「気概(きがい)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「気概(きがい)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「気概」の意味をスッキリ理解!

気概(きがい):困難に打ちのめされない強い意志

「気概」の意味を詳しく

「気概」とは、困難に立ち向かっていく強い意志のことを指します。「気」は意志を、「概」は自然と感じられる品格を表しています。つまり、その人から感じられる、何かを成し遂げようとする強い気持ちが「気概」です。

「気概」は、その人から「感じられる」ものであるというニュアンスがあるため、自分について「気概がある」と表現することは不自然です。客観的に見て、困難に屈しない強い意志を感じられる人に対して「気概」を用いましょう。

スポンサードリンク

「気概」の使い方

  1. 何度失敗してもくじけない彼からは、上達しようとする気概を感じる。
  2. 部下である彼は、成功しようとする気概に富んでいる。
  3. 後輩には、自分がチームを引っ張るんだという気概を見せてほしい。

①は、何度失敗してもくじけない「彼」から、上達しようという強い意志が感じられる様を描いています。②の「気概に富む」は、やる気がみなぎっている様を指す表現としてよく使われます。②では、成功したいという気持ちが強い部下を、「気概に富んでいる」と表現しています。

③では、後輩を育ててきた先輩という立場から、今後は後輩それぞれがチームを引っ張ろうとするやる気を見せてほしいということが述べられています。

また、上記の例文の他にも、「気概にあふれる」「気概を示す」などの表現があります。

「気概」の類義語

気概には以下のような類義語があります。

  • 胆気(たんき):困難に立ち向かう強い気力
  • 胆力(たんりょく):ものおじしない精神力
  • 肝玉(きもだま):どんなことも恐れない精神力
  • 気骨(きこつ):信念を貫こうとする強い意志
  • 気迫:他に働きかける強い気力

「気骨」は「きぼね」と読むこともでき、その場合は「精神的な苦労」という意味になります。注意して使い分けてください。

スポンサードリンク

「気骨」の英語訳

気骨を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • spirit
    (気迫)
  • backbone
    (気骨)
  • pluck
    (意志)
  • mettle
    (根性)
  • guts
    (度胸)

“guts” は口語的な表現です。また、「気概のある~」という形で名詞を修飾したい場合は “plucky”・”mettlesome”・”gutsy” を用います。”guts” と同様に “gutsy” も口語的な言い回しです。

まとめ

以上、この記事では「気概」について解説しました。

読み方 気概(きがい)
意味 困難に打ちのめされない強い意志
類義語 胆気、胆力、肝玉など
英語訳 spirit, backbone, pluck, mettle, guts

周りを見渡すと、様々な分野で「気概がある」人がいることに気づくでしょう。是非、意味や使い方等を覚えてみてください。

スポンサードリンク