という意味です。

相手の所属する大学に対して敬意を込めて使います。

「貴学」は話し言葉・書き言葉どちらでも使うことができるのですが、慣習的に書き言葉で用いられることが多いです。

 

「貴学」は「大学」を指すと定義しましたが、4年制・6年制だけでなく短期大学も含まれます。

また、大学院にも「貴学」が用いられます。大学院は大学付属の研究機関であるからです。貴学院」という言い方は間違いであるため、注意しましょう。

 

さらに、大学の学部や学科にも「貴」を用いて「貴学部」「貴学科」と表現することができます。

「貴学」の使い方

  1. 貴学への入学を希望します。お手数ですが、入学書類を郵送いただけますでしょうか。
  2. 他校にはない貴学のカリキュラムに惹かれました。
  3. 私の父は貴学を卒業しております。

上記の例文のように、「貴学」はメールや手紙で相手の大学への敬称として使います。

大学への応募書類や志望動機を書く際に活用するといいでしょう。

「貴学」の語源

「貴学」の漢字の意味はそれぞれ以下の通りです。

  • :相手に対して敬意を表す接頭語。「あなたの」
  • :学校、勉強を学ぶ場所

以上が語源となって「敬意を示して、相手の属する学校を呼ぶ言葉」の「貴学」という単語が生じました。

「貴学」の類義語

「貴学」には以下のような類義語があります。

  • 御大学(おんだいがく):相手の属する大学
  • 貴校:相手の属する学校を表す書き言葉
  • 御校(おんこう):相手の属する学校を表す話し言葉

「御大学」は「貴学」の同義語です。「貴学」が書き言葉に適しているのに対して、「御大学」は話し言葉にも適しています。面接や電話などで活用しましょう。

「御大学」を略した「御学」という言葉は一般的には用いないので注意しましょう。

 

「貴校」は大学以外の小学校・中学校・高等学校・専門学校など「校」がつく名称を書き言葉で用いる際に使います。大学も学校の一つではあるので「貴校」を用いても間違いではありません。しかし、「貴学」は大学、「貴校」は大学以外、と区別されることが多いです。

「御校」は、「貴校」と同様に大学以外の学校を話し言葉で用いる際に使います。

「貴学」は書き言葉・話し言葉いずれでも使うことができますが、「貴校」は書き言葉、「御校」は話し言葉と区別されているため、注意しましょう。

「貴学」の対義語

「貴学」には以下のような対義語があります。

  • 本学
  • 本大学
  • 当大学

上記の対義語は「自分の大学」を意味します。大学生や大学関係者が使用します。

「本」は「貴」とは対立的に、自分の側に属しているという意味の接頭語です。

「当」は接頭語ではありませんが、「この」「その」を意味します。

「貴学」の英語訳

「貴学」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • your university
    (あなたの大学)

英語は尊敬語がないので、「あなたの大学」の直訳で”your university”が「貴学」の英訳となります。

そのため、敬意を表すには”would”や”could”を使って文章全体で表現します。

以下が例文です。

例文
  • I would like to enroll in your university.
    (私は貴学に入学したいです。)
  • Could you invite me to the next seminar at your university?
    (貴学で開催されるセミナーに招待していただけますか?)

まとめ

以上、この記事では「貴学」について解説しました。

読み方貴学(きがく)
意味相手の属する大学
語源「あなたの」、「学校」という意味の漢字から
類義語御大学、貴校、御校など
対義語本学、本大学、当大学など
英語訳your university

類義語との区別における詳細なポイントがたくさんあるのが難しかったかと思います。ぜひこの機会に使い分けをマスターしておきましょう。