「顕著(けんちょ)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「顕著(けんちょ)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「顕著」の意味をスッキリ理解!

顕著(けんちょ):誰の目にも明らかなほど、はっきりと際立っているさま

「顕著」の意味を詳しく

「顕著」は、はっきりと目立つさまを指します。

「顕」は、「明らかである、あらわす」という意味を持つ漢字です。訓読みで「あらわ」とも読みます。「著」にも「明らかである」という意味があります。また、「目立つこと」も表します。

つまり、「顕著」は同じ意味の漢字を重ねて「明らかである」という意味を強調しています。これにより、「誰の目から見ても明らかなほどはっきりしている」というニュアンスになります。

スポンサードリンク

「顕著」の使い方

  1. 彼のアドバイスの効果が、顕著にあらわれてきている。
  2. 先ほどの態度をみれば、上司が不機嫌であることは顕著だ。
  3. 同じ授業を受けているにも関わらず、あの2人の成績には顕著な差があります。

「顕著」の類義語

顕著には以下のような類義語があります。

  • 如実(にょじつ):現実の通りであること
  • 明瞭(めいりょう):明らかでわかりやすいさま
  • 歴然(れきぜん):はっきりしていること
  • 明白(めいはく):間違えようがないほどはっきりしているさま
  • 瞭然(りょうぜん):はっきりして疑いようがないさま

「如実」と「顕著」は同じ意味だと思われることが多いですが、微妙に違います。

「如実にあらわれる」という言い方をしますが、これは「ありのままにあらわれる」ことを示します。一方、「顕著にあらわれる」は「際立ってあらわれる」という意味です。使い分けに注意しましょう。

スポンサードリンク

「顕著」の対義語

顕著には以下のような対義語があります。

  • 漠然(ばくぜん):はっきりとせず、ぼんやりしたさま。
  • 曖昧(あいまい):あやふやではっきりしないこと。
  • 隠微(いんび):かすかでわかりにくく、目立たないさま。

「漠然」と「曖昧」は、「はっきりとせず全体像がつかめない」という意味です。

一方で、「隠微」はかすかにしかあらわれず、目立たないこと」を表します。3つとも「顕著」と反対の意味を持ちますが、それぞれニュアンスが異なります。

「顕著」の英語訳

顕著を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • obvious
    (明白な)
  • clear
    (はっきりした)
  • prominent
    (際立った)

“obvious” は非常によく使う単語です。 “That’s obvious.(見ればわかるよ)” は、年齢に関わらず広く使われるフレーズなので、覚えておくと便利です。 “obviously” という副詞にすると、「ご覧の通り」という意味になり、文頭に使うことができます。

“prominent” は「はっきりした、際立った」という意味を持ち、そこから「有名な」という意味でも使われます。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「顕著」について解説しました。

読み方 顕著(けんちょ)
意味 誰の目にも明らかなほど、はっきりと際立っているさま
類義語 如実、明瞭、歴然など
対義語 漠然、曖昧、隠微など
英語訳 obvious(明白な)

「顕著」はニュースや書物、講義、ビジネスなどあらゆる場面で使われる熟語です。覚えておくと役に立つでしょう。また、類義語や対義語も覚えておくと、表現が豊かになるでしょう。

スポンサードリンク